男前インテリアの必須アイテム☆バスロールサインのカッコいい取り入れ方

今、特に女性の間で男前インテリアが大人気です。黒地に白文字のバスロールサインはメンズテイストが強く男前要素抜群なんですね。そんなバスロールサインを取り入れたインテリアをご紹介します。

2017/01/18更新
男前インテリアの必須アイテム☆バスロールサインのカッコいい取り入れ方

バスロールサインって?

出典:pinterest.com

バスロールサインとはバスの前方に表示された行き先表示のことです。現代はデジタル表示になっていますが、1990年代ごろまでアメリカやイギリスで実際に使われていました。行き先を印刷したリネンの生地を回転させて表示させていました。このバスロールサインがとってもカッコイイのでインテリアで取り入れられています。バスロールサインを取り入れた男前インテリアをご紹介します。


 

広告

 

バスロールサインのカッコいい取り入れ方☆

真っ白なレンガの壁が素敵なリビングルームです。ワンポイントにバスロールサインが掛けられています。あまり主張しすぎないほどよい感じがいいですね。バスロールサインと一緒にグリーンを飾るとカジュアル感がでます。


 

塩系インテリアのようなシンプルでカッコイイインテリアです。ラグやソファーの柔らかいニュアンスカラーと、ハードな雰囲気のチェアーとバスロールサインという組み合わせが新鮮です。


 

こんなところにもバスロールサインが。バスロールサイン風のポスターなどを自分で印刷して作ることもできちゃいます。冷蔵庫に貼って家電製品だって男前インテリアにしちゃいましょう。


 

インダストリアルで男前の雰囲気たっぷりの素敵なお部屋です。バスロールサインを3つ並べて部屋の大きなアクセントになっています。観葉植物もあちこちに散りばめてジャンクな雰囲気もプラスしてカッコよく決めちゃいましょう。


 

白地に黒文字のパターンもあります。布のバスロールサインを棚の目隠しに使っています。お洒落でカッコイイですよね。棚の上にはグリーンを置いたりポップな雑貨を置いて全体をカッコよくまとむています。


 

バスロールサインのデザインのマットです。かっこいいデザインなのでよく目立ちますね。部屋のワンポイントにもなります。玄関先や庭先などにさりげなく置いてお洒落度アップしましょう。


 

インダストリアルな雰囲気満載のハードな男前インテリアです。壁にはたくさんのバスロールサインが掛けられています。好きなテイストで統一しているので気分をあげて作業できそうですね。


 

バスロールサインは布をそのまま掛けることが多いですが、あえてフレームにいれて飾るのもアリですね。アートな雰囲気でスタイリッシュに飾ってみましょう。


 

木のダイニングテーブルや優しい色合いのカーテン、ソファー、ラグがある中で、黒を散りばめてキリッと引き締めています。その中でもバスロールサインが一際男前さを出しています。家具類が優しい色合いなので「優しい男前インテリア」ですね。


 

 

バスロールサインを取り入れた海外インテリア

海外インテリアサイトではバスロールサインはどんな風に使われているのでしょうか?男前インテリアとは限らないようですよ。

 

出典:pinterest.com

お店のインテリアです。かすれた文字が独特の雰囲気を放つバスロールサイン。それが数個並べてあります。ゴージャスな雰囲気さえしますね。


 

出典:pinterest.com

バスロールサインを壁に飾るだけでなく、床に直置きしています。他のアートや雑貨と一緒に飾ってお気に入りのコーナーを作るのも素敵ですね。鳥の柄のカーテンや花瓶に飾られた花など男前インテリアとはかけ離れた印象です。


 

出典:pinterest.com

バスロールサインをフレームにいれて、アートとして飾っています。しかもかなりの大きさですね。部屋は男前インテリアとはまた違うテイストです。女性らしいピンクのソファーが素敵なセンスのいいお部屋です。


 

出典:pinterest.com

明るい日差しの入る素敵なリビングルームです。レンガの壁の横にバスロールサインが掛けられています。バスロールサインがあるとグッとお洒落になります。ラグのチョイスやグリーンの飾り方など参考にしたくなるハイセンスなお部屋ですね。


 

出典:pinterest.com

アート感覚のインテリアです。3つ並んだバスロールサイン、チェアーのデザイン、壁の色、床の色、どれもがアーティスティックな上に見事にマッチしたお洒落な空間です。


 

いかがでしたか?お部屋のワンポイントに使えそうなバスロールサイン。物足りない空間に飾ってみるのはいかがですか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

folkの最新情報をお届けします

シェアしよう!

著者

ririna73

ririna73

キレイなもの大好きなワーキングマザーです。心ワクワク、ときめくような記事をお届けします。