照明器具は何を選ぶ?おしゃれなライティングや種類をご紹介♡

お部屋を照らす照明器具はインテリアに欠かせないアイテムですよね。照明器具にはいろいろな種類や効果があり、ライティング方法によってお部屋の印象も変わってきます。光と陰を上手に使った雰囲気のあるおしゃれなインテリアをご紹介します。

公開日:
著者:
照明器具は何を選ぶ?おしゃれなライティングや種類をご紹介♡

照明器具の種類やライティング方法をご紹介☆

お部屋を照らす照明器具はインテリアに欠かせないアイテムですよね。照明器具にはいろいろな種類や効果があり、ライティング方法によってお部屋の印象も変わってきます。

光と陰を上手に使った雰囲気のあるおしゃれなインテリアをご紹介します。

照明器具の種類をご紹介☆

ブラケットライト

照明器具

kaoriiii.1196

壁に取り付けるブラケットライトは玄関や廊下、階段などに使用される事が多く見られる照明器具です。

インテリア雑貨や家具をあまり置けない狭い場所でもブラケットライトで雰囲気をつくりだすことができる優れ物。

デザインも豊富な為、好みのものを探しやすいです。


 

 

ペンダントライト

照明器具2

flymee_official

天井から吊り下げるペンダントライトは、コードやチェーンで好みの長さに調整も可能な照明器具。

主にダイニングテーブルを照らす照明として使用される事が多いメインのペンダントライトです。

お部屋のイメージをつくりあげる重要な照明器具でもありますね。


 

インダストリアルランプ

照明器具3

interiordesignideas

無骨で工業的なインダストリアルランプは、男前でかっこいい空間だけでなく甘めなインテリアにもコーディネートできます。

甘めのインテリアには、スタンドのスチールは細くシェードが浅いものを選ぶ事で、柔らかな雰囲気を残しつつ空間を引き締める効果があります。


 

スタンドライト

照明器具4

株式会社FILE

フロアランプとも呼ばれる床に置いて使うスタンドライトは、間接照明としても人気が高い照明器具。

夜にはメインの照明を消して、スタンドライトの暖かい光でリラックスできる空間にして見ましょう。

スタンドライトを置くだけでもお部屋の印象を変える事ができます。


 

テーブルスタンド

照明器具5

r_jem_k

光の広がりが少ないテーブルスタンドは、主にワークデスクやサイドテーブルに置いて使用する照明器具です。

また、デスクランプとも呼ばれることもあり、形状によっては自由にまげる事ができたり、テーブルの側面に挟む事が可能なクリップ式などもあります。


 

裸電球

照明器具6

hiiroooon

コードにバルブが付いているだけのシンプルな照明器具は、シンプルがゆえに数多く吊り下げてもごちゃついた印象を与えることなく、おしゃれなインテリアを楽しむ事ができます。

今ではエジソンランプの様な美しいフィラメントをLEDで表現されているものも数多くあります。


 

ヴィンテージランプ

照明器具7

kikilala.003

ペンキが剥がれていたり、錆びていたりと時代を経ているヴィンテージランプは、ディテールに拘ったデザインのものが多く、新しいものには決して表現できない存在感と重厚感があります。

ヴィンテージな雰囲気のインテリアだけでなく、現代風なインテリアにもよく合います。


 

マーキーライト

照明器具8

ARTWORKSTUDIO

アメリカのバーやホテル、劇場などの看板で使われていたマーキーライト。おしゃれで可愛いフォルムはDIYでも流行しましたね。

電池式の物も多く持ち運びも簡単にできる為、光が届いていないスペースやシェルフの空いている場所にアクセントとして飾りやすいライトです。


 

ライトチェーン

照明器具9

before_room

ライトチェーンは電池式やタイマー式、電球の大きさや色が付いているものもありバリエーションが豊富な為、多用な使い方が可能な照明器具です。

灯りを灯すだけでなくボトルインやデコレーションに絡ませたり、テーブルランナー代わりなどアイディア次第で楽しめます。


 

ライティング方法をご紹介☆

統一感をだして

照明器具10

flymee_official

いくつかの照明器具をひとつの空間で組み合わせる場合は、ライトの素材やブランド、メーカーを同じもので揃える事で、簡単にワンランク上のインテリアを演出する事ができます。

また、透明感のあるガラスのシェードは優美で上品な印象を空間にもたらしてくれます。


 

光と陰で安らぎの空間

照明器具11

flymee_official

まるでブーケをモチーフにしたかの様なペンダントライト。

インパクトのある照明器具は主に部屋の中心など目がいく場所に飾る事が多く見られますが、あえてお部屋の隅に飾る事で光が壁や物にあたり光と陰を上手く利用したハイセンスな空間を実現できます。


 

動きのある印象

照明器具12

flymee_official

ペンダントライトは長さを調整できる為、バランスよく照明器具の位置を調整し空間に動きをつけてみましょう。

部屋全体が作品の様な印象になりますね。日本の住宅は天井が低い為、少し大きさがある照明器具を並べる場合は3個がベストな数と言えます。


 

ポイント照明

照明器具13

mayukamu18

スポットライトの様にウォールデコレーションに照明をあててインテリアを盛り上げてみましょう。

ウォールデコレーションのイメージと同じ雰囲気の照明器具を取り付けるとハイセンスな印象に。

ブラケットライトが難しい時は、クリップ式照明もおすすめです。


 

ダイニングテーブル照明位置

照明器具14

before_room

ダイニングテーブルの上にペンダントライトを取り付ける場合、テーブルから照明の下の部分までの長さが70cmから80cmが良いとされています。

インダストリアルランプの重厚なペンダントライトやシェードの色が暗い照明は基準より上の方に設置すると圧迫感が無くなります。


 

お気に入りのライティングで居心地の良い空間作り☆

いかがでしたでしょうか?ご紹介した照明器具以外にもまだまだ沢山の種類があります。

ライティング方法やデザインでお部屋に与える印象が決まります。お部屋の雰囲気を変えたい時や家具選びの時は一番最初に照明器具を気にしてお気に入りをみつけてみてください。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告