二人暮らし、リノベーション団地の2LDKでつくる「帰ってきたくなる家」

ちょっぴり古い部分はあるけれど、そこが味にもなるリノベーション団地の暮らし。光と風がよく入る2LDKで、楽しく暮らすお二人のお部屋を拝見しました。

著者:
公開日:
二人暮らし、リノベーション団地の2LDKでつくる「帰ってきたくなる家」

二人暮らし、リノベーション団地の2LDKでつくる「帰ってきたくなる家」

「帰ってきたくなる家」

ちょっぴり古い部分はあるけれど、そこが味にもなるリノベーション団地の暮らし。光と風がよく入る2LDKで、楽しく暮らすお二人のお部屋を拝見しました。

text : Miha Tamura / photo : @dnmk98, @kohhhhei

 

 

光と風の入り方が気に入った、リノベーション団地

みきさんと、こうへいさんのご夫婦が暮らすのは、グッドルームのオリジナルリノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」のお部屋。団地の1室にある、56㎡の2LDKです。

 

リノベーション団地

 

リビングと、2つある居室は、カバザクラの無垢フローリングでしつらえたお部屋です。(間取り図の中の家具配置は、募集時のイメージ)

「もともと住んでいたお部屋が気に入っていなかったわけじゃないんですけど、物件を眺めるのが好きで。それでたまたまTOMOSのことを知って、“こんなに素敵でおしゃれな賃貸があるのか……” と驚きました。次に工事する予定と教えてもらったのがここの団地だったんです」


 

団地

見に行ってみると、団地ならではの「光と風の入り方」が特に気に入ったそう。お部屋の目の前には銀杏の木があって、一年を通して季節を感じられます。

 

団地2

 

部屋

趣味の写真がきっかけで知り合ったお二人。ダイニングに射す光や、ベッドルームに差し込む木漏れ日など、毎日の暮らしの中で「いいなぁ」とカメラを向けたくなる瞬間がたくさん増えました。

「春になると桜が咲いて、初夏に銀杏の芽が出て新緑になると、秋にはやわらかい黄色へと色づきます。やがて冬になると、それが銀杏の絨毯に。四季を感じられるのがとてもいいですね。部屋にいても、1日中、風も光も入るのがすごく良くて、もう引越したくない、と思うくらいこのお部屋が気に入ってます。友達を招くとみんな口を揃えて “ここに住みたい” と言ってくれますし、実際に、1階に引越してきた友達もいますよ」

 

銀杏

秋にはこんなに見事に色づく銀杏。

 

リノベーション

古い団地といっても、室内は使い勝手良く、リノベーションされています。白で統一されたキッチンもお気に入り。

 

リビングの入り口はおしゃれなアーチ型

リビングの入り口はおしゃれなアーチ型。「細かいところまでおしゃれ」なのもよかったそう。

 

「古き良きもの」をうまく組み合わせる

stay home で、家にいる時間が長くなったことをきっかけに、一人暮らしの時から使っていたものなど前のお部屋から持ってきていた家具を見直して、買い直すことにしたというお二人。

「団地に来てから、新しいものと、古いものをうまく組み合わせるのがいいな、と思って」と、アンティークのものや、こうへいさんのお母さんから譲ってもらったものなどを組み合わせて、空間を作っていきました。

 

「古き良きもの」をうまく組み合わせる

テーブルは、アンティークが好きなこうへいさんのお母さんから譲ってもらったもの。アンティークのチェアを組み合わせました。

 

スイングチェア。

こちらも、お母さんからいただいたスイングチェア。

 

 

食器棚

好きなものを選びながらも、木の色味などはしっかり揃えるのがポイント。テレビボードはunico、食器棚はアンティークのもの。

 

テレビボードの上に置かれた2つのカメラ

テレビボードの上に置かれた2つのカメラには素敵なエピソードが。左がプロポーズの時にこうへいさんからみきさんへ指輪の代わりに贈られたもの。

右は、そのお返しに、みきさんからこうへいさんへプレゼントしたもの。

 

食器棚の上に飾られたドライ

食器棚の上に飾られたドライも、結婚式の時のお花なんだとか。思い出のものをいつも目に入る特等席に飾るのって、素敵ですね。

 

グリーン

そして、お部屋のいろいろな場所にグリーンも欠かせません。風も光もよく入るお部屋だから、グリーンもよく似合います。

 

デスクワークスペースをDIY!

家でお仕事をする機会も増えたことから、7畳のほうのお部屋には、DIYでデスクワークスペースも作られました。

 

それがこちらのお部屋。統一感のある、かっこいい雰囲気!

「なるべくデッドスペースを作らないように、しっかり測ってから作りました」とのことで、全ての家具がジャストサイズ。

ゆとりもあって、作業しやすそうな空間になっていますね。


 

IKEAのキャビネット

デスクは、IKEAのキャビネットと脚に、自分たちで塗装した天板を組み合わせて。

 

本や書類の入っているこちらの棚もDIY。デスクと同じ色に整えられていることですっきり見えます。


 

ラブリコの棚受け

壁には賃貸OKのラブリコの棚受けをつけ、余った端材を組み合わせてちょっとした飾り棚に。

「家から出られなかったけど、DIYをしたことで夫婦の絆も深まったし、家がもっと好きになったかも」とみきさん。

「家が、一番居心地が良くて、帰ってきたくなる場所になるように、好きなお家に進化させていきたい」とここでの暮らしをとても楽しんでくださっている様子に、リノベを担当したグッドルームとしても、なんだかとても嬉しくなってしまったのでした。

みきさん https://www.instagram.com/dnmk98/
こうへいさん https://www.instagram.com/kohhhhei/

お二人のお部屋のアカウントはこちら https://www.instagram.com/donbeihouse/

東京・神奈川・埼玉・千葉のTOMOSのお部屋一覧へ
大阪・神戸・京都のTOMOSのお部屋一覧へ
名古屋のTOMOSのお部屋一覧へ
福岡のTOMOSのお部屋一覧へ
札幌のTOMOSのお部屋一覧へ

二人暮らしのインテリア実例を見る

 

私らしく暮らす。賃貸インテリア」特集はこちら

「私らしく暮らす。賃貸インテリア」特集はこちら

 

人気の連載が、本になりました!

人気の連載が、本になりました!

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告