床材の種類って何があるの?リフォーム前に知っておきたい特徴や素材感を解説!

床材の種類は空間の雰囲気を左右する!住宅のリフォームや内装のリフォームをする際に悩むのが、床材の種類です。今回は、床材にはどんな種類があるのか?素材の特徴と建材とも合うおすすめの床材をご紹介します!

著者:
公開日:
床材の種類って何があるの?リフォーム前に知っておきたい特徴や素材感を解説!

床材の種類は空間の雰囲気を左右する

住宅のリフォームや内装のリフォームをする際に悩むのが、床材の種類です。床材の種類をどの素材にするかで、お部屋全体の印象が左右するからなんですね。

柔らかい素材などといった心地良さや、日々のメンテナンスのしやすさなど、暮らしの優先順位を決める必要があります。

今回は、床材にはどんな種類があるのか?素材の特徴と建材とも合うおすすめの床材をご紹介します!

床材の種類《天然素材》

人気の高い無垢フローリング

床材の種類《天然素材》

yu_mi_ho

無垢素材は住宅や内装リフォームで人気の床材です。天然木をそのまま使っていて自然を感じられる風合が最大の特徴。

無垢とは簡単にいえば、自然の木をまるまる使用した種類の床材。

保湿力があり湿気にも強くて、素足で歩いてもさらりと心地良いですよ。

断熱性にも優れていて冬もあたたか。柔らかい素材で、フローリングに取り入れた際の身体への負担も少なく済みます。

天然素材にこだわる人へ選んでほしい床材の種類です。


 

 

高度な加工がされた複合フローリング

床材の種類《天然素材》2

saaaachi0601

複合素材はベースの基本となる木の表面に、もう一層ほかの木材を貼り合わせて加工した床材です。

無垢の床材は天然木を加工せずに使っているため、年月の経過とともに隙間やゆがんだりすることがあります。

それに対して複合素材にはこの心配が少なく、長い間きれいな内装のフローリングを保つことが可能です。

加工の種類によってアレルゲン対策や防音性も◎

柔らかい無垢素材と複合の、両方の味わいが楽しめる床材の種類ですよ。


 

筋がおしゃれなパイン材フローリング

床材の種類《天然素材》3

k___s.4693___

パイン材は海外で切り出された松の木のこと。パイン素材も無垢と同じ種類で、天然の木をまるごと使った床材です。

この種類はナチュラルで白や黄色みがかった色などがあり、松の木の筋が入った風合がデザイン性があっておしゃれ。

柔らかい素材なので足や腰への負担も軽減できますよ。フローリング以外に家具や小物にも使われていて、ホームセンターでも簡単に手に入る木材。

普段から身近な存在であるのもおすすめポイントです。


 

見ためが美しいウォールナット

床材の種類《天然素材》4

saya.ucd16

ウォールナットの床材は、クルミの広葉樹のことです。植葉樹ではないので値段がわりと高め。

黒に近いこげ茶色をしているのが特徴で、その床材の風合からは重厚感も感じます。

厚みがあり固くて頑丈で、耐久性にも優れた種類の床材です。

この種類はアンティーク家具に使われていることでも有名で、長年使い続けると赤みのある茶色の風合へ変わっていくのが面白いですよ。

見ために高級感があって、美しさも求めたい人へおすすめです。


 

木目にデザイン性のあるオーク材

床材の種類《天然素材》5

amiagram

オーク素材はブナ科で日本ではナラの木を切り出したものです。

柔らかい床材の種類と比べると比較的固めで、ワインなどお酒の樽なんかを作るときにも使われる有名な床材。

オーク材は木目がとても綺麗です。床材一つにしても、それぞれの面で違った木の風合いが見られるので、インテリアにこだわりのある人へもおすすめ。

ただしオークの床材は湿気に弱い種類なので、日々のフローリングのお手入れをしっかりと行うことが必要ですよ。


 

なめらかで柔らかいブラックチェリー

床材の種類《天然素材》6

BIGJOY

ブラックチェリーの床材は、柔らかいなめらかな手触りの素材です。

新築住宅でフローリングが新しいうちは明るい床材で、時間が経過するごとに色に深みがでてくる素材。

柔らかい黄白色から、乳白色、赤茶の飴色へと変化が楽しめます。

住宅の床材や内装リフォーム、アンティーク調のインテリアにも取り入れられている人気の種類。

強度が高くて傷にも強いので住宅のフローリングにおすすめ。高級感があり天然の床材と比べて高めです。


 

光沢感がたまらないシカモア

床材の種類《天然素材》7

k___home_

シカモアの床材はカエデ科の種類の木材です。海外のフランスでは家具などに使用される種類で高級木材にあたります。

床材の見ために白っぽさのある特徴を持ち、艶やかな光沢が美しいです。

住宅のフローリング全体に取り入れると、フローリングが眩しく明るい空間になるのでおすすめ。

柔らかい種類で加工がしやすく素肌に触れると心地良い素材。

ツルツルしていて滑るので、小さな子供のいる家庭にはあまりおすすめできません。


 

床材の種類《リフォームにも最適な敷物》

快適に過ごせる定番カーペット

床材の種類《リフォームにも最適な敷物》

m____mina.room

カーペットは暮らしの中で定番で身近な床材の種類。

織物のような素材で、フローリングに敷けば簡単にリフォームもできるのもおすすめのポイント。

新築住宅では子供部屋などの床材に選ばれるのがほとんどです。カーペットには様々な素材の種類があり、ナイロン、ウール、アクリルなどいくつか存在します。

柔らかい素材だったり、あたたかな素材だったり。

防火性が高いカーペットや、カビや防虫に効果のあるカーペットもあります。


 

リアルな質感のウッドカーペット

床材の種類《リフォームにも最適な敷物》2

kahoru1215

ウッドカーペットの床材は、フローリングのような見た目をした木製のカーペットのこと。

近頃は、無垢素材や複合素材、ウォールナットやオーク素材など様々な種類のウッドカーペットがあります。

住宅のフローリングのイメチェンや、内装に合わせたインテリアが敷くだけでできる優れものです。

和室の畳の上にウッドカーペットを敷いて、洋室にアレンジするなど大胆なことも可能!

種類があるとリフォームの幅が広がって嬉しいですね。


 

い草の香る畳でリラックス

床材の種類《リフォームにも最適な敷物》3

mimikoko611925

新築住宅を注文する際に、どの住宅にも一部屋は必ずありそうな和室。床材の畳もこんなにおしゃれな畳があるんです。

昔ながらの緑の畳をイメージしがちですが、最近はおしゃれな畳も増えているのでぜひおすすめ!

住宅を建てるときにはもちろん、内装をリフォームする際にも簡単にオーダーができます。

リラックスできる香りが定番のい草や、麻など素材の種類も豊富。長方形や四角など、インテリアに合わせたリフォームが楽しめます。


 

柔らかい雰囲気のコルク

床材の種類《リフォームにも最適な敷物》4

elie.snowdiva

コルクの素材は木というより樹皮を粒上に加工し、圧縮形成した床材です。

コルクの床材は固くて弾力、断熱にも効果があります。水にも強くキッチンの足元にも置けるのもおすすめポイント!

住宅の音を吸収してくれる性質もあり、実はオールマイティな床材の種類なんですよ。

子供やお年寄りにも、柔らかい素材でもあるので身体への負担を軽減できます。

この床材はカラーバリエーションも豊富で、住宅の内装リフォームにもおすすめです。


 

フローリングにもおすすめなタイル

床材の種類《リフォームにも最適な敷物》5

manataro.500

タイルの床材は住宅の玄関のほかにフローリングにもおすすめです。

タイルの床材のデザインや色の種類は年々増えています。リビングのフローリングの一部にインテリアとして敷いても、洗練された落ち着きのあるコーディネートになりますよ。

耐久耐水などにも強く、床暖房にも対応した種類のタイルもあるので内装リフォームにもおすすめできます。

モダンな雰囲気のリフォームも簡単です。タイルの汚れや滑りやすい素材なので注意。


 

耐水性のあるビニル素材のフローリング

床材の種類《リフォームにも最適な敷物》6

310akochi

ビニル素材の床材は、塩化ビニル樹脂という原料でできています。

耐水性が高く住宅の水まわりの床材へ取り入れるのがおすすめ。

さらりとした素材ではないので、足への触り心地には好みが分かれます。熱に弱いので火の近くに置くことはできません。

柔らかい素材で長時間立っても足への負担が少なくすみます。

カビなどの抗菌や消臭機能もあり、値段が手頃でデザインの種類が豊富なので、低価格な内装のリフォームにもおすすめです。


 

高級感漂う大理石調フローリング

床材の種類《リフォームにも最適な敷物》7

ths__555

大理石の床材は高級感のある定番の床材です。石の素材で固くて頑丈で耐久性と耐水性があります。

光沢があり滑りやすく注意が必要。大理石の床材はカラーバリエーションが豊富で、様々な柄があります。

白や黒や灰色が一般的で、住宅を高級マンションのような内装の空間にすることが可能。

ただ、内装をリフォームする際に値段が高いのがデメリット。

天然の石が作り出す模様がおしゃれで、ほかと違った内装にしたい人におすすめの床材です。


 

床材の種類は実物を見てみて

住宅のフローリングの床材の種類には、多くの素材がありましたね。

天然から切り出された木材や、内装リフォームがしやすいカーペットのような敷物など、たくさんの中から選ぶことができます。

新築住宅を建てる際も、内装リフォームをする際も、まずは床材の種類を実際に見ることでイメージが湧きます。

賃貸や住宅マンションの内装リフォームも可能なので、失敗しないようにリサーチしてみて下さいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告