【連載】《無印》の底面給水の観葉植物が便利でおしゃれ♪手軽にグリーンを楽しめる!

インテリアの主役になる大きなグリーンから、卓上サイズのかわいいものまで、大きさも種類も豊富ですが、中でも便利でおすすめなのが、「底面給水の観葉植物」!こちらは水やりがとってもラクなので、手軽にグリーンを楽しむことができますよ。

著者:
公開日:
【連載】《無印》の底面給水の観葉植物が便利でおしゃれ♪手軽にグリーンを楽しめる!

無印はインテリアグリーンも豊富!

家具や雑貨、日用品、食品など、さまざまな優秀アイテムがそろう無印ですが、お部屋を彩るインテリアグリーンも、実はとっても優秀なんです♪

インテリアの主役になる大きなグリーンから、卓上サイズのかわいいものまで、大きさも種類も豊富ですが、中でも便利でおすすめなのが、「底面給水の観葉植物」!

こちらは水やりがとってもラクなので、手軽にグリーンを楽しむことができますよ。今回は、そんな無印のインテリアグリーンをご紹介します。

無印で手軽にグリーンを楽しもう♪

底面給水の観葉植物

無印 底面給水 観葉植物

無印で販売されている、「底面給水の観葉植物」をご存じですか?

この底面給水は、水やりがとってもラクで手軽にグリーンを楽しむことができるんです♪

サイズも2号鉢~4号鉢の中から選べて、ウンベラータやシュガーバイン、オリーブなど種類も豊富!

私は、全長28㎝ほどの卓上サイズの、ゴムの木を購入しました。

 

 

中の鉢が二重構造

無印 底面給水 観葉植物2

一見ふつうの鉢植えのように見えますが、外側の鉢カバーを外すと、

中の鉢は二重構造で、透明な鉢の中に、白い鉢が浮いている状態になっています。

これが底面給水の特徴で、水やりがラクになる秘密なんです!

 

持ち手で鉢を引き上げる

無印 底面給水 観葉植物3

鉢のフチのところに、こんな感じで持ち手がついているので、

水やりのときは、この持ち手を引っ張って鉢を引き上げます。

 

吸水ひもが水を吸い上げる仕組み

無印 底面給水 観葉植物4

この持ち手を引き上げると、鉢の底に「吸水ひも」がついています。

この吸水ひもが、ポット内にためた水を吸い上げる仕組み!

植物が必要なだけの水分を自動的に吸い上げてくれるので、水やりの量やタイミングが

よくわからないという初心者でも、簡単にグリーンを育てることができるんです♪

 

ポット内に水をためておくだけ!

無印 底面給水 観葉植物4

なので、水やりは、内鉢を引き上げた状態で、ポットの中に水を入れるだけ!

底から2cmくらい水を入れて、なくなったら補給する仕組みです。

水の補給は、夏場は3~4日に1回くらい、冬場は1週間に1回くらいが目安なので、

忙しい方でも負担が少なくグリーンのある暮らしを楽しめます。

 

鉢カバーも選べる

無印 底面給水 観葉植物5

グリーン本体とは別に、外側の鉢カバーは別売りで選べるようになっています。

わが家はすっきり見えて合わせやすい、白い磁器の鉢をチョイス。

他にも、帆布の鉢カバーや、アルミ鉢、バスケットの鉢カバーなど、種類が豊富なので、

お部屋のインテリアやイメージに合わせて好みのものを選べるのも◎!

 

新しい葉も出ています

無印 底面給水 観葉植物6

グリーン初心者なのでちゃんと育てられるか不安でしたが、

3~4日に一回ほど水をポットに入れるだけで、元気に育って新しい葉も出てきました。

直接ポットに水を注ぐだけなので、ジョウロなども不要で、手軽に始められるのがいいですね♪

 

グリーンのある暮らしを楽しもう♪

無印 底面給水 観葉植物7

「水やりのタイミングや量がちゃんとわかるか不安」「水やりを忘れて枯らしてしまうかも」

などの心配があって、なかなか取り入れられなかったインテリアグリーン。

この無印の底面給水の観葉植物と出会って、グリーンを育てるハードルがぐんと下がりました!

お部屋にグリーンがあると空間がさわやかになり、インテリアのアクセントにも。

お値段も990円~とお手頃なので、気軽に取り入れられるところも優秀ですよ♪

 

無印のグリーンでお部屋をさわやかに♪

無印のおしゃれなインテリアグリーン、いかがでしたか?

この底面給水の観葉植物なら、グリーン初心者でも簡単に育てることができて本当におすすめです。

ぜひ自分好みのものを見つけて、グリーンのある暮らしを楽しんでみてくださいね!

まどなおさんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告