【連載】組み合わせるだけ!かわいいモザイク模様のバッグ型コースター

温かいものが恋しい季節。 簡単に作れるかわいいコースターでほっこりしませんか? 今回は、モザイク模様のバッグ型コースターの作り方をご紹介します。

公開日:
著者:
【連載】組み合わせるだけ!かわいいモザイク模様のバッグ型コースター

温かいものが恋しい季節。

簡単に作れるかわいいコースターでほっこりしませんか?

今回は、モザイク模様のバッグ型コースターの作り方をご紹介します。

貼るだけで簡単!モザイク模様のバッグ型コースター

材料

・工作材 3×3×1.5 3×6×1.5 3×9×1.5 3サイズ それぞれ8個ずつ(ダイソー)

・塗料 お好きなもの

・付属 お好きな取っ手


 

 

作り方

今回は、食卓で使う可能性、熱いものを置く可能性があるので、ペイントではなくオイル仕上げにしました。

使った塗料は、食品を直接のせられる亜麻仁油ベースで作られたリボス カルデット。

小さな瓶なら500円ほどからインターネットで購入できます。


 

ダイソーの工作材は一番大きなもの。

中くらいのものは8個セットで、一番小さな正方形のものは12個セットで販売されています。

今回は、1セットずつ3セット使いました。

塗料をぼろ布に含ませて、ふき取るように塗っていきます。


 

色は2色使いましたが、ダイソーの工作材の木材の色もまちまちなので、それがかえって良い雰囲気をつくります。

一つとして同じ感じのパーツができないのです。


 

オイルがある程度乾いたら、組み合わせを考えます。

両端に一番長いものを持ってくるとまとまりやすいです。


 

パーツを一列ずつ接着します。

今回は木工用ボンドの速乾タイプを使いました。

はみでないように気をつけます。


 

3セット使うとコースターが2枚できて、小さなパーツが4つ余ります。


 

取っ手はセリアのもの。

3cmと厚みがあるので、つまみのような形でもかわいいと思います!


 

完成

置いておくと、かわいらしい鍋敷き兼コースターができました。


 

ナチュラルなキッチンにも馴染みます。


 

オイル仕上げで厚みもあるので、ある程度の熱いものなら置けますよ。

冬のお茶シーンにも。


 

食品OKの塗料を使っているので、余ったパーツはそのまま箸置きにもできます。


 

食品に限らず、インテリアにもたくさん使えますよ。


 

まとめ

こういったモザイク模様は、自分で材料を用意するのは難しいもの。

あらかじめ工作材として販売されているものを使うことで、とても簡単に作ることができました。

パーツは組み合わせ次第で大きさが変えられますので、好きな形に作ってみてくださいね!

natsumeさんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告