使い方自由自在♡アクセサリー級スカーフでいつものコーデに華を添える♪

スカーフは首元に巻くだけじゃない☆ヘアゴムの代わりに、ブレスレットの代わりに、ベルトの代わりに・・・楽しみ方がたくさんあります!

2016/03/18 更新
使い方自由自在♡アクセサリー級スカーフでいつものコーデに華を添える♪

著者名

rabbitweather79

rabbitweather79

ファッションに興味津々の女性ライターです。お役に立てる記事執筆を目指します。

この春はスカーフでコーデアレンジを楽しもう♪

スカーフというと首に巻く、バッグにアクセントとして巻くというのが一般的ですね。しかし他にも使い方はたくさんあります。今回はスカーフの使い方・アレンジの仕方に注目します。


 

広告

 

ベーシックに首元に巻いて

一般的な使い方としてまずは首元に巻くアレンジ。巻き方によってもいくつか種類があり、印象が違ってくるので色々なパターンを試したいですね。


 

大きめにゆとりのある巻き方で

スカーフを主役に見せるならこういった大胆な巻き方もありです。


 

ミニマムな巻き方

コンパクトにまとめても可愛く仕上がります。ちょっと派手かな・・・と思ったらこんな巻き方もいいですね。


 

ヘアアクセサリーとして

カチューシャのように巻いてもおしゃれです。ロングヘアの方もアップにすればスカーフアレンジが映えます。


 

シュシュの代わりに

ポニーテールのような一本結びのアクセントに使ってもとてもおしゃれです。シュシュにも負けないボリューム感が今っぽいですね。


 

手首に巻いて

ブレスレット感覚で手首に巻くのも素敵です。デニムコーデなら赤いスカーフが似合います。


 

ベルトの代わりに

ベルトの代わりに使うのもおしゃれテクです。


 

襟のように巻いて

セーラー襟のように巻くのも定番のアレンジです。シンプルなコーデもスカーフを巻くことで一気に華やかに仕上がります。


 

バッグのアクセントに

もともとバッグにスカーフが付属している商品もありますが、お手持ちのバッグに好きな柄のスカーフを巻いてもオリジナリティが生まれます。


 

バッグのアクセントに2

こんな巻き方もあります。バッグのカラーに合わせてスカーフの柄やカラーを考えるのも楽しみが広がりますね。


 

スカーフとハンドルが一体化したバッグ

スカーフがそのままバッグと一体化した商品もあります。そのまま取り入れるだけでトレンドライクなコーデが楽しめます。


 

いかがでしたか?素材が絹100%のものなら上品に仕上がりますよ。ぜひお試し下さい☆

 

こちらもおすすめ☆

シェアしよう!