メモやお絵かき自由自在♪黒板で自分らしいインテリアを目指そう!

黒板を自宅の壁や小物に施すことで、お好みのイラストを描いたりメモにもなるので、機能的でおしゃれな空間作りもできます。 今回はそんな黒板を取り入れた、ワンランク上のインテリをまとめていきます。

公開日:
著者:
メモやお絵かき自由自在♪黒板で自分らしいインテリアを目指そう!

著者名

BONNZE

BONNZE

ファッションからインテリア、DIYまでおしゃれなものが大好き!各ジャンルのトレンドなどや人気アイテムなどを発信できたらと思います。

ワンランク上のインテリアになる黒板

学校などで用いられる黒板は、塗料やシートでお部屋のさまざまな場所に活用できるため、今やおなじみのDIY材料になっています。

黒板を自宅の壁や小物に施すことで、お好みのイラストを描いたりメモにもなるので、機能的でおしゃれな空間作りもできます。

今回はそんな黒板を取り入れた、ワンランク上のインテリをまとめていきます。

黒板をアクセントクロスとして活用

インテリアになる黒板

mackey2480

黒板というと文字やイラストなどを描くためのボードのような活用が一般的ですが、壁紙代わりに活用することでシックな風合いがインテリアにプラスされます。

こちらはキッチンの壁面に黒板シートを施し、アクセントクロスにしています。

木目を中心にしたナチュラルな空間に、シックな風合いがプラスされて落ち着いた雰囲気にまとまります。


 

 

インテリアになる黒板2

naos70

タイル風の壁面には黒板塗料を施して、アクセントクロスに活用しています。

キッチンスペースの一角が落ち着いた風合いになり、レトロなカフェ風空間ができあがっています。


 

インテリアになる黒板3

parade_318

リビングの一角に黒板塗料を使用し、アクセントクロスにした空間。

木目ベースのナチュラルなテイストと、落ち着いた風合いが良くマッチし、シンプルながらもおしゃれな空間にまとまっています。


 

黒板とステッカーでモダンな空間作り

インテリアになる黒板4

lait_chocolat_0305

黒板はチョークを用いてイラストや文字を描きますが、ステッカーを活用するのもおすすめ。

キッチン側の壁面に黒板シートを施したこちらには、レターデザインのステッカーを施しモダンでカジュアルな空間を演出しています。


 

黒板を機能的に活用する

インテリアになる黒板5

mirionrose

壁紙としても活用できる黒板は、アイデア次第で機能的にもなります。

こちらは黒板シートを施し、スケジュール表を描いて予定などを掛けるようにしています。

特にお子さんのいる家庭では重宝しやすい、アイデア性のある黒板の使い方ですね。


 

インテリアになる黒板6

mackey2480

こちらは一部の壁面を黒板ボードに見立て、カレンダー代わりに活用しています。

上部にはフックをつけてお気に入りのレシピなどを見やすく飾っています。


 

黒板を扉に施す

インテリアになる黒板7

lait_chocolat_0305

戸棚の扉部分に黒板を施せば、好きなイラストなどを描いてオリジナリティのある収納が気軽にできます。

こちらはキッチンの戸棚に黒板シートを施しています。

コーヒーのイラストやメニュー表などを描き、カフェ風インテリアの要素にしています。


 

インテリアになる黒板8

xsayo.x

こちらはキッチンの戸棚収納の扉に黒板シートを施しています。

好きな言葉などを書いて、空間に個性的なワンポイントをプラスしています。

また、古材風の素材を用いているので、落ち着いた風合いになっているのもポイントです。


 

黒板で自由度の高い空間を演出

インテリアになる黒板9

haru_matsu

黒板をお部屋に取り入れることで、お子さんの落書きなどがしやすい自由なスペースを作りやすいです。

こちらはリビングに大きな黒板ボードを設置し、お子さんの落書きができる空間を演出。

シンプルな空間に遊び心をプラスできています。


 

インテリアになる黒板10

_yu_ko.a.r

壁面収納にびっしりと本を収納した空間。

お子さんの勉強机のその場に黒板シートを施した棚を置き、落書きができるスペースを作っています。

木目を活かしたナチュラル系の空間に、マットな質感やポップな風合いがプラスされておしゃれな空間にまとまっています。


 

黒板で多様性のあるインテリアを楽しむ

黒板はシートや塗料などを活かして、お部屋のさまざまなスペースに利用できます。

アクセントクロスとしても活用できたり、チョークで思い思いの物を描いて自分らしいインテリア作りも叶います。

ぜひ黒板で、多様性のあるインテリアを楽しんでいきましょう。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告