「ここまでやりきると賃貸も楽しい」。多彩なアイディアとDIYで彩るふたり暮らしの1LDK

ふたり暮らしのインテリア、こだわりが強い2人でも、統一感のある部屋を作るコツは、「理想のイメージを事前に相談して、目に見える形で共有しておくこと」。ふたりだからこそ生まれる発想で楽しくお部屋を作りあげている、1LDKにお邪魔してきました。

公開日:
著者:
「ここまでやりきると賃貸も楽しい」。多彩なアイディアとDIYで彩るふたり暮らしの1LDK

著者名

goodroom journal

goodroom journal専門家

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

「ここまでやりきると賃貸も楽しい」。多彩なアイディアとDIYで彩るふたり暮らしの1LDK

ふたり暮らしのインテリア、こだわりが強い2人でも、統一感のある部屋を作るコツは、「理想のイメージを事前に相談して、目に見える形で共有しておくこと」。

ふたりだからこそ生まれる発想で楽しくお部屋を作りあげている、1LDKにお邪魔してきました。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai


 

 

「緑」の壁がインスピレーションを生む、リノベーション賃貸

お伺いしたのは、最近話題のショップが多数集まる蔵前にある、築45年のマンション。

外観や共用部はなかなかレトロな雰囲気ですが、ドアを開けた先には、まるでインテリアショップのような、素敵な空間が広がっていました。

 

50㎡ほどの1LDK。何部屋にも分かれていた間取りを全て繋げて誕生した広々のLDK。

たくさんのグリーンや、流木、ドライフラワーが目に飛び込んできます。


 

巧みに家具が配置されているのと、全体のバランスが取れているため、とても広々と感じる空間に。


 


 

このお部屋に暮らすのは、慎之介さん(写真左)とあがささん(写真右)。

Instagramでは エドワード・オークラというアカウント(@edward_okura)で、インテリアを中心に発信されています。

お二人がこのお部屋に引越してきたのは今年の1月ごろ。

駅からも近くあまりにも羨ましい立地に、部屋探しのコツをお聞きしてみると、「蔵前の街が好きで、絶対ここに住みたいとピンポイントで狙っていました」とのこと。

空きが見つかったのは、新築のマンションと、このリノベ1LDKの2つ。

新築に心が揺れかけたものの、「リノベならではの特徴を活かし、どこにもない部屋を作ろう」とこちらを選びました。

 

決め手となったのは、「緑の壁」。アクセントとなる、絶妙な色のこの壁がお二人ともお気に入り。

この壁をベースにいろんな発想が生まれてインテリアを作っていったそう。


 

窓が多く明るいベッドルームも、同じグリーンの壁。

その前にどん、と大きなベッドをおいて、海外のお部屋のような開放感がありますよね。


 

DIYで「二人にぴったり」を作っていく

お二人の部屋にある家具、どれも雰囲気がよく似ていて素敵なものが多いので、「どこで購入したんですか?」とお聞きしてみると、そのほとんどがDIYで作ったものということで驚きました。

 

DIYのテーブルは、なんと慎之介さんが中学生の時にお父様と一緒に作ったものだそう。

なんてセンスのいい中学生なんだ。


 

ちょっとレトロで味のあるキッチンは、吊り戸棚などの収納が一切ついていなかったのを逆手にとって、ディアウォールを使って有孔ボードを貼り、壁面収納を作りました。

キッチンに有孔ボードって、すごくいいですね。


 

こちらは、木材と全ネジ、キャスターを組み合わせて作ったワゴン。


 

作業台テーブルは、脚だけを購入して天板は雰囲気に合うものを組み合わせました。

「ここにあってほしい」サイズのものが、「ここにあってほしい」雰囲気でピタリとおさまっているのが素晴らしいな、と思っていたら、あがささんがお引越し前に作られていたという、アイディアスケッチを見せてくれました。


 

この間取りに合わせて、家具を置く位置もしっかりシミュレーション。


 

 

それだけでなく、ひとつひとつDIYで作ったものや


 

「緑の壁」に合うインテリアの参考イメージなど、たくさんのアイディアが詰まったノートになっていました。

なるほど、お二人がしっかりとイメージを共有できていたのは、綿密な計画の賜物だったんですね。

「二人だと、お互いに自分にはない発想が組み合わされて、楽しいですよ」


 

蔵前にもあるNOCEで購入したソファに合わせたローテーブル、こちらも……


 

木製パレットにアイアンの脚をつけたもの!


 

その正面には、アイディアスケッチでみた通りのテレビボードと棚がありました。


 

賃貸のお部屋でぜひ取り入れたいな、と思ったのは、よくある洗面台に木材を貼り付けて雰囲気をよくするテクニック。

板を挟み込むことで、ちょっとした棚も作られていました。これは素敵。


 

流木も、ただ飾るだけじゃなく、照明と組み合わせるアイディアがさすが。

これも今すぐ真似したい。


 

ドライフラワーも良く似合いますね。


 

ベッドは、木製パレットを組み合わせたもの。


 

ヘッドボード上には、お二人で描かれたというアートが並んでいました。


 

 

あがささんは最近、陶芸教室に通われているとのことで、お気に入りの器はご自身たちで作られたもの。

慎之介さんが、「ここまでやりきると賃貸も楽しいです」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。

作られたもの、売られているもの、ピカピカの新しいものを買って住むのではなくて、味のあるリノベーション賃貸で、自分たちで暮らしを作っていく。

そんなお二人の暮らし方に、憧れを感じます。


 

エドワード・オークラさんのInstagramアカウントはこちら
https://www.instagram.com/edward_okura/

ふたり暮らしのインテリア実例を見る


 

「私らしく暮らす。賃貸インテリア」特集はこちら


 


 

人気の連載が、本になりました!

東京・神奈川・埼玉・千葉 ふたり暮らし13万円以下の賃貸を探す

大阪・京都・神戸 ふたり暮らし10万円以下の賃貸を探す

名古屋 ふたり暮らし10万円以下の賃貸を探す

福岡 ふたり暮らし9万円以下の賃貸を探す

札幌 ふたり暮らし9万円以下の賃貸を探す

 

こちらもおすすめ☆

掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告