【連載】100均セリアのラップケースで増え続けるマステを無理なく収納!

マスキングテープをたくさんお持ちの方も多いと思います。私も数は少ないのですが集めています。ただ、収納が適当で、引き出しの中でバラバラになっていることも。そこで今回は、マステがたくさんあっても困らない収納を考えてみました。使うのは100均セリアのキッチングッズ、ラップケースです。

公開日:
著者:
【連載】100均セリアのラップケースで増え続けるマステを無理なく収納!

著者名

田川瑞枝

田川瑞枝オフィシャル

モノの片づけを通して生き方の整理整頓を伝えている。「暮らしを楽しむことを諦めない」をモットーに、100均雑貨を使った着想的収納術をブログやWEBサイトで公開。著書『中高生からの思考の整理術ワークブック』を元に、2015年より高校で片づけの授業を行っている。2016年片づけ大賞審査員特別賞受賞。「思考の整理収納塾」代表。

マスキングテープをたくさんお持ちの方も多いと思います。私も数は少ないのですが集めています。ただ、収納が適当で、引き出しの中でバラバラになっていることも。

そこで今回は、マステがたくさんあっても困らない収納を考えてみました。使うのは100均セリアのキッチングッズ、ラップケースです。

マスキングテープの収納

養生テープとしてだけでなく、クラフト作品にも使えるマスキングテープ。コレクションされている方も多いですね。私もご当地マステや季節ものなどを集めています。

ただ、集めているだけでキレイに収納しているかといえば、そのまま箱の中に詰め込んでいるだけ。いくつあるのかも分かっていません。

そこで、持っている数を確認できて、使い勝手も良い収納を考えました。

 

100均セリアのラップホルダー

最近は、100均でもラップ用のホルダーが販売されていますね。

今回は、セリアのラップカッティングケース30㎝(半透明)を使って収納していきます。

 

半透明で中が見えるところがポイントです。


 

 

組み立て式ですが、作り方の表示もあり簡単に作ることができます。


 

切り込みに突起部分をはめていくだけです。


 

組み立てた時のサイズは、高さ4.5㎝×奥行4.5㎝×長さ31㎝です。

長いサイズのラップが余裕で収まります。


 

本体と蓋の部分が二重になっているので、先にしっかり折り曲げておくと蓋がラクに締まります。

カッター部分に気を付けて組み立ててください。


 

ラップの芯を用意

使い終わったラップフィルムの芯を用意します。

 

今回は、30㎝の長さの芯を使います。


 

このラップの芯に、マスキングテープを入れてみたら、スッと入っていきました!


 

この芯の直径が、マスキングテープの穴より少しだけ小さいのです。

テープの幅は関係なく、100均のテープも問題なく収まりました。


 

ラップケースに収納

早速、ラップケースに入れてみます。

 

ピッタリです!組み立てた時のラップケースの高さが4.5㎝なので、マスキングテープの幅とちょうどのサイズでした。


 

カットもできる!

マスキングテープといえば、カッターが必要です。

 

マスキングテープ専用のカッターも売り出されていますが、人つずつ揃えるのも大変ですし、いちいち外して取り換えるのも手間がかかります。


 

 

このラップケースには初めからカッターが付いているので、収納したままカットすることができます。


 

簡単にカットできました。切り口もキレイです。


 

テープの位置を変えることなく、その場所で好みのテープをカットできます。

収納しながら使いたい時にカットができて一石二鳥です。


 

しまう時に一工夫

唯一、蓋がパカッと開いてしまうのが難点です。

 

そこで、セロハンテープで簡易的に口を留めました。ケースの素材がポリプロピレンなので、貼ったり剥がしたりが容易です。


 

セロハンテープの先を少し折り返して持ち手を作ります。そのまま底まで貼るとはがれにくくなります。


 

マスキングテープの収納が出来ました。

これなら、増え続けても余裕で収納していけますね。


 

半透明なので、中のテープが見えて、何を入れているかすぐに探すことができます。


 

まとめ

マスキングテープの収納に、100均グッズのラップケースを使ってみました。

半透明で中のテープが見えるので、目当てのテープをすぐに見つけることできますよ。収納しながらカットもできるのでおすすめです。

田川瑞枝さんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告