【連載】《ダイソー》グッズで毎日の小さな「イラッ!」を解決する3つのアイデア

毎日の暮らしの中にある小さな「イラッ・もやっ」。毎日のことだからと、なんとなくスルーして見過ごしていることってたくさんありますよね。でも、そんな小さな「イラッ!」がちょっとしたことで解決し快適になって、「どうしてもっと早くしなかったんだろう。」なんてことも。そんなイラッとをダイソーグッズで解決してみました。

公開日:
著者:
【連載】《ダイソー》グッズで毎日の小さな「イラッ!」を解決する3つのアイデア

著者名

中村 佳子

中村 佳子オフィシャル

片づけのプロ・ライフオーガナイザー+防災士 “子どもが自分でできる”ための「収納の仕組み・声掛け・考え方」を提案。 個人宅・企業での片づけ作業、セミナー、収納・子育て関係の記事を執筆。 2018年9月『男の子が』ひとりでできる「片づけ」』(KADOKAWA)を出版。 プライベートは、13歳・9歳の男の子がいる4人家族で3LDK80㎡のマンションに暮らす。

毎日の暮らしの中にある小さな「イラッ・もやっ」。

毎日のことだからと、なんとなくスルーして見過ごしていることってたくさんありますよね。

でも、そんな小さな「イラッ!」がちょっとしたことで解決し快適になって、「どうしてもっと早くしなかったんだろう。」なんてことも。

そんなイラッとをダイソーグッズで解決してみました。

見過ごしがちな小さなイラっとを100円グッズで解決!

・《108円》フロアモップが倒れてくる…

こちらは「ワンキャッチ」というダイソーの商品。


 

 

ただ立てかけていると倒れてくるフロアモップ。

特に洗濯機の横は洗濯機の振動で倒れてきます。

(じゃあ、違う場所にと思うんですが、水回り近くに掃除道具を集めるのが便利なんですよね。)


 

そこで「ワンキャッチ」をドアに装着。


 

倒れることもなく、すっきりです!


 

直接両面テープを貼るのが心配な場合は、マスキングテープを貼った上から貼り付けると問題なしです!


 

・《216円》洗濯ネットが見当たらない…

少し大切な衣類はネットに入れて洗濯したい…けど、ネットが見当たらないなんてことありませんか?

「ま、いっか。」とネットに入れずに洗濯して後悔したことのある方におすすめなのが

こちらの野菜用の「ネットバッグ」と「マグネットクリップ」2つを使った解決方法。


 

洗濯機の側面に少しだけ空いているすき間。


 

口を広げた状態でそれぞれ取り付け、ネット入れに!


 

1アクションで出し入れが簡単になります!

ついどこかに置いてしまったり、しまうのがめんどくさいなと思うものは、使う場所に(できれば、1アクションでしまえる)収納場所を作ってしまいます。

洗濯機の側面ならば、洗濯物を洗濯機から出す流れでネットをしまえますし、たとえ濡れていてもネットバッグなら収納しながら乾くので一石二鳥ですよ。


 

・《864円》溜まる段ボールがバラバラと収まりが悪い…

ネットで買い物をすることが増えて、あっという間に溜まる段ボール。

それなのに、ゴミ収集は月に2回程度。

置いてるだけで広がるし、倒れるし、まとまりが悪くってストレスじゃありませんか?

そんな段ボールストレスを解決してくれるのは、ダイソーオリジナル商品のジョイントラックシリーズで作った「段ボールストッカー」です。

 

【材料】

・ポール(長)47㎝ クロームメッキ…4本

・棚Ⅱ型 クロームメッキ 15×30㎝…1枚

・固定部品 4個組…1個

・専用キャスター 2個組…2個


 

8点、864円と、他のアイデアより高くついてしまいますが、市販だと3,000~4,000円掛かってしまうので、コスパは良いですよ。

組み立て方も簡単です!


 

まず、ポールにキャスターを付けます。


 

キャスターの一番近い位置に固定部品を付けて、棚を通せば、完成!


 

これで、収まりもいいし、ゴミに出すときに広い場所に持ち運ぶのも便利。

そして、何より段ボールが少し浮いた状態で収納されているので、このまま楽に紐を結んでゴミに出せるのが◎。

864円の価値ありです!


 

まとめ

当たり前になっている小さなイラっとを100円グッズで解決!

今回はダイソーで購入できるグッズでまとめてみました。

イライラがなくなるだけで、気持ちもすっきり。気持ちがすっきりすれば、毎日の時間の使い方も変わってきますね。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

中村 佳子さんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告