LDKをおしゃれにしたい!I型レイアウトとL型レイアウトのインテリア実例

今回は、Iの字型のレイアウトと、L字型レイアウトという2タイプをピックアップしてみました。それぞれの実例を見てみると、家具の配置の向きや照明器具の選び方などでおしゃれなLDKインテリアを楽しむことができるようです。

著者:
公開日:
LDKをおしゃれにしたい!I型レイアウトとL型レイアウトのインテリア実例

おしゃれなLDK

おしゃれなインテリアでまとめているLDK実例をご紹介します。今回は、Iの字型のレイアウトと、L字型レイアウトという2タイプをピックアップしてみました。

それぞれの実例を見てみると、家具の配置の向きやアクセントウォールの取り入れ方、照明器具の選び方などでおしゃれなLDKインテリアを楽しむことができるようです。是非参考にしてみてください。

I型レイアウトのおしゃれなLDK

ゆるやかなゾーニングがされたLDK

ゆるやかなゾーニングがされたLDK

まずは、キッチン、ダイニング、リビングの3つのエリアがI字型に並んでいるレイアウトから見ていきましょう。こちらは、リノベーションで誕生した、白い壁と天井に囲まれた明るいLDKです。

キッチンは二列型で、シンクとつながったダイニングテーブルカウンターをしつらえ、省スペースに。リビングとのゆるやかなゾーニングがおしゃれです。

 

 

メリハリを付けたゾーニングのあるLDK

メリハリを付けたゾーニングのあるLDK

I型に並んだLDKレイアウトは、キッチンの仕切りがおしゃれな空間のポイントです。すべてをオープンにするのではなく、カウンターや下がり壁を設ける事で、キッチンエリアを少し隠してメリハリを付けています。

ダイニングセットは2人用のコンパクトタイプをチョイス。そのかわり、ソファはたっぷりとした大きめのレザーソファを選んでいます。

 

アクセントウォールのあるLDK

アクセントウォールのあるLDK

シンプルな白い空間ですが、向かって左手の壁がアクセントウォールになっているLDKです。凹凸感のある壁面は真っ白にペイントされていますが、微妙な陰影が生まれおしゃれ度が高い空間を演出しています。

天井に埋め込まれたシンプルな照明と、3つ並んだペンダントライト、ニッチなスペースにあしらわれたライトと、照明の選び方にもセンスを感じます。

 

異素材ミックスのLDK

異素材ミックスのLDK

キッチンの壁面は、サブウェイタイルが貼られています。アクセントウォール的な役割も果たしているのでしょう。

ダイニングエリアとのゾーニングにも活躍しているキッチンカウンターの側面には、ヘリンボーン風に板があしらわれています。異素材をミックスさせながらおしゃれ度の高い空間をしつらえています。

 

中庭が見えるLDK

中庭が見えるLDK

戸建て住宅の場合、LDKからお庭や中庭が見えるつくりも人気があります。こちらのI型レイアウトのLDKでも、ダイニングエリアに面した窓から中庭が見える配置になっています。

窓からの採光も十分に取れるので、お食事タイムやカフェタイムも明るく過ごす事ができそうです。ソファの背をキッチンダイニング側に向けた配置は、リビングエリアでの視線をテレビ側に集中させます。

 

L型レイアウトのおしゃれなLDK

色でコントラストを付けるLDK

色でコントラストを付けるLDK

続いては、L型のレイアウトで作られたおしゃれなLDKを見ていきましょう。こちらは、リビングエリアとダイニングエリアが横に並び、ダイニングエリアの奥にキッチンエリアが配置されているLDKです。

白い柱が、ゾーニングのおしゃれなアクセントとして効いています。フローリングや家具は明るい白木。対して、LDKに入るドアやキッチンカウンターの側面はネイビーです。

 

アクセントシーリングのあるLDK

リビングエリアとダイニングエリアがタテに並び、ダイニングの左横にキッチンエリアが並んでいるL型レイアウトのLDKです。

リビングエリアはグレーのタイルを基調に、ソファもグレーのL型をセレクト。クッションには黒も入れてシックな雰囲気にまとめています。

ダイニングの壁は、ダークブラウンの板壁をアクセントウォールにして、おしゃれ度をアップ。斜めの天井もおしゃれなアクセントに。


 

テーブルと一体化したキッチンカウンター

テーブルと一体化したキッチンカウンター

キッチンカウンターとダイニングテーブルが一体化しているデザインです。キッチンカウンターの側面部分にもダイニングテーブルから延長したカウンターがつながっているので、ワークスペースとして活用したり植物のデコレーションを楽しんだりできそうです。

キッチンの壁は人気の高いダークグレーにペイントし、落ち着きのあるアクセントウォールにしています。

 

ディスプレイ収納スペースがあるLDK

ディスプレイ収納スペースがあるLDK

続いてご紹介するのは、ロッドシダーをふんだんに使用したぬくもり感のあるLDKインテリアです。リビングエリアのアクセントウォールは、グレーがかかった色味の板壁。

将来的には、こちらの壁を背中にしてテレビが設置されるのではないでしょうか。キッチンカウンターのダイニングエリア側には、雑誌や絵本をディスプレイ収納できるバーが取り付けられています。

 

狭小住宅のLDK

狭小住宅のLDK

こちらは、いわゆる狭小住宅と呼ばれる小さな戸建て住宅のLDK実例です。キッチンは独立したスペースではなくオープンなしつらえにしてスペースを確保。

直線的なキッチンは、できるだけ凹凸をなくしたデザインにしています。リビングエリアのソファとダイニングエリアのテーブルセットが隣同士に配置されていますが、どちらも落ち着いた色味の家具を選んで、雰囲気を近づけているようです。

 

おしゃれなLDKにしよう!

おしゃれにしつらえたLDKを、I型レイアウトとL型レイアウトに分けてご紹介しました。スペースのゾーニングによって、さまざまな表情を演出することができます。

もちろん、家具や建具の色や素材、デザインの選び方によっても雰囲気は異なるでしょう。ご自宅のLDKレイアウトに合わせて、おしゃれなインテリアテクニックを取り入れる参考にしてみて下さい。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告