フィッシュボーンのやり方をマスターしよう♪長さ別の簡単アレンジ特集

フィッシュボーンのやり方をご紹介!フィッシュボーンとは、魚の骨を模したようなヘアアレンジのこと。繊細な編み目を見ると難しそうと思っている人も多いのでは?実はこのヘアアレンジ、やり方さえ覚えてしまえば編み込みよりも簡単にできるんですよ。

著者:
公開日:
フィッシュボーンのやり方をマスターしよう♪長さ別の簡単アレンジ特集

フィッシュボーンのやり方をご紹介!

フィッシュボーンとは、魚の骨を模したようなヘアアレンジのこと。おしゃれで崩れにくい髪型が作れると人気のヘアアレンジですが、繊細な編み目を見ると自分ではちょっと難しそうと思っている人も多いのでは?

実はこのフィッシュボーンのヘアアレンジ、やり方さえ覚えてしまえば、編み込みよりも簡単にできるんですよ。そこで今回は、おしゃれで可愛いフィッシュボーンの簡単なやり方とアレンジをまとめてみました。

フィッシュボーンの基本的なやり方

図解で覚えるフィッシュボーンのやり方

まずは、図を使ってフィッシュボーンの基本的な編み方をご紹介。編み込む毛束を2つに分けたら、右側の毛束の外側を少し取り、反対側に。左側の毛束の外側も同量を取って真ん中でクロスさせます。

この動作を繰り返して編み下ろしていけば、フィッシュボーンの完成です。崩れにくいフィッシュボーンを作るポイントは、毛束を取る時に下に引っ張るようにすること。このやり方を守れば、見た目も美しい髪型になりますよ。

 

 

フィッシュボーンのセルフアレンジのやり方

ヘアアレンジは、他の人のはできても自分の髪だとうまくアレンジできないということもありますよね。こちらの動画は、自分の髪を使って作る簡単なフィッシュボーンのやり方を紹介しています。

まずは、髪を片側に寄せて前に持ってきたら、スタイリング剤を付けて2つの毛束に。それぞれの毛束の外側から少しずつ髪を取ってクロスし、この動作を繰り返して編み込みします。最後にフィッシュボーンを軽くほぐして完成です。

 

フィッシュボーン編み下ろしのやり方

フィッシュボーンを使ったトレンド感のあるルーズなヘアアレンジのやり方です。両サイドはゆるめのロープ編みでボリュームをキープ。後ろまで持ってきたらゴムでひとまとめにしましょう。トップも軽く毛束を引き出してふんわりと。

次に後ろの髪を少しずつ束ねてくるりんぱに。襟足くらいまできたら、毛先をフィッシュボーンにするとメリハリの利いたおしゃれな髪型になります。

 

フィッシュボーンのシニヨンアレンジのやり方

こちらはアップにしたポニーテールの毛先をフィッシュボーンにアレンジ。このままでも十分可愛い髪型なのですが、フィッシュボーンをポニーテールの結び目にぐるっと巻き付けてシニヨンを作っています。

シニヨンの毛先はアメピンでしっかり留めておきましょう。最後にバランスを見ながらシニヨンをほぐして完成。フィッシュボーンを使うことで、崩れにくくまとまりのよいお団子が簡単にできますよ。

 

顔周りのフィッシュボーンアレンジのやり方

アレンジのアクセントとして使っても簡単で可愛いフィッシュボーン。こちらは顔周りの髪を使ったフィッシュボーンのやり方です。サイドの髪をトップから適当に取り、後ろに向かってフィッシュボーンの編み込みをしたらヘアゴムで仮止め。

逆サイドも同様にフィッシュボーンの編み込みを作り、2つのフィッシュボーンを1つにまとめます。残りの毛はポニーテールにしたり、シニヨンにしたりと色々な髪型が楽しめます。

 

ボブの髪型のフィッシュボーンのやり方

ボブスタイルの人におすすめなのが、ハーフアップのフィッシュボーン。こちらの動画では、2種類の簡単な編み方を紹介していますよ。1つ目は鉢周りの髪を適当に取り、2つに分けたら真ん中でフィッシュボーンに編み込んでいくスタイル。

もう1つは、前髪も一緒に左右でそれぞれフィッシュボーンを作って、それを後ろで1つに束ねます。前から見てもフィッシュボーンがちらりと見えて可愛いですよ。

 

フィッシュボーンメーカーを使った編み方

不器用だから、フィッシュボーンがうまくできない!そんな人におすすめなのが、100均ダイソーで購入できるフィッシュボーンメーカーを使った編み方です。説明書を読んでもわかりにくいフィッシュボーンメーカーの使い方を動画で解説してくれています。

やり方は、フィッシュボーンアレンジにしたい部分の髪を取ってフックの一番上を引っ掛け、交互にフックに髪を掛けていくだけ。誰でも簡単にきれいな編み込みが作れます。

 

ミディアムヘアのフィッシュボーンアレンジ

大人っぽいおさげアレンジのやり方

フィッシュボーンを使ったミディアムヘアのおさげアレンジ。

フィッシュボーンの編み方なら、三つ編みよりも簡単にこなれ感が出るので、おさげでもスタイリッシュな印象に。

ゆるふわの質感に仕上げるために、あらかじめコテなどで髪全体をまとめておくかパーマの髪型にしておくのがポイントです。

顔周りにもたっぷりとおくれ毛を出してあげると、よりニュアンスが出ますよ。


 

ヘアアクセサリーのようなアレンジのやり方

両サイドの耳上の髪をフィッシュボーンで毛先まで編み、襟足でひとまとめにしてから、残りの髪の毛を一緒に束ねたアレンジです。

フィッシュボーンより上の髪は、束感を出したままほぐしておくと、頭の形もきれいに見えます。

フィッシュボーンがまるでヘアアクセサリーのようなので、バックスタイルが華やかに見える髪型になりますね。


 

フィッシュボーンパーティヘアのやり方

フィッシュボーンを使えば、華やかなパーティヘアも簡単にアレンジできます。

フィッシュボーンだけでなく、三つ編みやロープ編みを組み合わせると、より立体感がでてゴージャスになりますよ。

フィッシュボーンで編み下ろしをするなら、おくれ毛を出すのがマスト。

こうすることで、フロントにもアクセントがついておしゃれに見えます。


 

フィッシュボーン編み下ろしアレンジ

ゴールドピンのアクセントが可愛いフィッシュボーンの編み下ろしアレンジです。

フィッシュボーンは、襟足からの編み込みだけなので、鉢部分はくるりんぱにしたりロープ編みにしたりと色々なやり方がありますよ。

編み目が美しいフィッシュボーンは、インナーカラーなどを入れた髪型にも似合うアレンジ。

ハイライトやローライトがちらりと見えて、簡単におしゃれ度がアップします。


 

黒髪にも似合うフィッシュボーンのやり方

繊細な編み目のフィッシュボーンは黒髪の髪型にも良く似合います。まずはミディアムベースの黒髪全体を細めのホットカーラーで平巻きに。

真ん中の髪を適量取り、フィッシュボーンのハーフアップを作ったら、残りの髪を小分けにしてねじってアップ。毛先が見えないように中に入れてピンで留めていくと、簡単でおしゃれなアップアレンジになります。

 

フィッシュボーンのハーフアップのやり方

フィッシュボーンのハーフアップも色々なやり方がありますが、こちらは、顔周りからロープ編みにした髪と組み合わせてセンターでフィッシュボーンの編み下ろしに。

簡単ながらもサイドにもバックにもアクセントが付く髪型ができるので、360度どこから見られてもおしゃれなアレンジになりますよ。やり方を覚えれば10分くらいでセットできます。

 

フィッシュボーンのアップアレンジのやり方

ピンだけでできるフィッシュボーンを使った簡単なアップアレンジのやり方です。

左側に3㎝ほどの毛束と右側におくれ毛を残したら、残りの髪全体をフィッシュボーンで襟足まで編み下ろします。

さらに左側に残した毛束をロープ編みにして、フィッシュボーンの毛先と合わせて丸めてシニヨンに。

2つの編み込みを組み合わせることで、崩れにくいアップアレンジができますよ。


 

ロングヘアのフィッシュボーンアレンジ

ルーズなダブルフィッシュボーンのやり方

程よくルーズなダブルフィッシュボーンの髪型はデイリーアレンジにおすすめ。まずは分け目をギザギザにして、髪を左右に分けましょう。続いて両サイドでフィッシュボーンを作り、2本のフィッシュボーンを真ん中でねじります。

毛先までねじったらフィッシュボーンのゴムを外して毛先を1本に結び直します。ねじりを加えることで、いつもよりルーズにほぐれてこなれ感のある髪型になりますよ。

 

海外セレブみたいなフィッシュボーンのやり方

ロングヘアにもおすすめ、フィッシュボーンのハーフアップのやり方です。右サイドの髪を適当に取ったら、フィッシュボーンで毛先まで編んでいきましょう。編み終わったら軽くほぐし、反対側も同様にフィッシュボーンを作ります。

真ん中で結んで、両サイドのフィッシュボーンの下の髪をねじって2段のアレンジを作ったら、結び目を隠すようにヘアアクセサリーを付けて完成。サイドから見てもおしゃれな髪型になります。

 

ロングにぴったりなフィッシュボーンのやり方

フィッシュボーンをアクセント使いしたロングヘアの1本編みアレンジです。

両サイドに細かいフィッシュボーンを作ったら、全体を編み込んで1本の編み下ろしに。

サイドからちらりと見えるフィッシュボーンが人目を引き付けますね。ボリュームのある髪型なので、黒髪でも立体感が出ます。

デイリーにはもちろん、結び目にヘアアクセサリーを使うやり方だと、お呼ばれにも使えます。


 

フィッシュボーンのロングハーフアップのやり方

フィッシュボーンを使ったロングヘアのハーフアップのやり方です。鉢部分の髪は、ひとつに結んでからくるりんぱでボリュームをアップ。

両サイドの髪も編み込んでおきます。顔周りに残った毛束は、フィッシュボーンをして毛先をゴムで留めて、毛束でゴム隠し。

編み込みとフィッシュボーンで顔周りにボリュームが出て、バランスの良いハーフアップになります。


 

きちんと感のあるフィッシュボーンのやり方

フィッシュボーンは、崩れにくいまとめ髪を作るのにもぴったりなヘアアレンジです。

両サイドの髪をねじって留めた後に、残りの髪の毛をポニーテールにしたらフィッシュボーンで編み込み、くるんとまとめてシニヨンに。

崩しすぎないことで、きちんと感のある髪型になりますよ。洋装にはもちろん浴衣などの和装にもぴったりです。


 

カチューシャアレンジのやり方

フィッシュボーンを使ったロングヘアならではのカチューシャ編み込みのやり方です。コテで全体にカールを付けたら、髪を左右に分けて右側でフィッシュボーンを作ります。

反対側も同じように編み込み、フィッシュボーンを軽くほぐします。フィッシュボーンをカチューシャのように頭に巻き付けてピンで留めたら完成です。華やかなアレンジなので、お呼ばれにもおすすめです。

 

フィッシュボーンのやり方をマスターしよう!

フィッシュボーンのやり方やおすすめのアレンジをご紹介しました。やり方が難しそうなイメージのあるフィッシュボーンですが、動画などでやり方を見ながらアレンジすれば、だれでも簡単におしゃれなアレンジが作れます。

他のアレンジと組み合わせるのもおすすめなので、皆さんもフィッシュボーンアレンジの簡単なやり方をぜひ覚えてアレンジの幅を広げてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告