【連載】100均材料で作る♪簡単オシャレな!ドライフラワーの可愛い飾り方アイデア

7月もあと少し、いよいよ夏本番ですね。夏の間は、生花の花もちが良くないですが、この時期はドライフラワーを楽しむのにちょうどいい季節です♪長持ちするドライフラワーの種類や、簡単可愛い飾り方をご紹介します。

著者:
公開日:
【連載】100均材料で作る♪簡単オシャレな!ドライフラワーの可愛い飾り方アイデア

大人気のドライフラワー!夏にオススメな可愛い飾り方アイデア

7月もあと少し、いよいよ夏本番ですね。夏の間は、生花の花もちが良くないですが、この時期はドライフラワーを楽しむのにちょうどいい季節です♪

長持ちするドライフラワーの種類や、簡単可愛い飾り方をご紹介します。

簡単に作れて可愛い~♪ガーランド紐に吊るすドライフラワーの飾り方!

日中は暑くて家の中での冷房が欠かせなくなってきましたね。

生花を長持ちさせるのが難しいこの時期、オススメしたいのが、ドライフラワーを飾ること♪

ガーランドに吊るしたり、スワッグに仕立てて壁飾りにしたり、もちろん生花と同じように、花瓶アレンジも楽しめます。


 

 

私のイチオシなドライフラワーの飾り方は、紐のガーランドに、ドライフラワーを少しづつ吊るすアイデア。

少量のお花なので、材料費も少ないですし、色とりどりのお花が並ぶととっても可愛いのです♪

家にある材料でも作れると思うので、ぜひチャレンジしてみて下さいね~。

簡単な作り方をご紹介します。


 

お好みのドライフラワー以外で用意するものは、

・麻ひも(リボンなどでも代用できます)

・木製クリップ(花と紐を固定するのに使います)

どちらも100円ショップで購入しました。


 

今回のガーランドアレンジに使ったドライフラワーはこちら♪

(左から時計まわりに)

・ワックスフラワー

・リモニューム(スターチス)

・ラベンダー

・リモニューム

・アジサイ

元々ドライフラワーになっているものを購入してもいいですし、上記の材料ならば、生花の状態から、キレイなドライフラワーになってくれますよ。

お好みで選んでみて下さいね~。


 

続いて作り方です。

まず、ガーランドアレンジを飾りたい場所を決め、そこに麻ひもを画鋲でとめます。


 

麻ひもに花材をセットし、木製クリップでとめたら完成です♪

今回は、小さなお花の5束飾りでしたが、数を増やして、もっと華やかにしてもいいですね。


 

長く飾って楽しめる♪ドライフラワー!スワッグや花瓶に飾るアイデア

ガーランドに吊るす以外にも、ドライフラワーの飾り方は色々とあります♪

最近人気が高いのは、やはりスワッグに束ねて飾る方法ですね。

ブーケのようにお花を束ねて、紐で吊るすだけなので、簡単!私はカーテンレールの端っこに吊るしていますよ。

今年の春に作ったミモザのスワッグが、まだまだキレイな状態です。


 

ブーケのように束ねるのが大変な方は、生花の時と同じように花瓶に活けるのがオススメですよ。

もちろんお水は入れません♪なので、水替えの手間が省けるのが、夏に嬉しいですよね。

このピッチャーには、ラベンダーやリモニュームなど、色々な種類をミックスして活けてみました!


 

ドライフラワーはどのくらい長持ちするの?処分の目安はコレ♪

よく質問を受けるのが、「ドライフラワーはどのくらい長持ちするのですか?」ということ。

これは、時期的なこと(湿気が多い季節はダメになりやすい)、そしてお花の種類(水分を多く含んでいるか否か)にもよります。

今回ご紹介した花材でいうと、だいたい半年~長くて1年くらいは飾って頂けると思います。

ただ少しづつ花色は褪せていくので、状態が気になるようでしたら、その時に処分するといいですよ。

他にも、ユーカリやアナベルなども、ドライフラワーとして長く楽しめる花材です。


 

夏に飾りたい♪ドライフラワーの可愛い飾り方のまとめ

夏にこそオススメしたい長持ちする花・ドライフラワー!お好みの花材や、飾り方はありましたか?

少ない量からでも可愛く飾って楽しめるので、ぜひこの夏、チャレンジしてみて下さいね~。

宮崎 いくみさんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告