クールなグレーインテリアに取り入れたい!大人のダスティピンクが可愛い♡

白やグレー、モノトーンを基調にした北欧インテリアが定着している昨今、そろそろ「少し変化が欲しい」とお考えの方もいるのではないでしょうか。 そんな方におすすめするのは、いつものインテリアにプラスするグレイッシュな大人カラー「ダスティピンク」。 今回は、そんな大人可愛いグレー×ダスティピンクのインテリア例をご紹介します。

公開日:
著者:
クールなグレーインテリアに取り入れたい!大人のダスティピンクが可愛い♡

白やグレー、モノトーンを基調にした北欧インテリアが定着している昨今、そろそろ「少し変化が欲しい」とお考えの方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめするのは、いつものインテリアにプラスするグレイッシュな大人カラー「ダスティピンク」。

グレーにほど良くなじみ、甘くない大人のインテリアにブラッシュアップすることができますよ。

今回は、そんな大人可愛いグレー×ダスティピンクのインテリア例をご紹介いたします。

甘くないダスティピンクで大人顔のインテリア

いつものインテリアに+αで変化を楽しもう

いつものインテリアに+αで変化を楽しもう

mrscarlissa

ダスティピンクの取り入れ方はとてもシンプル。

クッションやひざ掛け、アートや小物などでリンクさせるのがまずは取り入れやすい方法です。

グレーが混ざったような落ち着いたピンクを選んで、甘くない大人のスタイルを目指してみましょう。


 

 

いつものインテリアに+αで変化を楽しもう2

houseupdated

クッションで取り入れるなら、ダスティピンクの折り込まれた刺繍や生地が使われたものをひとつだけ、というのもおしゃれ。

インパクトのあるアイテムは小さく取り入れると、大人で上品な仕上がりになりますよ。


 

いつものインテリアに+αで変化を楽しもう3

mrscarlissa

お気に入りのシェルフには、本や写真集、レシピ本やノートでもアクセントカラーとして取り入れてみて。

ハードでクールな印象のモノトーンが、柔らかでふんわりしたイメージに変化します。


 

いつものインテリアに+αで変化を楽しもう4

mrscarlissa

目を惹くシンメトリーになったコーナーには、クッションに反対色のグリーンを取り入れてより印象的に。

ダスティピンクと同じ彩度のグレイッシュなグリーンは、ピンクの柔らかさをより引き立たせてくれます。


 

いつものインテリアに+αで変化を楽しもう5

mrscarlissa

模様替えなど徐々に印象を変えたいなら、まずはインテリアアクセサリーからがおすすめです。

花器の場合はお花やアートのカラーを合わせたり、バランスを見ながら少しづつ取り入れてみてください。


 

いつものインテリアに+αで変化を楽しもう6

mrscarlissa

強い印象を残すダークカラーのウォールに、柔らかさをプラスするダスティピンク。

柄クッションやアートにもリンクさせれば、意外に簡単に洗練された印象に変化します。


 

いつものインテリアに+αで変化を楽しもう7

mrscarlissa

部屋に飾る写真集や書籍、小物にも気軽に取り入れて。

意識すればあちこちでダスティピンクが気になり始めてしまいますよ。

ダークカラーと相性が良いので、明るく見せたいコーナーに取り入れるのもおすすめです。


 

いつものインテリアに+αで変化を楽しもう8

susshf_myhome

グレーインテリアにガラス素材や陶器など異なるテクスチャーの「ピンク」をプラスしておしゃれなコンビネーションに。

ピンクがかったコッパーや真鍮、ピンクゴールドもグレーインテリアには相性抜群のインテリア素材です。

照明や鉢カバー、トレイで取り入れると違和感なくなじみますよ。


 

いつものインテリアに+αで変化を楽しもう9

mrscarlissa

暖色系ピンクのウォールにあえて反対色のブルー系ソファを合わせたインパクトのあるコーナー。

色の明度・彩度を合わせるのがうまくなじむコツでもあります。

こんな場合は、引き締めカラーのモノクロアートや小物でソファをより引き立たせてあげるのも素敵ですね。


 

まとめ

人気のグレーインテリアにソフトなカラーを加えることで、お部屋をより柔らかな印象にしてくれるダスティピンクのインテリアをご紹介しました。

北欧インテリアにも取り入れやすく、甘すぎない印象が大人女性にもぴったり。海外でも人気のコンビネーションカラーです。

いつものお部屋に変化が欲しい方は、ぜひ小物から挑戦してみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告