ワークスペースの作り方!テレワークやオンラインレッスン向け

2020年以降、テレワークやオンライン授業などの新しいスタイルが取り入れられています。長時間パソコンに向かったりオンライン会議を行うシーンも増えているのではないでしょうか。ここでは、お部屋にワークスペースをしつらえるアイデアを紹介します。

公開日:
ワークスペースの作り方!テレワークやオンラインレッスン向け
Sayang

Sayang

ライター

インテリアやアート、ファッション、自然など美しいものに心惹かれ、興味を持っています。日々、家族のために心地よい暮らしを心がけています。海外在住で、夫と2人の息子、犬と猫の6人家族です。

自宅勤務という新しい生活様式

2020年以降、新しい生活様式という言葉をよく見聞きするようになりました。テレワークやオンライン授業など、働き方や学習の仕方にも、新しいスタイルが取り入れられています。

出勤時と同じように長時間パソコンに向かったりオンラインミーティングを行うシーンも増えているのではないでしょうか。ここでは、お部屋にワークスペースをしつらえるアイデアを紹介します。

家族と暮らすマンションや戸建て住宅

天然素材で造作したデスクスペース

天然素材で造作したデスクスペース

130平方メートルのマンションをリノベーションし、開放的なLDKを実現させています。リビングスペースの壁にはテレビを設置。

テレビボードは、そのまま右手のワークスペースへと続いている造作家具です。上部の天袋も同じデザインで続いているので、すっきりとした一体感が生まれています。

オーク材のフローリングとラワン材の天井など、自然素材に囲まれたシンプルで美しい空間にワークスペースがなじんでいます。

 

 

壁の凹みを活用したワークスペース

壁の凹みを活用したワークスペース

こちらもマンションリノベーションで実現したワークスペースです。

築年数43年の4LDKを、1LDK+パントリー+ウォークインクローゼット+シューズインクローゼットというレイアウトに変更されたそう。

こちらのワークスペースは、リビングスペースの奥のゾーンにしつらえられています。窓に面したデスクは、部屋の凹み部分から天板を少し出したデザインが新鮮です。

 

リビングの柱を活用したワークスペース

リビングの柱を活用したワークスペース

こちらは、リビングの柱を活用したワークスペースです。築年数が41年の4LDKマンションのリノベーションで、リビングスペースが広く開放的に変更されています。

その一角に、シンプルな一枚板のデスクトップをゆるやかに分けて2人で使用できるようなデザインに。柱の出っ張りを活用して本を立てかけるなど、使い方も自由です。

 

キッチンカウンターのデスク

キッチンカウンターのデスク

続いてご紹介するのは、キッチンカウンターに接続しているワークスペースです。

もちろんお仕事やお勉強用だけでなく、クラフトを楽しんだりお子さんが宿題をしたり、あるいは朝ごはんやおやつを楽しむテーブルとしても活用できます。

引き出しなどは何もついていないシンプルなカウンターテーブルだからこそ、真に多目的なスペースと言えるでしょう。

 

パーテーションのあるワークスペース

パーテーションのあるワークスペース

黒を印象的に取り入れている、おしゃれな戸建て住宅のワークスペースです。キッチンスペースとリビングスペースの間に設けられています。独立した部屋ではありません。

かといって、全くのオープンでもないしつらえがたまりません。オフィスでもよく目にするパーテーション的な仕切りで、リビングスペース側からはデスクが目隠しされています。

仕事の途中で席を離れる場合でも、そのまま出しっぱなしにできるので便利です。天井からの照明だけでなく、手元を照らせるデスクライトも設置して。

 

1人暮らしのワンルーム

壁面収納の一部に作ったデスク

壁面収納の一部に作ったデスク

続いては、コンパクトなスペースにおけるワークスペースのレイアウトアイデアです。こちらは7.4畳のワンルーム。

部屋の奥に窓がある形です。横幅が十分にあるので、窓際にベッドを置いても通路スペースを確保できています。

そこで、ベッドの足元部分の壁面収納を一部活用してデスクスペースにしています。座り心地の良いチェアを合わせて、おしゃれなコーナーに。

 

シンプルな直線デザインのデスク

シンプルな直線デザインのデスク

こちらは独立したデスクを設置しているパターンです。9.3畳と少し余裕のあるスペースなので、ベッドやキャビネット、一人掛け用のハンモックチェアなどを配置しても圧迫感はありません。

塗り跡がラフに残る壁面を大きく空けて余白を活かしている為でしょう。ワークスペースのデスクも、シンプルな直線デザインを選んでコンパクトにまとめています。

 

モノトーンインテリアに合わせたデスク

モノトーンインテリアでまとめているお部屋ではワークスペースも、モノトーンでそろえたいもの。

コンパクトな1人暮らしのお部屋では、ワークスペースのためのデスク購入はためらってしまう人も多いかもしれません。

けれど新しい生活様式の継続を考えると、ソファやベッドの上でノートパソコンを操作するよりも、スリムなデスクを用意した方が効率的です。


 

セミオーダーで作ったデスク

セミオーダーで作ったデスク

こちらは20平方メートル、1Kの1人暮らしのお部屋です。在宅ワークでも活躍しているPCデスクは、インターネットでセミオーダーして作った家具だそう。

天板が2段になっているのでノートPCを収納することもできるそうです。ほかにも、ウッド×アイアンの組み合わせでコーヒーテーブルもセミオーダー。

自分のライフスタイルに合わせて使い勝手のいい家具になっています。

 

ダイニングテーブル兼用のスペース

ダイニングテーブル兼用のスペース

最後にご紹介するこちらは、ダイニングテーブルとしても活用されています。窓に向かって設置されていますが右手にキッチン、左手はソファというレイアウト。

ちょうど真ん中のスペースにジャストサイズのテーブルをはめ込んだような雰囲気です。

窓辺のスペースを活用して本を並べたり、文房具類もテイストをそろえたりと見た目にも、こだわったコーナーづくりが参考になります。

 

自宅での仕事や勉強のためにワークスペースを整えよう

家族で暮らすマンションや戸建て住宅でも、1人暮らしのワンルームでもワークスペースをおしゃれにしつらえることは可能です。部屋の広さやインテリアのスタイルに合わせてデスクのサイズや素材、デザインを決めると良いでしょう。

リノベーションでワークスペースを作る場合は造作家具にするとコンパクトになります。機能性とインテリア性を兼ね備えたワークスペースを整えてみませんか。

こちらもおすすめ☆