衣類収納に取り入れたい♪《ウォークイン》&《ウォークスルー》クローゼット収納

衣類を収納するスペースとして人気があるのが、ウォークインクローゼットやウォークスルークローゼットです。今回は2つのクローゼットを紹介いたしますので、家づくりの参考にしてくださいね。

著者:
公開日:
衣類収納に取り入れたい♪《ウォークイン》&《ウォークスルー》クローゼット収納

ウォークイン&ウォークスルーに憧れる

衣類を収納するスペースとして人気があるのが、ウォークインクローゼットやウォークスルークローゼットです。ウォークインクローゼットは部屋の中を歩けるほどの広さがあるクローゼットのこと。

ウォークスルークローゼットは扉が2つついており、部屋を抜けて別部屋に行けるようになっているクローゼットのことを指します。

今回は2つのクローゼットを紹介いたしますので、家づくりの参考にしてくださいね。

ウォークインクローゼット収納

IKEA商品を使ったWIC

クローゼット収納

reigram_house

出典:instagram.com

IKEAのパックスシステムというシリーズを組み合わせて、ウォークインクローゼットを作られています。

棚板を好きな高さに変えられますし、自由にパーツを組み合わせられるところが素敵ですね。バッグやアウター、ボトムスなどすべての衣料品を収納できます。


 

 

クローゼット収納2

reigram_house

出典:instagram.com

1つ前の写真は片側だけだったのですが、このように左右で分けて使えるようになっているそうです。

それぞれが独立しているので、自分だけのクローゼットとして使えるところが憧れますね。一部屋を真ん中で区切って使うというのは素敵なアイデアです。


 

バランスの取れたWIC

クローゼット収納3

life_is_trip_70

出典:instagram.com

ハンガーパイプと収納ケースを積み重ねて使えるスペースが半々になっているので、バランスが良く使い勝手が良さそうです。

ニット類などはハンガーの型が付いてしまうこともあるので、収納ケースに収納したいですよね。棚は可動式になっているので自由に組み合わせられます。


 

多用途なWIC

クローゼット収納4

shu3sun3sun

出典:instagram.com

ウォークインクローゼットだからといって、必ずしも衣類だけを収納しなければならないという決まりはありません。

スチールラックを使って、布団や毛布、扇風機、アルバムなど大きなものを収納するスペースとして使っている方もいます。


 

クローゼット収納5

shu3sun3sun

出典:instagram.com

同じく寝室横のウォークインクローゼットだそうですが、こちら側もスチールラックやチェストを使って整理されていますね。

スチールラックはホームセンターなどでも手に入りますし、チェストは衣類を収納するのにぴったりですね。


 

ウォークスルークローゼット収納

便利なファミリークローゼット

クローゼット収納6

hls_mari

出典:instagram.com

こちらのスペースは家族の衣類を収納しているファミリークローゼットだそうです。

向こう側にはドアがついているので、通り抜けられるようになっているところがいいですね。洗面所の横にあるので、家族みんなが身支度しやすくなっています。


 

広々としたウォークスルークローゼット

クローゼット収納7

kurasukoto_

出典:instagram.com

洗濯物を干すスペースと洗濯した衣類を収納するスペースが隣同士にあるので、無駄な動作なくスムーズに家事ができるようになっています。

乾いた衣類をそのままハンガーパイプにかけられるところが素敵ですね。


 

クローゼット収納8

kurasukoto_

出典:instagram.com

クローゼット側から撮影された写真ですが、収納スペースも広々としていて家族の衣類を収納するのにぴったりですね。

洗濯は毎日の家事なので、できるだけスムーズに行いたいものです。可動棚になっているので自由度が高く、収納したいものによって変えられます。


 

お店のようなウォークスルークローゼット

クローゼット収納9

_ouchi.t_

出典:instagram.com

こちらのウォークスルークローゼットは、木の温かみを感じられる素敵なスペースとなっていますね。

ハンガーパイプが上で収納ケースを下に置くパターンが多いですが、このようにハンガーパイプを下にして収納するのも素敵です。


 

クローゼット収納10

_ouchi.t_

出典:instagram.com

子供がいるご家庭にもウォークスルークローゼットはおすすめです。

このようにハンガーパイプが下についている場合、自分で身支度ができるようになります。

子供の自立心を育てることができますし、家族の衣類が一か所にまとまっていることでお母さんの負担も軽減されますね。


 

ウォークイン&ウォークスルーどちらも素敵!

今回はウォークインクローゼットとウォークスルークローゼットを紹介いたしましたが、どちらのクローゼットも素敵でしたね。

家族みんなが使いやすく、お母さんの負担が軽減されるようなクローゼットを採用することで、より暮らしやすくなること間違いありません!

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告