オシャレはサイズが重要!『マルチサイズ』で選べる人気ブランド秋服15選

2019年からZOZOTOWNで、人気ブランドの一部の服がマルチサイズから選べるようになりました。ここでは、より自分の体型にフィットしやすいマルチサイズ仕様になった人気ブランドの秋服をご紹介します。

公開日:
著者:
オシャレはサイズが重要!『マルチサイズ』で選べる人気ブランド秋服15選

著者名

amenoyume

amenoyume

アパレルのバイヤーを経て、現在はweb媒体でファッション記事を執筆しています。気になるトレンドやコーデを発信していきます。

おしゃれに見せるコツの1つとして重要視しているのが服の”サイズ感”。スタンダードなトップスやパンツでも、体型に合っていればそれだけでおしゃれに見せることができます。

従来の通販で服を買う時は、S・M・Lといった大まかなサイズからしか選べないため、サイズ感にこだわるのはやや困難でした。

ですが、2019年からZOZOTOWNで、人気ブランドの一部の服がマルチサイズから選べるようになりました。ここでは、より自分の体型にフィットしやすいマルチサイズ仕様になった人気ブランドの秋服をご紹介します。

トップス

【JOURNAL STANDARD】ボトルネックリブプルオーバー

【JOURNAL STANDARD】ボトルネックリブプルオーバー

程よくフィット感のあるボトルネックニットは、袖周りがピタッとしているとインナーのように見えてしまうことも…。まさにサイズ選びが要のアイテムです。

間隔広めのマルチボーダーなので、1枚で着てもトップスとしての存在感を十分に発揮します。


 

 

【JOURNAL STANDARD】バスクボーダーパフプルオーバー

【JOURNAL STANDARD】バスクボーダーパフプルオーバー

すっきりとしたボートネック&ボーダー柄とキュートなパフ袖のギャップがポイントのカットソー。

袖にボリュームがあるので、単純にスキニーパンツと合わせてもコーデが決まります。旬を意識した黒×ベージュの配色もおしゃれです。


 

【SLOBE IENA】Vネックプルオーバー

【SLOBE IENA】Vネックプルオーバー

プライベートだけでなく、オフィスコーデにも活躍するシンプルなVネックプルオーバー。

少し深めのVネックラインが、抜け感ある女性らしさを演出します。着回し力大なので、色違いで揃えておきたいアイテムです。


 

コート

【JOURNAL STANDARD relume】ウールノーカラーコート

【JOURNAL STANDARD relume】ウールノーカラーコート

マフラーやストールとも合わせやすく、インナーコーデを引き立たせてくれるノーカラーコート。

無駄な装飾のないシンプルなデザインだからこそ、あらゆるシーンで活躍します。

ウール素材なので、防寒性も高く、リッチ感あるコートスタイルにしてくれます。


 

【SLOBE IENA】シングルモッサロングコート

【SLOBE IENA】シングルモッサロングコート

ビッグカラーが、ハンサムかつ、きちんとした印象を与える『SLOBE IENA』のロングコート。

パンツスタイルに羽織ってハンサムに着るのも素敵ですが、ロマンティックな花柄ワンピースとのミックス感ある組み合わせもおすすめです。


 

パンツ

【JOURNAL STANDARD relume】ボタンフライテーパードデニム

【JOURNAL STANDARD relume】ボタンフライテーパードデニム

脚長効果抜群のハイウエストのデニムパンツ。特徴的なボタンデティールなので、無地ニットとのワンツー・コーデでも鮮度高めな着こなしに。

ハイウエストデニムは、どうしてもウエストが細くなってしまうので、マルチサイズだと安心です。


 

【JOURNAL STANDARD relume】ミリタリークロスベイカーパンツ

【JOURNAL STANDARD relume】ミリタリークロスベイカーパンツ

『JOURNAL STANDARD relume』の売れ筋ボトム・ベイカーパンツもマルチサイズで選べるようになりました。

ハイウエストで足首に向かって細くなるテーパードシルエットなので、脚長&ほっそりスタイルに導いてくれます。

カーキのベイカーパンツは、少し辛口なスタイルに。


 

【SLOBE IENA】ワイドパンツ

【SLOBE IENA】ワイドパンツ

きちんと感あるコーデにしてくれるタック入りのワイドパンツ。お仕事コーデに活躍するシックなネイビーカラーです。

シアー感あるブラウスを合わせると、ちょうどいい甘辛バランスになります。


 

【JOURNAL STANDARD】ポンチレイヤードボトム

【JOURNAL STANDARD】ポンチレイヤードボトム

今季トレンドのパンツ×スカートのレイヤードスタイルを1着に詰め込んだ『JOURNAL STANDARD』のポンチレイヤードボトム。

スカート部分のは深いサイドスリットが入っているので、野暮見えせず軽やかに着こなせます。

オーバーサイズのニットやジャケットとゆるく合わせるのが、今季らしいバランスです。


 

スカート

【SLOBE IENA】サイドポケットスカート

【SLOBE IENA】サイドポケットスカート

秋冬にマストなウール調のミモレ丈タイトスカート。

フロント部分にさりげなくスリットが入っているので、足さばきも良く、抜け感も演出します。ネイビーカラーなら、オンにもオフにも使えます。


 

 

【JOURNAL STANDARD】チェック柄タイトスカート

【JOURNAL STANDARD】チェック柄タイトスカート

秋は、トラッドなチェック柄スカートもチェックしておきたいところ。コーデに取り入れるだけで、秋気分を盛り上げてくれます。

『JOURNAL STANDARD』のチェック柄タイトスカートは、控え目な柄感とすっきりとしたIラインシルエットがポイントです。

大人の女性にふさわしいシックな秋コーデに仕上げてくれます。


 

【JOURNAL STANDARD】デニムベイカースカート

【JOURNAL STANDARD】デニムベイカースカート

デイリーコーデに使いやすいデニム素材のタイトスカート。

デニムの色は濃いインディゴブルーなので、カジュアル過ぎず、きれいめに着こなすことができます。

自分の体型にフィットしたものを選ぶことで、ニットやTシャツを合わせた単純コーデも決まりやすくなります。


 

ワンピース

【JOURNAL STANDARD relume】ロングシャツワンピース

【JOURNAL STANDARD relume】ロングシャツワンピース

ワンピースとしてだけでなく、少し肌寒くなった時にコート代わりとして羽織れるシャツワンピース。

朝昼の気温の変化が顕著な秋に、ライトアウターとして持っておくのもおすすめです。

また、羽織りやワンピース以外にも、袖を腰に巻いてスカートとして着る方法もアリ。アレンジ自在でコーディネートの幅を広げてくれるアイテムです。


 

【JOURNAL STANDARD relume】ロングスウェット2WAYワンピース

【JOURNAL STANDARD relume】ロングスウェット2WAYワンピース

休日のリラックスコーデにマストなロングスウェットワンピース。

足首まであるロング丈ですが、裾からチラッとデニムを見せることで、今季らしい鮮度の高いレイヤードスタイルに。

前後2Wayで着ることができ、印象を変えることができるのも嬉しいポイントです。


 

【earth music&ecology】バックリボンワンピース

【earth music&ecology】バックリボンワンピース

ウエストをキュッと絞った『earth music&ecology』のきれいめワンピース。

こういったメリハリのあるシルエットのワンピースこそ、サイズ選びがキーポイントになります。

ベージュカラーのふんわりとしたワンピースは、上質な存在感を放つバッグと大ぶりピアスでアクセントをきかせて。


 

サイズにこだわっておしゃれ上級者に♪

この秋のおしゃれは、凝ったデザインの服よりも、まず自分の体型にあったサイズ選びからはじめてみませんか?

いつものニットやTシャツを合わせただけなのに、グッとおしゃれに見えるはずです。ZOZOTOWNのマルチサイズ対応服を、ぜひチェックしてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告