壁を傷付けずに飾る方法は?ポスターのおしゃれな飾り方

インテリアの一環としてポスターなどのアートをおしゃれに飾りたいという人も多いはず。しかし、賃貸だと極力壁に穴を開けたりせずにポスターを飾りたいところだ。ポスターを見栄え良く飾るためには、どのようなコツがあるのだろうか。

公開日:
著者:
壁を傷付けずに飾る方法は?ポスターのおしゃれな飾り方

著者名

REISM Style

REISM Style専門家

REISMは、リズム株式会社が運営するリノベーション賃貸のブランド。「住む人」のニーズを捉えたルームコンセプトと本物の素材にこだわり、中古不動産をバリューアップ。住空間に触発されてライフスタイルをつくる楽しさをご提案しています。

壁を傷付けずに飾る方法は?ポスターのおしゃれな飾り方

ポスター おしゃれ 飾り方

インテリアの一環としてポスターなどのアートをおしゃれに飾りたいという人も多いはず。しかし、賃貸だと極力壁に穴を開けたりせずにポスターを飾りたいところだ。ポスターを見栄え良く飾るためには、どのようなコツがあるのだろうか。

今回は、ポスターの飾り方の基本に加えて、おしゃれな飾り方や、壁やポスターを傷付けずに貼るテクニックも見ていこう。

 

 

基本的なポスターの飾り方

まずは、ポスターを飾る前に決めておきたい、「飾る空間・場所」「飾る高さ」「ポスターの壁面に対するボリューム」について見ていこう。

 

飾る場所の決め方

第一に、ポスターを家の中のどの空間に飾りたいのかを考えてみよう。

・過ごす時間が長いリビング

・家に入って最初に目が行く場所

・特に殺風景だと思う場所

このように、飾りたい空間や場所によって、そのポスターのサイズは問題ないかということや、飾り方も変わってくる。

 

フォーカルポイントを決める

ポスター おしゃれ 飾り方2

ポスターを飾りたい空間が決まったら、ポスターの見せ場ともなる「フォーカルポイント」を決めていこう。

フォーカルポイントとは、視線が最も集まる見せ場のこと。一般的にはソファやベッド、棚といった壁に沿って置かれる家具の上に設定することで、バランスがとれるといわれている。

ポスターを飾りたい場合、次のような場所がフォーカルポイントとして設定しやすいだろう。

・リビングのソファの後ろの壁

・ベッドの頭上の壁

・チェストなどの家具の後ろの壁

・玄関の正面の壁

また、廊下や階段の壁にポスターを飾れば、ギャラリーのような空間の演出も可能だ。

 

目線の高さに合わせる

ポスターや絵、写真などを飾る高さは、「目線に合わせる」ことが重要。美術館などでは、絵やパネルの中心部が「床から140~150cmの高さ」になるように展示されており、これは鑑賞者の平均的な目線の高さとされている。

自宅にポスターや絵を飾る場合もこの考え方は有効なため、ポスターを壁に飾る際は、高さも意識してみよう。

 

壁面に対するポスターのボリュームを考える

ポスター おしゃれ 飾り方3

飾るポスターをこれから決めるのであれば、ポスターの壁面に対するボリュームも考えてみよう。

まず、壁面に対して50%程度を占める大きなボリュームのポスターや、複数枚のポスターを飾る場合、大胆で華やかな印象になる。モダンな雰囲気を演出したい場合にもおすすめだ。

反対に、壁面に対して20~30%程度のボリュームであれば、シンプルでカジュアルな印象となる。落ち着いた静かな空間を演出したければ、ポスターのボリュームも抑えたほうがいいだろう。

 

ポスターのおしゃれな飾り方

ここからは、ポスターをおしゃれに飾る4つの方法を見ていこう。

 

額縁に入れる

ポスターを額縁に入れてしまえば、簡単に、おしゃれに飾ることができる。複数のポスターや絵を飾る際は統一感を出せるし、高級感を演出したい場合にも◎。ポスターを傷付けたり、汚したりする心配も不要だ。

飾りたい物が複数ある場合は、同じ色か同系色の額縁にすることがポイント。また、ポスターの絵柄を邪魔しないように、額縁は太すぎない物を選ぼう。

 

飾る枚数によって飾り方を変える

ポスターを複数枚飾るか、1枚だけ飾るのかによっても、飾り方のポイントが変わってくる。

 

・複数枚飾りたい場合

複数のポスターを飾りたいのであれば、漫画のコマを意識して、たくさん飾ってみるとおしゃれな空間に。窮屈な印象にならないよう、ポスター同士のスペースも意識してほしい。

飾るポスターのサイズが異なる場合は、上下のいずれかをそろえたり、中心線をそろえたりすることで統一感を出せるはず。

 

・1枚だけ飾りたい場合

1枚だけ飾るなら、簡単にシンプルな空間が演出できる。家のどの空間でも飾りやすく、整頓された印象となるだろう。アクセントとしても活用できるので、部屋全体が引き締まるはず。

模様替えなどでポスターを変えたいときも、手軽にできるというメリットもある。

 

貼らずに置く

ポスター おしゃれ 飾り方4

場所的に壁に直接貼ることが難しかったり、壁を傷付けたくない場合は、ポスターを額縁に入れたり、パネルに貼ったりした物を「置いて飾る」方法もおすすめ。

壁だけでなく、床や飾り棚の上など、ポスターを飾れる場所の選択肢がぐっと広がるだろう。お気に入りのインテリアや雑貨と合わせて飾ってもOK。

 

インテリアの色合いを考慮する

ポスターをインテリアとして意識したいなら、室内の家具や飾る場所の雰囲気を考慮することも大切。飾る場所の壁や床、家具の色のいずれかと、ポスター全体の色合いを合わせると、まとまった雰囲気を出すことができる。

反対に、ポスターをその空間のアクセントとして飾りたいならば、壁や家具とは反対の色合いの物を選んでみよう。

 

壁を傷付けたくないならマスキングテープを使おう

賃貸物件で、壁に画鋲で穴を開けたりしたくない場合は、マスキングテープで貼ってみるのも◎。マスキングテープならばきれいにはがせる上、ポスターそのものも傷付けずに貼ることができる。

マスキングテープは色も柄もバリエーションが豊富だが、ポスターを目立たせたいのであれば、無地やシンプルな模様の物が◎。また、複数枚のポスターを貼る際は使うマスキングテープも統一して、散らかった印象にならないようにしたい。

 

ポスターを飾って自分だけのギャラリーに!

ただお気に入りのポスターを飾っただけでは浮いた印象となってしまうなど、ほかのインテリアと調和させることが難しいポスターも、飾り方を工夫することでギャラリー風の部屋にしたり、その空間のアクセントにしたりすることができる。

額縁や飾り棚なども活用して、ポスターを使ったワンランク上のおしゃれな部屋づくりに挑戦してみよう。

 

RELATED POSTS 関連の記事

 

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告