留袖に似合う50代女性の髪型特集!格式高い雰囲気に合うヘアスタイルをご紹介!

留袖に似合う50代女性の髪型特集!既婚女性の礼装のひとつである留袖。格式の高い着物なので、50代女性なら結婚式や食事会などのフォーマルな席で着用する人も多くなります。今回は、留袖に似合う50代女性のヘアスタイルをレングス別にご紹介します。

著者:
公開日:
留袖に似合う50代女性の髪型特集!格式高い雰囲気に合うヘアスタイルをご紹介!

留袖に似合う50代女性の髪型特集

既婚女性の礼装のひとつである留袖。格式の高い着物なので、50代女性なら結婚式や食事会などのフォーマルな席で着用する人も多くなります。

また、50代ともなると、自分の子供の結婚式で母親として黒留袖を着るなんて機会も出てくる頃。いざというときに慌てないためにも留袖に似合う髪型を知っておきたいものですよね。

今回は、留袖に似合う50代女性のヘアスタイルをレングス別にご紹介していきます。

留袖に似合う50代女性の髪型《ショート》

留袖に似合う耳かけショートヘアスタイル

和装の中でも格式の高い留袖は、髪型もアップスタイルが基本。

アップのヘアスタイルが難しいショートヘアの50代女性なら、サイドを耳に掛けて顔周りをすっきりとセットした髪型がおすすめです。

髪色も落ち着いたカラーを選ぶと、留袖との相性も良くなりますよ。

黒留袖を着用するなら、50代女性を若々しく見せてくれる暗すぎない濃いめのブラウンもおすすめです。


 

 

留袖に似合うワンカールショートの髪型

留袖などの和装に似合うように、襟足をすっきりとさせたショートヘアスタイル。

50代女性は髪のボリュームが無くなりがちなので、ワンカールパーマを掛けてトップをふんわりとさせた髪型にすると、留袖を着たときも若々しい雰囲気になりますよ。

前髪も長さを残して、女性らしく華やかな雰囲気に。

さりげないハイライトが入っているので、色留め袖を着るようなお呼ばれの席に似合う髪型ですよ。


 

留袖に似合うショートバングヘアスタイル

眉上で前髪をセットするショートバングの髪型は、50代女性を可愛らしく見せてくれるヘアスタイルです。

留袖にも似合うように襟足をコンパクトにまとめつつレイヤーで丸みのあるシルエットを作っているので、ショートヘアでも柔らかな表情になります。

大人可愛いショートヘアは、格式の高い黒留袖と合わせても、現代的でおしゃれな雰囲気になりますよ。


 

留袖に似合う前下がりショートの髪型

50代女性を小顔に見せてくれる前下がりショート。

襟足をコンパクトにセットして、サイドをリップラインですっきりとさせることで、留袖にもぴったりな髪型になります。

すっきりした前髪なしのシルエットと毛先のレイヤーが大人の上品さを感じさせてくれるので、留袖を着るようなフォーマルな席にもってこいのヘアスタイルです。


 

留袖に似合う50代女性の髪型《ボブ》

留袖に似合うレイヤーボブの髪型

骨格に合わせてセットされたレイヤーボブ。レイヤーが輪郭を補正してくれるので、顔周りが気になる50代女性にもおすすめの髪型です。

50代のボブスタイルは、幼く見えることがありますが、レイヤー効果で上品に決まります。

襟足はタイトにカットしてあるので、留袖を着たときもすっきりとして見えますよ。

アップスタイルにするには長さが足りない50代女性のボブにおすすめ。


 

留袖に似合う耳かけパーマボブの髪型

髪のボリュームが気になる50代女性には、パーマを使ったボブスタイルもおすすめです。

軽やかなパーマがコンプレックスをカバーしながら50代女性に華やかでエレガントな雰囲気を与えてくれますよ。

パーマスタイルを留袖と合わせるなら、サイドは耳掛けにしてすっきりとしたを髪型にセット。

これだけで留袖を着たときのきちんと感がアップしますよ。


 

留袖に似合うくるりんぱボブヘアスタイル

この投稿をInstagramで見る

 

LOOP(@loop_hair_kounan)がシェアした投稿

50代女性が、襟足につくくらいの長さのあるボブの髪型を留袖と合わせるなら、アップスタイルがマストです。

ヘアクリップを使ったアレンジなら、セルフでも簡単にセットができますよ。

クリップは留袖にも似合うようなシックなデザインのものを用意しましょう。

くるりんぱとヘアクリップを使うことで、崩れにくくおくれ毛も出ないので、50代女性にぴったりの凛とした髪型が作れます。


 

留袖に似合うボブのギブソンタック

留袖に似合う50代女性の髪型《ボブ》3

jasmine.th_s

出典:instagram.com

留袖には、低めの位置でセットするシニヨンアレンジが良く似合います。

落ち着いた雰囲気のある髪型なので、50代女性にもぴったりですよ。

結べるくらいのボブなら、ギブソンタックもおすすめ。

両サイドの毛束をねじって後ろで留めてから残りの髪を少しずつ両サイドの毛束にくぐらせていくだけなので、セルフでもアレンジできます。

仕上げに50代女性らしい上品なかんざしや髪飾りをつけてみましょう。


 

留袖に似合う50代女性の髪型《ミディアム》

留袖に似合うくるりんぱシニヨン

ミディアムの50代女性におすすめの留袖の髪型は、くるりんぱで作るシニヨンヘアスタイル。

上下2つのくるりんぱと三つ編みを組み合わせることで、ボリュームたっぷりで崩れにくい留袖に似合う髪型になりますよ。

ただし、おくれ毛のある髪型は、少しカジュアルな印象を与えることがあるので、50代女性は注意が必要。

親族以外でお呼ばれした結婚式や親しい人との食事会などにおすすめです。


 

留袖に似合うミディアムサイドアップ

フルアップにするとおくれ毛が気になる50代女性や留袖に似合うアップスタイルでも少し個性を出したいミディアムさんにおすすめなのが、少しルーズなサイドアップの髪型です。

シニヨンをサイドに作ることで、顔周りにアクセントがついて印象深くなりますよ。

髪飾りが無くても華やかに見えます。

バックスタイルにボリュームがある分、前髪はセンターパートやサイドパートですっきりするのがおすすめです。


 

留袖に似合うミディアムアップヘアスタイル

高め位置でセットしたヘアスタイルは、50代女性を若々しく見せてくれます。

おくれ毛を出さずに襟足と顔周りをすっきりとさせると、留袖にもってこいの髪型になりますよ。

ミディアムの長さで、結ぶだけだと短い髪が落ちて毛束がまとまらない女性は、適当な束を作りヘアピンで頭頂部にまとめるのがおすすめです。

落ち着きのある黒髪も和装にぴったりですね。


 

留袖に似合うミディアムパーマヘアスタイル

留袖に似合う50代女性の髪型《ミディアム》4

loop_hair_kounan

出典:instagram.com

格式の高い留袖は、パーマスタイルと合わせるのが難しそうですが、ミディアムくらいの長さがあれば、低めにまとめることで上品な50代女性の雰囲気になります。

後頭部にボリュームを出すのにしっかりと毛束を引っ張りますが、格式のある留袖ならおくれ毛は出さないようにセットするのがマナーですよ。


 

留袖に似合う50代女性の髪型《セミロング》

留袖に似合うセミロングの夜会巻き

留袖に似合う50代女性の髪型《セミロング》

tomohiro_shinya

出典:instagram.com

50代女性に似合う留袖の髪型といえば、格式のある夜会巻き。

セミロングの長さがあれば、高めの位置でセットするのがおすすめですよ。

上品でエレガントな髪型は、結婚式や披露宴にぴったり。

髪飾りやかんざしをアクセントにするとより華やかになりますよ。

前髪もサイドに流して動きを出すようにすると立体感が増します。


 

 

留袖に似合う編み込みアップの髪型

髪のボリュームが心配な50代女性は、あらかじめコテやアイロンで髪をカールさせてからアレンジをするのがおすすめ。

セミロングのパーマスタイルは、派手に見えそうですが、ダークトーンの髪色なら上品にまとまります。

トップの髪をくるりんぱしてから、両サイドを編み込んで低めの位置にまとめると、フォーマルな席にもぴったりな50代女性の髪型になりますよ。


 

留袖に似合うセミロングのギブソンタック

セミロングのギブソンタックは、後頭部に程よいボリュームが出るので、50代女性にも似合う留袖の髪型のひとつです。

トップと両サイドの3か所でくるりんぱや編み込みを作っていくので、レイヤーが入った髪型でもきちんと感のあるシルエットにセットできますよ。

ヘアアレンジ自体が華やかなので、髪飾りやかんざしがなくてもおしゃれなヘアスタイルになります。


 

留袖に似合うセミロングのまとめ髪アレンジ

留袖に似合う50代女性の髪型《セミロング》4

loop_hair_kounan

出典:instagram.com

トップの髪をくるりんぱしてから、両サイドを編み込んでまとめたヘアスタイルです。

三つ編みやロープ編みなど、編み込みの仕方を変えるだけで色々な表情の髪型になりますよ。

こちらは髪飾りをつけないかわりに、髪の毛でお花の形を作って可愛らしいアクセントに。

さりげないので50代女性でも挑戦しやすいアレンジですよ。


 

留袖に似合う50代女性の髪型《ロング》

留袖に似合うロングヘアのお団子ヘアスタイル

この投稿をInstagramで見る

 

LOOP(@loop_hair_kounan)がシェアした投稿

ロングヘアの50代女性におすすめのお団子を使ったヘアアレンジです。

サイドの髪を残してトップの髪をひとつに結んだら、サイドの髪を真ん中で交差させてひとつ結びの下へ。

結び目を引き出してふんわりさせてから、毛先を三つ編みして、くるんとまとめてピンで留めて完成です。

セルフでもセットできるので、冠婚葬祭だけでなく食事会などにも使いやすい髪型ですよ。


 

留袖に似合うロングヘア夜会巻きヘアスタイル

この投稿をInstagramで見る

 

LOOP(@loop_hair_kounan)がシェアした投稿

ボリュームたっぷりに仕上げるロングヘアの夜会巻きは、上品でエレガントな50代女性にぴったりの髪型です。スティックピンを2本使うことで、ロングヘアでも崩れにくくセットできます。シンプルなデザインのスティックピンは、留袖にも良く似合いますよ。王道の夜会巻きは、格式の高い黒留袖との相性も抜群ですよ。


 

留袖に似合うロングヘアの三つ編みアレンジ

留袖に似合う50代女性の髪型《ロング》

loop_hair_kounan

出典:instagram.com

三つ編みを使ったロングヘアのアップアレンジです。

後頭部で作った2本の三つ編みを交差させてピンで留めるだけの簡単なヘアアレンジですが、美しく見せるコツは、髪を斜めに分けること。

こうすることでまとめ髪にしたときに分け目が見えず、きれいにセットできます。

ロングヘアならではの大きな三つ編みが、50代女性を可愛らしく見せてくれますよ。


 

留袖に似合うロングヘアのかんざしアレンジ

この投稿をInstagramで見る

 

LOOP(@loop_hair_kounan)がシェアした投稿

和装ならではのかんざしを使ったヘアアレンジです。まずは襟足で髪の毛をひとつ結びにしたら、ねじってかんざしを斜めに差し込みます。そのままかんざしを髪の毛と一緒に時計回りに一回転させ、持ち手が上にきたら、かんざしをぐっと差し込んで完成です。簡単にセットできるのにすっきりと格式高く見えるので、50代女性におすすめですよ。


 

留袖に似合う50代女性の髪型まとめ

50代女性に似合う留袖のときの髪型をまとめてみました。

格式の高い留袖は、アップアレンジが基本ですが、シーンに応じて少し崩したり髪飾りを加えたりすることで、様々なヘアアレンジが楽しめます。

留袖を着る機会は、なかなかないかもしれませんが、だからこそ普段の日より素敵な髪型で臨みたいもの。

50代女性の皆さん、留袖を着る時は、マナーを守りつつ自分らしい素敵な髪型を見つけてくださいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告