簡単スムーズな衣替えのコツ!整理整頓が苦手な人でも出来る収納アイデアを紹介!

今回は衣替えをもっと簡単にできるコツを徹底解説!どのように収納しておけばスムーズか、どのようなやり方があるのかなど、知って得する衣替えの方法やアイデアをたっぷりご紹介していきます。

著者:
公開日:
簡単スムーズな衣替えのコツ!整理整頓が苦手な人でも出来る収納アイデアを紹介!

知っ得!スムーズな衣替えのコツ大特集

季節が移り変わる時期、憂鬱になるのが面倒な「衣替え」。コツを掴んで整理しないと、出したときの仕分けやお手入れが大変になります。

そこで、今回は衣替えをもっと簡単にできるコツを徹底解説!どのように収納しておけばスムーズか、どのようなやり方があるのかなど、知って得する衣替えの方法やアイデアをたっぷりご紹介していきます。

簡単な衣替えのコツ《下準備》

来年着そうもないものは「断捨離」

衣替えのコツ

lovehome_5

衣替えを始める前にしておきたい「下準備」。この一手間で、次の衣替えをもっと簡単なものにできますよ!

まずは、そんな衣替えの前にすべき下準備のコツからご紹介しましょう!一番はじめにすべきことが、収納する前の衣類の断捨離。

今シーズンで着古したものや一度も着なかったものは、残しておいても来期に着る可能性が低いです。

フリマサイトやリサイクルショップを活用することが「無駄」にしないコツですよ。


 

 

シミやくすみをまとめて「洗濯」

衣替えのコツ2

penta_room

来期に残すものが決まったら、衣替えの前にきれいに洗っておきましょう。

洗濯済みのものでも、シミが取りきれていなかったり、くすんでしまっていることがあります。

漂白剤を使う、シミ抜きする、など汚れをリセットしておく一手間が来年も気持ち良く着られるコツ。

スーツやYシャツなど、きちんと保管しておきたい衣類は、クリーニングに出してプロにお願いするのも楽する一つのコツですね。


 

おしゃれ着は丁寧に「お手入れ」

衣替えのコツ3

izabel13ok

傷みやすいニットやおしゃれ着は、衣替えの前により丁寧なお手入れをしておきましょう。

例えば、冬物のニットやフリースは、出したときにすぐ着るためのコツとして毛玉クリーナーをかけておく!

また、ポケットがある服は、中に何も入っていないことを確認しておくのもコツ。

子供服は特に、ティッシュやお菓子の包み紙が入れっぱなしになりがちです。

カビや害虫を招く原因になるため、収納する前にしっかりチェックしてくださいね。


 

衣類を「人物別」に仕分け

衣替えのコツ4

makochi.m

残す衣類の選別、お手入れが完了したら、とうとう仕分けの作業に入ります。仕分けのやり方は家庭によって異なりますが、大まかに2通り。

1つ目は、「人物別」に仕分けする方法です。家族一人ひとりに収納スペースや収納ボックスを設け、シーズンオフになった衣類をそこにまとめます。

子供がいる家庭や持っている服が多い場合は、こちらのやり方が整理しやすくておすすめ。

サイズごとに分別しておくのも把握しやすくするコツです。


 

衣類を「カテゴリー別」に仕分け

衣替えのコツ5

ths__555

仕分けの方法の2つ目は、「カテゴリー別」にするやり方。一人暮らしや収納スペースが限られている場合は、こちらの方法がスマートです。

例えば、「かさばりやすい冬物のニット類は家族まとめて収納ケースに入れる」「夏物の水着や浴衣はみんなの分を決まったクローゼットに収納する」など。

次に使いやすいよう工夫して仕分けるのがコツ。あちこち探す手間が省けるよう、家族みんなでアイデアを出し合い整理しましょう。


 

簡単な衣替えのコツ《おすすめ収納アイテム》

インナーやシャツは100均の「収納ボックス」

衣替えのコツ6

4696mono1222_shoko

衣替えの下準備ができたら、収納する場所やアイテムを計画的に決めておくのも失敗しないコツ。

こちらでは、おすすめの収納アイテムをご紹介しましょう。

「収納アイテムにはコストをかけたくない!」という人におすすめなのが、100均の収納ボックスです。段ボール製で軽くて丈夫。

手軽に使えるコンパクトサイズなので、インナーやファッション小物の整理にも便利。簡単で、詰める難しいコツ要らずのアイテムです。


 

大量のお下がり服はイケアの「キャリーバッグ」

衣替えのコツ7

ths__555

衣替えは、手軽な収納アイテムを選ぶのも簡単に進めるコツ。こちらはイケアで人気のビニール製キャリーバッグに収納したアイデアです。

次に使う目処が立ちにくいベビー服や、サイズアウトした子供服をまとめてしまっておくのに便利。

ファスナー付きで、収納ボックスとしての役割をしっかり果たしてくれます。

たっぷり入るサイズなので、ジャージやユニフォームなど、かさばる衣類の整理に使うのが収納上手さんのコツ。


 

かさばる服はKEYUCAの「フタ式BOX」

衣替えのコツ8

___yoko.rty

布製の収納ケースも、衣替えに大活躍してくれる優秀アイテム。こちらはKEYUCAの「たためるフタ式BOX」を使用したアイデアです。

柔らかいのに型崩れしにくく、クローゼットや押入れに立てて整理することも可能。

かさばりやすいニットやダウンジャケット、夏物のプールグッズや浴衣などをしまっておくのにも便利ですね。

収納アイテムは、シンプルなカラーを選ぶことも、おしゃれに収納するコツです。


 

出し入れ簡単な無印「衣装ケース」

衣替えのコツ9

nami0015

衣替えの度に、ボックスを出したりしまったりするのが面倒なら、引き出しタイプの衣装ケースに収納しておく方法が楽するコツ。

こちらは、無印の「ポリプロピレン衣装ケース」をズラッと並べ、引き出しごとに衣類を仕分けするアイデアです。

衣替えの際は、夏物、冬物の引き出しごと入れ替えるだけで簡単。

積み重ねることで引き出しの数を自由自在にカスタムできるため、空いたスペースを有効活用しやすいアイテムです。


 

シーツや毛布は扉付き「フラップボックス」

衣替えのコツ10

emiyuto

衣替えと言えば、布団のシーツや冬物の毛布、こたつ布団なども入れ替えが必要ですよね。

このような大物を収納するコツは、「把握しやすいこと」と「出し入れしやすいこと」。

そこでおすすめなのが、このようなフラップボックスです。広口で出し入れしやすく、扉を開ければ何が入っているかが一目で確認できます。

シーツや毛布は、使うタイミングが急に訪れるもの。便利なボックスでスマートに整理しましょう。


 

簡単な衣替えのコツ《収納方法》

衣類は同じ大きさに畳むこと

衣替えのコツ11

chobi0126

収納アイテムが準備できたら、さっそく衣替えを始めましょう!こちらでは、衣類をより美しく収納するためのコツをチェックしていきます。

まずは、収納ケースやボックスにしまう服の畳み方。すべて同じ向き、同じ大きさに揃えて畳むことが、整理しやすくするコツです。

揃えるのが難しい場合は、型紙を作りその大きさに合わせて畳むアイデアも。ぜひチャレンジしてみてくださいね。


 

 

仕切りで見やすく入れること

衣替えのコツ12

nami0015

衣替えでは、収納ケースやボックスへの入れ方も使い勝手をアップするための大事なポイント。

仕分けした衣類は、さらに見やすくカテゴリー別に振り分けてしまっていきます。

例えば、ボトムスは色別にしたり、シャツは長袖と半袖に分けたり。その人によって便利な仕分けの方法は変わります。

また、せっかく畳んだ服が崩れてしまわないよう、仕切りを使うことも上手な衣替え収納のコツです。


 

防虫剤・除湿剤でカビや虫喰い予防すること

衣替えのコツ13

r_jem_k

衣替えの後は、一年以上放置することになるシーズンオフの衣類。気になるのはカビや害虫による虫喰いですよね。

来年もキレイな状態で着られるよう、防虫剤や除湿剤を使うのがおすすめ。

使い方のコツは、引き出しや収納ボックスなら衣類の一番上に置き、ハンガーで吊下げるならスペースの中央部分に吊るしておくことです。

こちらのように、防臭効果があるアイテムなら衣類のニオイもケアできて便利ですね。


 

ラベル表記で誰でも分かる収納をすること

衣替えのコツ14

letoile__life

衣替えをするとき、やはり必要なのは「欲しいものがすぐ見つかる」収納方法ですよね。

こちらは、収納ボックスに中身を記したタグを付けるアイデア。

使い勝手を良くしたいなら、家族のみんなが一目でわかるように表記しておくことが整理のコツです。

これなら、大変な衣替えの作業をママが一人で背負うこともなくなるはず。急に必要になった時でも、目的の服が見つけやすくなります。


 

簡単な衣替えのコツ《簡単アイデア》

【簡単なコツ】畳まず全部かけるアイデア

衣替えのコツ15

s.k.m.f

衣替えの基本的なコツをチェックしましたが、「もっと簡単に衣替えをしたい!」という人も多いはず。

そこでこちらでは、衣替えをもっとらくちんにするちょっとズボラなアイデアをご紹介しましょう。

衣替えで大変なことは、たくさんの服を畳む作業ですよね。畳むのが面倒な人は、衣類を全部かける収納にシフトチェンジ!

Tシャツからデニムパンツまで、全部吊るすだけで済むので衣替えに掛かる時間がぐっと減りますよ。


 

【簡単なコツ】ハンガーを統一するアイデア

衣替えのコツ16

doraco0331

クローゼット内のハンガー、ゴチャゴチャしていませんか?

衣替えで使うハンガーを統一するだけで、簡単にスッキリ整理された印象へと変わります。

また、揃えるハンガー選びも、衣替えをスムーズにするための重要なポイント。

服が型崩れしにくいもの、滑り落ちにくいもの、色がシンプルなものなどを選ぶのがおすすめです。

一度揃えてしまえば、衣替えのあの憂鬱な気分がきっと解消されますよ。


 

【簡単なコツ】シワにならない服を買うアイデア

衣替えのコツ17

harmaaco

衣替え前のアイロンや毛玉取りの作業も、できれば省略したいもの。

ならば、衣替えの手間を省けるハイスペックな服を選ぶ習慣をつけるのも、衣替えを簡単にするためのコツの一つです。

例えば、シャツはシワになりにくい「ポリエステル」、ニットは毛玉ができにくい「ウール」や「カシミヤ」にするなど工夫するといいですね。

また、日頃からお手入れをしておくと、衣替え前の手間を少し省くことができます。


 

【簡単なコツ】収納を一カ所で完結させるアイデア

衣替えのコツ18

lokki_783

シーズンオフの服をあちこちに収納してしまうと、全部を把握しにくく作業の手間も掛かります。

簡単に衣替えをするコツとして、しまっておく衣類は一カ所にまとめておくのがおすすめです。

例えば、メインのクローゼットは普段用、和室の押入れは衣替えの収納用など、お家の収納スペースの役割分担を明確にすると便利。

面倒な衣替えでは、収納のメリハリを付けることが整理しやすくするコツです。


 

【簡単なコツ】衣替がいらない収納にするアイデア

衣替えのコツ19

nami0015

服の整理が苦手な人は、思い切って「衣替えが必要のない収納」に整えてしまいましょう。

シーズンものの服を引き出しごとに仕分けたり、クローゼットの上段と下段で分けて整理すれば、夏物、冬物関係なくそのまま放置でOK。

自分の持っている服を全て把握できるため、衝動買いや似たデザインの服を防ぐことにも繋がります。

プチストレスな家事でいかに楽をするかが、暮らしをもっと豊かにするコツになりますよ!


 

簡単に整理できる衣替えのコツまとめ

憂鬱な衣替えもやり方を見直し、楽をするコツさえ掴めば、毎回簡単に済ませることができます。また、使わなくなった服を思い切って断捨離しておくことも衣替えの負担を大幅に減らすコツ。

次の衣替えのタイミングで、本当に必要かどうかを考え整理しておきましょう。衣替えが苦手な人は、夏物、冬物でクローゼットを分けるだけでも、衣類の整理が簡単になるので、ぜひ試してみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告