足元から旬UP♪大人女子は「ローファー」できれいめカジュアルにキメよう

この秋冬で人気が復活してきているのが、トラッドな「ローファー」。カジュアルになり過ぎず、秋冬のきれいめカジュアルにアップデートできるのでおすすめアイテムです。今回は、ローファーのタイプに合わせた着こなし例をご紹介したいと思います。

公開日:
著者:
足元から旬UP♪大人女子は「ローファー」できれいめカジュアルにキメよう

この秋冬で人気が復活してきているのが、トラッドな「ローファー」。スニーカーほどカジュアルになり過ぎず、バレエシューズのように甘さがなく、きちんと感がありながらも程よい抜け感が出るところが新鮮です。

この秋冬のきれいめカジュアルには、注目のローファーで今年らしくアップデートするのが断然おすすめ。今回は、ローファーのタイプに合わせた着こなし例をご紹介したいと思います。

ローファーを合わせたきれいめカジュアルコーデ例

ローファー×スカートのコーデ

[AMERICAN HOLIC] ソフトローファー

[AMERICAN HOLIC] ソフトローファー

3,839円

フェミニンな花柄のロング丈スカートは、トラッドなローファーを合わせたテイストMIXが今年らしいスタイル。

細目のシルエットのローファーは足をシュッと見せてくれて、女性らしいムードもしっかりキープ出来ます。

 

 

[nano・universe] 【WEB限定】ローファー

[nano・universe] 【WEB限定】ローファー

6,600円

カットソー素材のアウター×デニムスカートのカジュアルな着こなし。

足元にツヤ感のあるローファーを合わせると、大人っぽさとコーデの高見え力がぐっと増します。

ビットのないシンプルなデザインなので、ローパンプス感覚で履きこなせます。

 

[Discoat] ビット付きローファー

[Discoat] ビット付きローファー

5,390円

ベージュ×マスタードの明るめのコーデを、キリっと引き締めてくれる黒のローファー。

パンプスを合わせると甘めになるところを、ローファーだときれいめをキープしてくれます。

こなれ感のしゃれ感の高いカジュアルコーデに着地します。

 

ローファー×スカートのコーデ

黒ほど色が強くないブラウンのローファーは、コーデを優しげな雰囲気に仕上げたいときにぴったりなアイテム。

ハンサムなデニムシャツにはナチュラル感のあるブラウンのローファーで、端正かつ女性らしい抜け感を作るのがおすすめです。


 

[URBAN RESEARCH] フェイクレザービット付きローファー

[URBAN RESEARCH] フェイクレザービット付きローファー

7,040円

グリーンのカーディガンが主役のフェミニンな着こなしには、色がしっくり馴染むブラウンのローファーがベスト。

きちんと感のあるビット付きローファーで、リラックスしたカジュアルコーデもお出掛けスタイルに見違えります。

 

[FREAK'S STORE] 【WEB限定】MIO NOTIS/ミオノティス タッセルローファー

[FREAK’S STORE] 【WEB限定】MIO NOTIS/ミオノティス タッセルローファー

8,690円

ツヤ感のあるエナメルのローファーは、ウールやニット素材でほっこりしがちな秋冬コーデにキレを加えるのに効果大。

タッセル付きならコーデに立体感も生まれるので、表情豊かな印象に仕上がるところもグッドです。

 

[AMERICAN HOLIC] ソフトローファー2

[AMERICAN HOLIC] ソフトローファー

3,839円

シンプルな細身の黒ローファーは、きれいめにもカジュアルにも合わせやすいところが魅力。

ダークトーンのコーデは、のっぺりして見えがちですが、ローファーのツヤ感のアクセントが◎。

奥行きのある気こなしが手に入りますよ。

 

ローファー×ワンピースのコーデ

[SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH] ソフトエコレザービットローファー

[SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH] ソフトエコレザービットローファー

4,290円

女性らしいとろみ素材の花柄ワンピースを、きれいめにカジュアルダウンさせるのにローファーが効果的。

肩掛けしたコーデュロイ素材のシャツとも相性がいいです。

甘辛のバランスがとれたこなれ感たっぷりの着こなしに仕上がります。

 

ローファー×ワンピースのコーデ

裾がギャザーの切り替えになった甘めの花柄ワンピースも、ローファーの端正な表情で辛めの印象にシフトします。

地味見えしがちなブラウンコーデは、黒アイテムで引き締めるときりっとした大人っぽい印象に着地します。


 

[Odette e Odile] OID ビットローファー FLT15↓↑

[Odette e Odile] OID ビットローファー FLT15↓↑

20,900円

スウェットワンピースはスニーカーでカジュアルにキメがちですが、トラッドなローファーを合わせると◎。

リッチ感のある大人コーデに格上げされます。

斜め掛けしたバッグの黒い縁取りと足元の黒で、統一感が出てバランス良く仕上がります。

 

ローファー×デニムのコーデ

[Odette e Odile] OID ビットローファー FLT15↓↑2

[Odette e Odile] OID ビットローファー FLT15↓↑

20,900円

白シャツ×スキニーデニムのシンプルコーデ。

品のあるレザー素材のビット付きローファーで、リッチカジュアルな大人スタイルへの格上げが叶います。

ハンサムコーデは手首や足首に抜け感を出し、女っぽさを入れるのがしゃれ見えするコツです。

 

 

[AMERICAN HOLIC] ソフトローファー3

[AMERICAN HOLIC] ソフトローファー

3,839円

淡色のワントーンのコーデは、黒のローファーでコーデを引き締めるのが効果的。

エナメル素材の光沢感のある黒ローファーで、シンプルなカジュアルコーデを格上げ!

大人顔のきれいめスタイルに導いてくれます。

 

[JELLY BEANS] コインローファー(204-2438)JELLY BEANS(ジェリービーンズ)

[JELLY BEANS] コインローファー(204-2438)JELLY BEANS(ジェリービーンズ)

8,030円

定番アイテムのデニムは、トレンドカラーのブラウンのアイテムを合わせることで鮮度がアップ。

足元は程よいきちんと感とカジュアルさを併せ持つローファーです。

大人のきれいめカジュアルに仕上げるのがおすすめです。

 

[SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH] ソフトエコレザービットローファー2

[SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH] ソフトエコレザービットローファー

4,290円

トレンドのニュアンスカラーでまとめたデニムスタイルです。

あえて白ソックスのアクセントで着こなしの明度を上げるのも一手です。

全身のコーデの色に統一感があるので、悪目立ちすることなく清潔感が増した印象が手に入ります。

 

[Odette e Odile] OID ビットローファー FLT15↓↑2

[Odette e Odile] OID ビットローファー FLT15↓↑

20,900円

黒ローファー×白ソックスは、色のコントラストがはっきりしているので、ともすると野暮ったく見えがち。

パーカーの裾から白トップスをちらっと見せる技ありの着こなしです。

全身のバランスの取れたおしゃれな雰囲気のコーデに仕上がります。

 

ローファー×パンツのコーデ

ローファー×パンツのコーデ

旬顔のレオパード柄のローファーは、シンプルなきれいめコーデのマンネリ打破に効果的。

派手見えしがちなレオパード柄も、端正なローファーなら女っぽくなりすぎないので、オンオフ問わずにコーデに取り入れやすいはず。


 

[AMERICAN HOLIC] ソフトローファー4

[AMERICAN HOLIC] ソフトローファー

3,839円

ハンサムなモノトーンコーデに合わせるのにぴったりな黒のローファー。

上品なつや感のある素材なら、女性らしさとおしゃれな存在感がアップします。

履き心地は楽ちんなのに、きちんと見えするところも優秀です。

 

[JOURNAL STANDARD] 【PASCUCCI/パスクッチ】タッセルローファー◆

[JOURNAL STANDARD] 【PASCUCCI/パスクッチ】タッセルローファー◆

23,100円

タッセル付きのトラッドなローファーは、メンステイストなきれいめコーデと好相性。

アッパーがすっきりした細めのタイプなので、洗練された女性らしい雰囲気に仕上がるところがグッドです。

 

[GLOBAL WORK] 【抗菌防臭】シナヤカフィットローファー/843401

[GLOBAL WORK] 【抗菌防臭】シナヤカフィットローファー/843401

4,950円

きちんと見えする黒のローファーは、ハンサムなカジュアルコーデを、大人っぽい印象にしてくれるアイテム。

ゴールドのビット付きをチョイスして、ダークトーンのコーデにさり気ないアクセントを効かせるのがポイントです。

 

[URBAN RESEARCH DOORS] スエードローファー

[URBAN RESEARCH DOORS] スエードローファー

11,000円

旬な淡色ワントーンコーデに合わせるのにマストなブラウンのローファー。

スウェード素材なので柔らかな雰囲気が漂うのが魅力です。

白デニムに合わせたきれいめな着こなしは、大人の余裕が漂うワンランク上のカジュアルコーデに仕上がります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?履きやすいて歩きやすいのにきちんと感があるローファーは、普段からお出掛けまで幅広く活躍してくれます。

いつものスタイリングにローファーを合わせただけでも、着こなしが新鮮な雰囲気に変わるはず。

カラーや素材の種類、ビットの有り無しでも印象がだいぶ変わってくるので、ぜひ自分のスタイリングに合うお気に入りの1足を見つけて下さいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
内容について運営スタッフに報告