一人暮らしの狭いキッチンを、快適&きれいに使う方法

一人暮らし向けの1Rや1Kの部屋は、キッチンスペースが狭くて当然だ。しかし、日頃からよく自炊する人にとっては、狭いキッチンをどう使いやすくするか、またどのように物を整理するかが課題といえるだろう。そこで、狭いキッチンでうまく調理スペースを確保するための方法を見ていきたい。

著者:
公開日:
一人暮らしの狭いキッチンを、快適&きれいに使う方法

一人暮らしの狭いキッチンを、快適&きれいに使う方法

一人暮らし 狭い キッチン

一人暮らし向けの1Rや1Kの部屋は、キッチンスペースが狭くて当然だ。しかし、日頃からよく自炊する人にとっては、狭いキッチンをどう使いやすくするか、またどのように物を整理するかが課題といえるだろう。

そこで、狭いキッチンでうまく調理スペースを確保するための方法を見ていきたい。

 

 

シンクやガス台周りのスペースを活用する

一人暮らし 狭い キッチン2

まず、キッチンのメインともいえるシンクやガス台周辺のスペースの活用方法を紹介しよう。ホームセンターや100円ショップで買えるグッズで、手軽に調理スペースや収納スペースを増やすことができる。

 

・シンクにスライドラックをかける
作業スペースとなるシンクが狭いという場合、スライドタイプのラックをシンクにかける方法がおすすめだ。このラックは面積を自在に調節できるため、必要に応じてその上にまな板を置いたり、食材などを置いたりするスペースを増やすことができる。もしくは、大きめのまな板でシンクを覆うことで、調理スペースを増やすことができるだろう。

スライドラック例

 

・壁にパーテーションを置く
壁に突っ張りタイプのパーテーションを設置することで、壁掛けタイプの収納スペースにすることができる。頻繁に使うお玉やフライ返しなどの調理器具をかけておくのに便利だ。

突っ張りタイプパーテーション例

 

・シンク下のスペースも有効利用
シンク下も、突っ張り棒や棚を利用してスペースを最大限に活用していこう。出し入れのしやすさも考慮しながら、鍋やフライパン、調味料、食器などをセパレートして収納したい。

 

キッチンの狭いスペースも見逃さない

一人暮らし 狭い キッチン3

冷蔵庫とシンクの隙間など、一見何も置けなさそうな狭い所も、工夫次第で収納スペースにすることができる。キッチン用品の収納や電子レンジなどの置き場に困っている場合は、活用できそうなスペースが余っていないか今一度確認してみよう。

 

冷蔵庫とシンクのあいだに隙間があればラックを

意外と見落としがちなのが、冷蔵庫とシンクのあいだに生まれやすい隙間である。狭い空間用のラックを設置して、ラップやアルミホイルのほか、エプロンやマイバッグなどをかけておくのに便利だ。キャスター付きのラックだと、より使いやすいだろう。

隙間収納ラック例

 

冷蔵庫の上にラックを置けば電子レンジの置き場に困らない

一人暮らし 狭い キッチン4

背の低い冷蔵庫なら、その冷蔵庫の上にラックを設置することで、電子レンジやトースターなどを縦に収納することが可能。縦の空間を活用して家電を設置すると、キッチンスペースはかなりすっきりするはずだ。

 

キッチンを快適・きれいに保つための心掛け

一人暮らし 狭い キッチン5

いざ料理をしようと思っても、キッチンにゴミが残っていたり、散らかっていたりすると、その気力がなくなってしまうことはないだろうか。キッチンをいつでも快適できれいな状態にしておくための心掛けを紹介したい。

 

ゴミはまめに処理する

狭いキッチンは、あっという間にゴミが溜まりやすいため注意が必要だ。料理をする度に掃除・片付けは必須!

しかし、中でも扱いがやっかいなのが生ゴミである。排水溝に溜まりやすい上、放置すると臭いの原因にもなってしまう。しかし、一人暮らしの狭いシンクでは三角コーナーを置いておくのも難しい。

その場合、料理をする際は、毎回生ごみを入れる小さめの袋を用意することがおすすめ。そうすることで、排水溝にも溜まりにくくなり、食べ残しなどがあればひとまとめにして捨てることができる。

 

食器は必要最低限に保つ

キッチンには、調理器具以外にも食品や調味料、キッチン家電など、さまざまな物を収納する必要がある。食器をそろえるのは必要最低限にして、余分なアイテムは増やさないように心掛けるといいだろう。

食器を減らしたい人におすすめの食器が、ワンディッシュプレートだ。仕切り付きのプレートで、それ1つで複数の料理をのせられる便利なアイテムなので、これなら洗い物もかなり楽になるはずだ。一人暮らしなら、ワンディッシュプレートとマグカップ、茶碗があれば十分、という人もいるのではないだろうか。

ワンディッシュプレート例

 

使用頻度を考慮した収納を

調理器具や食器が取り出しにくいと、その度に小さなストレスが溜まってしまう。そんな無駄なストレスを排除するには、よく使う物ほど取り出しやすい定位置にしまっておくなど、使用頻度に応じて収納することが大切だ。

また、ラップとアルミホイルのように似た形状のアイテムの収納は、取り違えを防ぐために見えやすい位置に収納しておくのもいいだろう。

一人暮らしの限られたキッチンスペースでは、思うように自炊ができないと思いがちかもしれない。しかし、グッズを活用したり、毎日の使い方に注意したりするだけで、意外と使いやすいスペースへと変えることは十分可能である。

DIYが苦手な女性でも手軽に設置できるグッズが多くあるので、キッチンの収納面や不便さに悩んでいるという人は実践してみてはいかがだろうか。

 

REISMがセレクトしたひとり暮らしにオススメの家具はこちら

RELATED POSTS 関連の記事

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告