ピンクカラーを活かしたインテリア!キュートな色をかっこよく使いこなすヒント

ピンクカラーというと、キュートで女性的なイメージが強いので、女性でも積極的に使う方は少ないです。 インテリアでもピンクカラーを取り入れているケースはあまりないですが、うまく活用していけば、センス豊かなインテリアも夢ではありません。

著者:
公開日:
ピンクカラーを活かしたインテリア!キュートな色をかっこよく使いこなすヒント

ピンクカラーでお部屋のおしゃれ度がアップ

ピンクカラーというと、キュートで女性的なイメージが強いので、女性でも積極的に使う方は少ないです。

インテリアでもピンクカラーを取り入れているケースはあまりないですが、うまく活用していけば、センス豊かなインテリアも夢ではありません。

そこでこの記事では、ピンクカラーを主軸に置いた、かっこいいインテリアのヒントをまとめていきます。

ライトピンクで優しい風合いを出す

ピンクカラー

mrscarlissa

お部屋にピンクカラーを取り入れたい初心者さんなら、ライトピンクカラーを選ぶのがおすすめ。

白やフローリングなどとも相性が良く、空間を優しい風合いにまとめてくれます。

こちらはライトピンクのブランケットやクッションを並べ、シンプルな中にもモダンで爽やかな空間を演出できています。


 

ピンクカラー2

_lisa_dawson_

きれいめライトピンクのベットカバーを用いたベッドルーム。

グレーベースのお部屋にほんのりと優しいアクセントがプラスされ、全体的に落ちついた印象にまとめています。


 

 

非対称の色で甘くなりすぎない空間に

ピンクカラー3

mrscarlissa

ピンクカラーはキュートだったり、温もりのある風合いを感じる色。

お部屋に取り入れるなら、全く違うイメージの色と組み合わせて、よりかっこいい空間作りに挑戦しましょう。

ライトピンクの壁紙がベースになった空間には、鮮やかなブルーのソファでクールな印象に。

優しい風合いの中にも、爽やかな大人のインテリアができあがっています。


 

ピンクカラー4

comedowntothewoods

ピンクカラーのキュートなバスタブのあるバスルーム。

空間をネイビーカラーベースにすることで、お部屋全体がシックにまとまっています。


 

ピンクカラー5

comedowntothewoods

こちらもネイビーカラーをベースにした落ち着いた空間。

ショッキングピンクの一人掛けソファを置いて、カラフルな風合いがありつつも、シックでエレガントなインテリアができあがっています。


 

濃いめピンクでお部屋のアクセントに

ピンクカラー6

zwinacollection

ピンクカラーでキュートになりすぎないお部屋にするには、濃いめのピンクを活用してみましょう。

濃いめピンクのラグを活用したお部屋は、白を基調にしたシンプルな空間。

カウチソファを置いて、上品な中にもオリエンタルな風合いのインテリアにまとめています。


 

ピンクカラー7

comedowntothewoods

フローリングネイビーカラーの壁面をベースにしたお部屋には、ショッキングピンクの一人掛けソファを中心に置いてワンポイントに。

側にはミニバーを置いて、シックな中にもラグジュアリーな風合いの大人の空間に仕上げています。


 

ピンクカラー8

natasha.designs

白を基調にした、ゆったり目のリビングルーム。

ライトブルーのソファと椅子には、ショッキングピンクのクッションを合わせてインパクトを持たせています。

大人な風格の空間に、遊び心を感じさせるレイアウトがポイントです。


 

ピンクカラー9

comedowntothewoods

ブルーのベルベットソファが中心になった空間には、ピンクカラーのスタンドライトを置いてアクセントに。

ラグジュアリーな中にもポップな風合いがある、個性豊かなインテリアになっています。


 

グラデーションピンクでなじみのある空間作り

ピンクカラー10

hunt.and.scavenge

お部屋にたくさんピンクカラーを用いたいのであれば、色味の違うピンクを選んでなじみやすい空間を作っていきましょう。

特にグラデーションカラーは取り入れやすく、甘くなりすぎずにピンクカラーでおしゃれな空間を展開できます。

こちらは色みの違うピンクを用いた鱗風の壁紙をベッドルームに活用。

ピンクの割合が多い空間ながらも、ポップで優しい風合いのあるインテリアにしています。


 

ピンクカラーでおしゃれインテリアを叶える

ピンクカラーは女性的でキュートな印象が強く、インテリアには使いにくいと考える人も多いはず。

しかし、色みや組み合わせる色などにこだわれば、甘くなりすぎないクールでかっこいいインテリアに仕上げることもできます。

ぜひお好みのピンクカラーで、技ありなインテリア作りに挑戦してみましょう。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告