部屋の「第一印象」を決める場所。賃貸の玄関をおしゃれに見せるインテリア実例まとめ

お部屋に入ってまず一番最初に目に入る印象って、結構重要です。今週は、「玄関」を狭くてもおしゃれに見せるためのアイディアをまとめてみました。

公開日:
著者:
部屋の「第一印象」を決める場所。賃貸の玄関をおしゃれに見せるインテリア実例まとめ

著者名

goodroom journal

goodroom journal専門家

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

部屋の「第一印象」を決める場所。賃貸の玄関をおしゃれに見せるインテリア実例まとめ

お部屋に入ってまず一番最初に目に入る印象って、結構重要です。

今週は、「玄関」を狭くてもおしゃれに見せるためのアイディアをまとめてみました。

text : Miha Tamura from goodroom journal


 

 

おしゃれな「コート掛け」を置く

お部屋に入ってすぐ、バッグやコートなどをかける場所を作っておくと、つい床に投げ出しっぱなしになってしまうこともなくなり、スッキリします。

お客さんが来た時にも、上着を預かってかけておく場所があると、おもてなし感が増しますね。

 

場所を取らないおしゃれなラダーラックなどを準備したいですね(このお部屋はこちら)


 

インパクトのある「大きな絵」を飾る

印象的な玄関を作りたいなら、自分の感性に合ったアートをひとつ、導入しましょう。

小さなものをたくさん置くのも良いですが、思いきって、玄関のサイズ感ギリギリぐらいに大きなものをかけてみると、狭いからこそ驚くほどインパクトのある空間が作れます。

 

この馬の写真は、実はタイル。お部屋の主であるYasumaさんがクリエイティブディレクションを務める「オンデマンドエコカラット」という商品で、自分で選んだ写真をタイルにできるというもの。

施工も、マグネットシートを貼った上に取り付けるだけということなので、簡単です。

タイルには調湿・消臭などの効果があり玄関にぴったり。(このお部屋はこちら)


 

「オープンな収納棚」をつくる

下駄箱がなかったり、容量が足りない場合は、クローズドな収納棚を増やすと圧迫して狭く見えてしまいがち。

オープンな収納棚を増やせば、持っている物の量も常に把握できるのでシンプルライフにもつながります。

 

DIYでこんな棚を作ってみるのも楽しいかも!(このお部屋はこちら)


 

「スツール」をひとつ置く

靴を脱ぎ履きするときや、荷物が多い時など、玄関にひとつ、ちょっと腰かけられたり荷物を置ける場所があると重宝します。

印象的なデザインのスツールがあると、部屋の顔にもなってくれます。

 

ヴィンテージのスツールなど、気に入ったデザインのとっておきをぜひ玄関に。(このお部屋はこちら)


 

消臭グッズにこだわる

匂いや湿気の気になる玄関。

見た目もおしゃれな消臭グッズがあると、いつでも清潔感を持った場所になります。

 

Cul de Sac-JAPON(カルデサックジャポン)の HIBA CHIP。

こんな風に傘立てに忍ばせたり、見た目もおしゃれに抗菌・リラックス・防虫・消臭の効果もあります(このアイテムはこちら)


 

「上から」吊るす

下に目がいきがちな玄関。天井や、壁の上の方に「吊るす」物があると、自然と目線が上にいってゴチャゴチャが目につきにくいという利点も。

軽くて画鋲などで簡単に止められるモビールなどがおすすめです。

 

ちょっとした場所もうまく活用すれば、意外に「吊るす」場所はたくさんある玄関(このお部屋はこちら)

インテリアのアイディアを見る


 

「教えて!グッドルーム」特集はこちら


 

こちらもおすすめ☆

掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告