【連載】セリアの木製トレイが大変身!簡単DIYで「アンティーク風ドロワー」を作ろう!

セリアの人気リメイクアイテム「木製トレイ」を使って、リアルなアンティーク風ドロワーを作ってみましょう!

公開日:
著者:
【連載】セリアの木製トレイが大変身!簡単DIYで「アンティーク風ドロワー」を作ろう!

セリアの人気リメイクアイテム「木製トレイ」を使って、リアルなアンティーク風ドロワーを作ってみましょう!

便利な仕切り付き!「アンティーク風ドロワー」をDIY!

経年の色褪せや使い古されたような質感が魅力のアンティークドロワー。

アンティーク調の小物や雑貨、手芸用品との相性もよく「見せる収納」にぴったりのアイテムです。

落ち着いたオールドブラウンのベースが、入れた小物をより美しく魅せてくれます。


 

中に仕切りが付いているので、細かなものの分別収納にもぴったり。

見た目だけでなく実用性も抜群です。

今回はアンティークショップでよく目にする憧れのアイテム「アンティーク風ドロワー」をセリアの木製トレイを使って作ってみようと思います。


 

 

材料はセリア!「木製トレイ」をリメイク!


 

今回使う材料がこちら。

  • 木製トレイM×2
  • 板材(45×3.8cm)×2
  • 半円形ノブ×1

以上の4点です。

これらはすべてセリアで揃えることができます。

 

貼って塗るだけの簡単DIY!アンティーク風ドロワーの作り方

板材をトレイの長辺+2cmの長さにカットします。

これがドロワー(引き出し)の正面部分になります。

板材は柔らかい桐で作られているので、女性でも簡単にカットすることができます。


 

2つの木製トレイを接着剤で貼り合わせます。

接着には「木工用瞬間接着剤」を使うのがオススメ。

通常の瞬間接着剤より強くしっかりと接着することができ、乾燥時間も不要なので木工ユースにぴったりです。


 

接着したトレイとカットした板材をペイントします。

今回使った塗料は「ミルクペイント(ヘンプベージュ)」と「オールドウッドワックス(チーク)」の2色。

トレイ部分はオールドウッドワックスで、ドロワー正面部分となる板材はミルクペイントも加えてアンティーク風に塗装します。


 

ペイントした板材中央にノブを取り付け、トレイの正面に接着すれば完成。

経年の質感たっぷりのリアルな「アンティーク風ドロワー」ができました。


 

仕切りや形の違うトレイを使えば、様々なバリエーションのドロワーを作ることもできます。

「木製トレイロング」を使えば縦仕切りのドロワーに、「木製仕切りトレイ4マス」を使えば8つ仕切りのドロワーにといったように、並べ方ひとつで仕切りの位置も数も自由自在。

セリアにはいろいろなサイズのトレイが揃っているので、使う目的や用途に合わせて仕切り方をアレンジしてみるのもおもしろいですね!


 

アンティーク風ドロワーをインテリアレイアウトしてみよう!

仕切りの位置やマス目の数を変えることで、用途に合ったドロワーを作ることができます。

細々としたものの収納には仕切りを増やし、大きなものの収納には仕切りを大きくとることで実用性がグンとアップします。


 

ラフに重ねて収納すれば、思わず出しっ放しにしておきたくなるような素敵なディスプレイに。

メルスリーグッズと組み合わせれば、まるでパリのアトリエのようなフレンチシックなレイアウトが完成です。


 

立てかけて使えばギャラリーのようなムードのある空間に。

ドライフラワーやアンティーク雑貨はもちろん、グリーンやガラス雑貨といったテイストの異なるものとも好相性なので様々なレイアウトを楽しむことができます。


 

複数個並べれば、アンティーク感漂うちょっとこなれた雰囲気に。

アンティークショップのような、シックで上質な空気感を演出してくれます。


 

ほどよい大きさで使い勝手も抜群。

お気に入りの小物と組み合わせることで、オリジナリティー溢れるスタイリングを楽しむことができます。


 

まとめ

難しい工程は一切ナシ!貼って塗るだけの簡単DIYで、実用性抜群のおしゃれなアンティーク風ドロワーを作ることができました。

組み合わせるトレイを変えることで、仕切り方を自由にアレンジできるのもポイントです。みなさんもぜひ作ってみてください!

柳美菜子さんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告