インテリアに飾りたい!ファッションマガジン《Union》のあるスタイリッシュ空間

おしゃれな方のSNSでも見かけることが多い「Union」(ユニオン)マガジンは、2012年に創刊した東京発のバイリンガル・ファッションマガジン。今回は、そんなUnionマガジンのある素敵な空間にスポットを当ててご紹介いたします。

著者:
公開日:
インテリアに飾りたい!ファッションマガジン《Union》のあるスタイリッシュ空間

モノトーンインテリアを始めスタリッシュな空間にさり気なく置いてある「Union」。

おしゃれな方のSNSでも見かけることが多い「Union」(ユニオン)マガジンは、2012年に創刊した東京発のバイリンガル・ファッションマガジンです。

今回は、そんなUnionマガジンのある素敵な空間にスポットを当ててご紹介いたします。ぜひご覧になって下さいね。

インテリアにもピッタリ《Union Magazine》特集

モノトーンインテリア

モノトーンインテリア

yocchi_now_

モノトーンインテリアのアクセントになるファッションマガジン「Union」は、空間をおしゃれに演出していますね。

2019年秋冬号であるN°15が最新号です。


 

 

モノトーンインテリア2

interior_ami

モノトーンインテリアや北欧インテリアのアクセントとしてよく見かけるUnionマガジン。

人気のため早いうちに売り切れてしまうことも多いですが、希少価値の高いバックナンバーの中には手に入るタイプもあります。


 

モノトーンインテリア3

yocchi_now_

スタイリッシュなモノトーンインテリアのリビングルームに映える、Unionマガジン。

アートやインテリア本のような、クロス貼りハードカバーでできた丈夫な質感もポイントになりますね。


 

モノトーンインテリア4

yocchi_now_

一つ前のリビングルームをクローズアップ。

ブルーグレーのようなくすんだ色合いの表紙が、モノトーンインテリアのアクセントになっていますね。


 

モノトーンインテリア5

__tm_ak__

テレビの横に無造作に積み重ねてあっても様になるUnionマガジン。

左側には北欧発のフラワーベース、オマジオブラックをおいて洗練されたリビングスペースになっています。


 

モノトーンインテリア6

__tm_ak__

床にさりげなく立て掛けてあるだけでも、グンと空間をおしゃれに仕上げていますね。

隣にはオマジオのブラックを並べて、スタイリッシュな空間を演出していますよ。


 

モノトーンインテリア7

momohome500

いつでも飾っておきたい素敵な表紙が特徴的なUnionマガジン。

隣には同じくスタイリッシュな雑誌、アメリカ発のライフスタイル誌「KINFOLK」(キンフォーク)を並べています。


 

モノトーンインテリア8

mari.s.home

ホワイトインテリアに映える、くすんだグリーンのような色合いが魅力的なUnionN°11。

洗練された写真と英語文を眺めているだけでも、優雅なカフェタイムを楽しめそうですね。


 

モノトーンインテリア9

yyuuuurie0616

同じ号でも表紙が数パターンある一面もポイントのUnionマガジン。

表紙のカラーもモノトーンから、こんな風にブラウンやグリーンのようなくすんだ色合いまでバラエティに富んでいます。


 

モノトーンインテリア10

interior_ami

玄関インテリアの壁面にUnionマガジンをアクセントにプラス。

現在公式オンラインショップではソールドアウトになっている2015年発売のマガジンN°7。

インテリアをカッコ良く演出しています。


 

モノトーンインテリア11

interior_ami

一つ前の玄関インテリアをズームアップした様子。

中身も充実しているUnionマガジンは、約200ページほどあるので見所もたくさん詰まっています。


 

モノトーンインテリア12

alinu.h.h.k

Unionマガジンを積み重ねている写真ですが、さり気なく置いてあるだけでも様になりますね。

外観だけでなく中身の充実しているマガジンは、写真集のようなクオリティの高さもポイントに。


 

モノトーンインテリア13

r_jem_k

壁面インテリアにさりげなく立て掛けておくだけでもおしゃれです。

左側には「KINFOLK」マガジンを置いて、スタイリッシュな空間のアクセントになっていますね。


 

中身も見どころいっぱい!

SNSでも見かけることが多く、おしゃれなインテリアの中にさり気なく置かれている「Union」マガジンをクローズアップして、素敵な空間をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

年2回の発刊で、売り切れも早い人気のファッションマガジンです。

公式サイトのオンラインショップでまだ手に入るバックナンバーも見つかるので、ぜひチェックしてみて下さいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告