おうちカフェタイムに♡おすすめの北欧食器まとめ16選♩

春ですね。おうちの春のカフェタイムをしてみませんか?北欧食器には、春に似合う色柄のものがたくさんあります。長い冬を快適に過ごすために生み出された使いやすくて美しい食器たち。そんなお気に入りの北欧食器で、春のカフェタイムを楽しみましょう♡

2016/03/17 更新
著者:
おうちカフェタイムに♡おすすめの北欧食器まとめ16選♩

そろそろ春。寒さもゆるみ出す季節です。春らしいテーブルコーデで、おうちでカフェタイムしてみませんか?北欧食器には、春に似合う色柄のものがたくさんあります。長い冬を快適に過ごすために生み出された使いやすくて美しい北欧の食器たち。冬のあとの春を楽しむために、お気に入りの北欧食器で、春のカフェタイムをごいっしょに作りましょう♡


 

春のおうちカフェごはんも少しご紹介しています♡春のテーブルコーデにご参考いただけたら幸いです☆


 

広告

 

おすすめの北欧食器まとめ16選♩

マリメッコ/プケッティ

一足お先に春爛漫♡こちらのピンクの小花柄は、マリメッコの「プケッティ」というデザインです。「花束」という意味で、まさにテーブルにふわっとピンクの野花が咲いたように見えますね♡カッティングボードは天然無垢材専門の木工家、小沢賢一さんの作品です。北欧食器と相性のよいボードで、インスタグラムの北欧食器コーデによく登場します。クルミ材の削り跡がさざ波のように美しいですね。


 

アラビア/プリマベーラ

こちらはアラビア社の「プリマヴェーラ」です。「春」という 意味です。その名のとおり、畑の土と緑の葉から、みずみずしいイチゴがのぞいている感じがしませんか。春におススメのデザインです♡


 

グスタフスベリ/スピサ・リブ

こちらはグスタフ・スベリ社の「スピサ・リブ」シリーズです。❝食べる棒❞という意味なんです☆ まさにチョコレートの棒のようなパターンですよね。そのためチョコレートやブラウン系のスイーツと相性ぴったりなんです。暖かくなりかけた春の大地のようなほっこりした雰囲気です。


 

 

ロールストランド/アネモン

右側中央のプレートはロールストランドの「アネモン」です。柔らかなチョコレート色のアネモネの花が、点描を集めたように描かれているのです。そのため穏やかで繊細な雰囲気で年代を問わず人気のシリーズです。カッティングボードはやはり小沢賢一さん。ブラウン同士なのでとてもよく似合いますね。


 

イイホシユミコ

大人気のイイホシユミコさんのプレートです。お皿がスイーツみたいで見ているだけで楽しいですね☆のっているのはそれぞれ「ほうじ茶生チョコレート」とパティシエ エスコヤマの「幸せのボタン」。春の温かくピュアな雰囲気をもつ器に、若草のようなチョコレートがよく似合います♡


 

ミナペルホネン

こちらのお皿はちょっと珍しいイッタラとミナペルホネンのコラボです。カップ&ソーサー、トリプレート(カトラリー置き)はイイホシユミコ。パステルカラーがやさしい、春らしいテーブルです♡


 

アラビア/ブラックパラティッシ

春だけどブラック!ちょっとそのダークな魅力をご紹介しましょう♩ブラックの中でとてもよく映えている、たっぷり具の入った「沼さんサンド」。紫キャベツが思いきり春らしいですね♡


 

こちらはフランスパンのフレンチトーストです。雪を分けて顔を出したイチゴのように赤が映えて春らしく、白黒赤のコントラストで美しいテーブルを作っています。


イッタラのティーマ

ティーマに雪見大福!というびっくりのコーデ。ブラックのティーマだからこそすばらしい取り合わせになりました。イチゴをそえるとやはり3色のコントラストがみごとですね☆


 

 

アラビア/カルタノ

アラビア社のカルタノシリーズのプレートです。カルタノとは「農園」の意味で、線とドットは畑の様子をあらわしています。その抽象形は内外で評判となりましたが、❜76までのわずか3年という短期間の製造で、たいへんな稀少品ともなりました。そう考えると、春浅い季節のピュアな畑のようで、のせたスイーツがとても愛おしく感じられますね。きゃしゃでスタイリッシュなカトラリーはデンマーク王室でも使われているカイ・ボイスン社製。こちらもたおやかな春の季節にぴったりなカトラリーですね。


 

ロイヤルコペンハーゲン

ブルーフルーテッド  プレイン

ブルーフルーテッドプレインは、デンマークの製造元のロイヤルコペンハーゲン工房といっしょに産声を上げました。そのため実に240年という由緒あるパターンで、現在でもすべてのブルーフルーテッドの裏に、「NO.1」の番号が書き込まれるそうです。パターンは古い中国のパターンがもとだそう。たしかにオリエンタルな趣を感じますよね。現在までオール手描きで、プレート1枚につきなんと1,197回も絵筆を動すという繊細な作業が必要だとか。そんな工程を経た繊細な図柄は、まるで春のつる草の芽吹きのようです。春先のお茶会にぴったりですね♡


 

ブルーフルーテッド  メガ

こちらはブルーフルーテッド メガ。上のプレインの図柄を現代ふうにアレンジしたパターンです。アレンジしたのは、なんと社に飛び込みで提案にきたデザイン学校の生徒。そのためまだ10年という若い図柄ですが、すでにロイヤルコペンハーゲンを代表するパターンのひとつとなっています。そんなブルーのフレッシュなパターンは、春の爽やかな空気によく似合いますね。このセットを囲んだら、知らない間に会話が弾んじゃいそうです♡


 

おうちカフェごはんにおススメのプレート

イイホシユミコのプレート

スイーツだけでなく、おうちカフェごはんにも北欧食器はよく似合うんです☆いくつかご紹介しますね♡こちらはイイホシユミコさんのブレート。清潔感があり、ぜんたいに平たいのでワンプレートにぴったりです。白はお料理も映えます。丁寧な存在感があって、朝食で元気をもらえそうな一皿ですね。


 

eeva オーバルプレート

こちらは、何だか懐かしいようなちょっと不思議な感じがしませんか。「eeva」といって、アラビアのパラティッシの柄のないプレートなんです。スコープさんというサイトの企画で40年ぶりに復刻されました。パラティッシの柄なしバージョンという貴重さからか、ふつうの白いお皿より格段に品良く見えるプレートです。朝食のワンプレートに何をのせてもしっくりと受けとめてくれる、そんな雰囲気のいまオススメの1枚です。


 

プレート全体に何ともいえないかわいらしさがありますよね。


 

ロールストランド社/クリナラシリーズのプレート

ロールストランドのクリナラシリーズのプレートです。華やかで美しい柄なので、ワンプレートに使いづらい印象もありますが、料理でなく柄を主役にした色合いでコーディネートすれば、とても美しく春らしい朝食のワンプレートになります。絵柄の色を料理に取り入れると、お互いに邪魔にならずにまとまりますね。


 

イッタラ/ティーマ

ティーマのブラックです。春にはちょっとと思われるかもしれませんが、料理が映え、まるで萌え出た緑のようにみずみずしく見えます。1日の始まりにスタイリッシュな気分も味わえます。カップ&ソーサーはパラティッシのパープル。彩り的にもとてもよい相棒ですね。春にこんなカッコいい朝食はいかがですか。


 

スタジオエム/マニカットプレート

日本のスタジオエムというブランドのプレートです。機械を使わずすべて手作業で作られるため、1枚1枚手の温もりが感じられるそうです。テイストはフレンチだということですが、よく北欧食器としてInrtagram にあげられます。やさしい白磁が春の朝に似合いますね。野菜がたくさんのこんなヘルシーなプレートを、朝スープとともにいただくのはいいですね。


 

まとめ

春のカフェタイムに似合う北欧食器はいかがでしたか。料理と合わせると、春を演出できる柔らかで明るい北欧食器がたくさんありますよね。お好きな取り合わせはありましたか。もしお気に入りがありましたら、ぜひ春のカフェタイムにお使いになって春の息吹をいちはやくお感じになってみてください。

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!