テレワークのデスク選び――おすすめの形や置く場所は?

テレワークを導入する企業が増えたが、作業に集中できる環境づくりは意外と難しい。特に一人暮らしの場合、テレワーク向けのデスク選びやその設置場所に悩んでいる人もいるのでは?ここではおすすめのデスク選びと、レイアウトのポイントを解説する。

著者:
公開日:
テレワークのデスク選び――おすすめの形や置く場所は?

テレワークのデスク選び――おすすめの形や置く場所は?

テレワークのデスク選び――おすすめの形や置く場所は?

テレワークを導入する企業が増えたが、作業に集中できる環境づくりは意外と難しい。

特に、スペースが限られる一人暮らしの場合、テレワーク向けのデスク選びやその設置場所に悩んでいる人もいるのでは?

ここでは、テレワークにおすすめのデスク選びと、レイアウトのポイントを解説する。快適なテレワーク環境を整えるためのコツを見ていこう。

 

 

テレワーク向けデスク選びの基本

まずは、テレワーク向けのデスク選びの基本を見ていこう。

自宅のダイニングテーブルやローテーブルでも仕事はできるが、長時間集中して作業するには不向きだ。

PCのマウスやキーボードなどを操作しやすいデスクを購入することで集中力が高まり、仕事とプライベートのメリハリもつけやすくなるだろう。

一人暮らしの部屋にデスクを置くなら?知っておきたいデスク選びのポイント

 

PCのタイプ別・おすすめのデスクサイズ

作業しやすいデスクのサイズは、使用するPCによって異なる。以下を参考に、PCのタイプに合わせたサイズのデスクを選ぶようにしよう。

・ノートパソコンの場合
幅60~80cm、奥行き40~50cm、高さ70cm前後

・デスクトップパソコンの場合
幅60~80cm、奥行き60~70cm、高さ70cm前後

・PC+複数台のモニターを使う場合
幅80~120cm、奥行き50cm前後、高さ70cm前後

デスクトップパソコンなど、PCのほかにモニターを置く場合は、奥行きに余裕があるデスクを選びたい。また、モニターを複数台置いたり、プリンターを置いたりするなら、横幅の広いタイプがおすすめだ。

 

デスクは高さも重要

テレワークのデスク選び――おすすめの形や置く場所は?2

デスクの高さは、長時間作業しやすいかどうかに大きく影響する。

適切なデスクの高さは、身長や使う機器、作業内容などによっても変わってくるため、デスクや椅子選びの際には、高さ調節機能がついた物を選ぶといい。

高さの合わないデスクで長時間働き続けると、集中力の低下や眼精疲労、肩こり、腰痛などを引き起こすため注意しよう。

 

設置場所を考慮する

自宅が1Rや1Kなどの場合、家電や家具など、生活感のある物が視界に入りやすいため、デスクに座ったときの視界になるべくノイズが入らないよう、工夫してみよう。

部屋の角や壁際など、部屋の中を見渡しにくい位置にデスクを設置することで視野が狭まり、自然と集中力がアップする。

1Kや1Rなどの間取りの場合、テレビ会議の背景にプライベート空間が映り込んでしまいやすい。

そこでおすすめなのが、テレビ会議用のスペースを部屋の角に設けること。背景が壁になるようにデスクを設置して、いつでもテレビ会議に対応できるようにしよう。

 

デスクの材質にも注目

デスクの材質も、実は快適なテレワーク環境づくりの重要なポイント。作業用デスクを選ぶなら、天板がメラミン化粧板かPVC(ポリ塩化ビニル)でできている物がおすすめだ。

これらの素材は、オフィス用のデスクにもよく用いられており、汚れや傷、水などに強く、耐久性に優れている。

天板がプリント紙のデスクは、コストは抑えられるものの、耐久性が低く作業には不向きと覚えておこう。

 

より快適な作業環境に!プラスアルファのデスク選び

ここからは、テレワーク環境をより快適にするための、デスク選びのポイントを紹介しよう。

 

USBポートやコンセントつきの機能性デスク

周辺機器や資料が多い人は、機能性を重視してデスクを選ぼう。

最近では、引き出し収納や本棚つきのデスクのほか、USBポートやコンセントつきの機能性デスクも登場している。デスクひとつで作業を完結させたい人におすすめだ。

 

作業空間にゆとりが生まれるL字タイプのデスク

テレワークのデスク選び――おすすめの形や置く場所は?3

部屋の角に設置するL字タイプのデスクは、狭い空間を最大限活用できるようデザインされている。

デスクの横にワゴンなどを置いて天板を延長し、L字のレイアウトにしてもいい。

 

省スペースを実現するタワータイプのデスク

できるだけ横幅を抑えてデスクを置きたい場合は、縦の空間を活かせるタワータイプのミニマムデスクを選ぼう。収納力が高く、デスクの上をきれいに保てるのも、タワータイプの魅力だ。

 

部屋が狭い場合はローデスクやミニマムデスク、折りたたみデスクが◎

部屋が狭く、デスクを置くスペースが限られる場合は、ローデスクも検討してみよう。

ローデスクは背が低いため圧迫感が出にくく、室内を開放的に見せてくれる。天板を高く調整できるタイプなら、座椅子とセットで使っても足元が窮屈になる心配がない。

また、作業時以外は収納しておける折りたたみタイプもおすすめ。片づけの習慣がつくため、プライベートとのメリハリもつけやすい。

快適なテレワーク環境を構築!狭い部屋でも効率的に作るには?

 

テレワーク環境を整えて作業効率をアップ!

テレワークに最適なデスクを選び、設置場所を工夫することで、自宅での作業効率が大きく向上するはず。

自宅では集中力が続かず、一日中仕事をしている…ということにならないよう、まずは快適なテレワーク環境を整えて、仕事とプライベートのメリハリをつけるよう心掛けよう。

 

テレワークにぴったりのデスクを選ぶなら
REISM公式オンライン・セレクトストア【REISM SELECT】

 

RELATED POSTS 関連の記事

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告