ヴィンテージ入門はカップがおすすめ☆アメリカ&北欧のヴィンテージ雑貨集

ヴィンテージやアンティークと聞くと、古めかしいデザインで普段は戸棚に大切に飾ってしまっている、そんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?今回は、比較的購入しやすい価格で、実際に使って楽しめるコーヒーカップやマグカップについてご紹介。

著者:
公開日:
ヴィンテージ入門はカップがおすすめ☆アメリカ&北欧のヴィンテージ雑貨集

ヴィンテージやアンティークと聞くと、古めかしいデザインで普段は戸棚に大切に飾ってしまっている、そんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、比較的購入しやすい価格で、実際に使って楽しめるコーヒーカップやマグカップについてご紹介。

熱狂的なコレクターもいるアメリカンヴィンテージから、ほっこり暖かみが人気の北欧ヴィンテージまでお伝えします♪

ヴィンテージとアンティークの違い

北欧のヴィンテージ雑貨集

chie_iga

はじめに、ヴィンテージとアンティークの違いを簡単に紹介しておきましょう。

ヴィンテージは約30年前から100年前にかけてつくられた「古くて価値あるもの」。

アンティークは更に古い100年以上前につくられたものとして国際的な基準が定められています。


 

 

FIRE KING(ファイヤーキング)

北欧のヴィンテージ雑貨集2

cotori.s

アメリカンヴィンテージの中で、もっともポピュラーと言っていいほどなのが1942年に発売された「ファイヤーキング」。

緑色をした「Jade-ite(ジェダイ)」シリーズが有名な耐熱ガラスのブランドです。


 

北欧のヴィンテージ雑貨集3

reiya_14

つるんとした透明感が優しい印象を与えるミルクガラス。

アメリカでは1980年代にミルクガラスの生産が終了しましたが、2010年に「ファイヤーキングジャパン」が日本で設立されることで復活♪


 

北欧のヴィンテージ雑貨集4

green.apple.leaf

白いミルクガラスに金色でつけたフチがアクセントのマグカップは「Dハンドル」。

柔らかなラインを描く美しいシルエットに魅了されます。


 

北欧のヴィンテージ雑貨集5

mika.re12

飲み物を入れた時に、カップの中にうっすらとシルエットが見えるのも、半透明のミルクガラスならではです。


 

北欧のヴィンテージ雑貨集6

okudaira.m

シンプルなもの、ワンアクセントのものが多いファイヤーキングですが、こんな大胆なデザインも!

ダイヤモンドの生産で有名な南アフリカ共和国の都市「キンバリー」の名がついたこちらのカップは、水色や白、茶色などのカラーも展開され、ついつい色違いで集めたくなります♪


 

PYREX(パイレックス)

北欧のヴィンテージ雑貨集7

miyuki_petitapetit

1851年に創業したパイレックスは、世界で初めて耐熱ガラスを製造した会社。

小さな花柄が描かれた白いマグカップは1940年から1970年にかけてつくられた「オールドパイレックス」と呼ばれるシリーズで、ファイヤーキング同様コレクターに人気の商品です。


 

ARABIA(アラビア)

北欧のヴィンテージ雑貨集8

sisko_tomoka

アメリカンヴィンテージ食器のミルクガラスも魅力的ですが、北欧ヴィンテージ食器のどっしりとした素朴な見た目は、ほっこりとあたたかい気分にしてくれます♡


 

北欧のヴィンテージ雑貨集9

sisko_tomoka

白いカップに大きく描かれたさくらんぼが、たまらなくキュートな印象のこちらは「キルシッカ(Kirsikka)」。

鮮やかな赤と緑のイラストがレトロ感たっぷりです。


 

北欧のヴィンテージ雑貨集10

sisko_tomoka

テーブルの上にあるだけで華やかな印象にしてくれそうなこちらは「フローラ(Flora)」。

カップをはじめ、様々なサイズのプレートがあるので、見つけたときに集めてセットで揃えるのも楽しいですね♪


 

北欧のヴィンテージ雑貨集11

sisko_tomoka

ハンドペイントで描かれた茶色の花が優しげな印象のこちらは「コラッリ(Koralli)」。

製造数が少なく希少なものなので、見つけたら迷わずゲットがおすすめ!


 

北欧のヴィンテージ雑貨集12

sisko_tomoka

ブルーとグリーンが爽やかな印象の「クロッカス(Krokus)」は、一日の始まりの朝使うのにぴったり。

右側のプレートやボウルは、同じクロッカス柄のモノトーン版。

これらも2年間しか製造されなかった希少価値があるシリーズです。


 

北欧のヴィンテージ雑貨集13

sisko_tomoka

フィンランド語で「魔法」の意味を持つ名のカップ「タイッカ(Taika)」。

持ち手がクルンと内巻きになっていて、遊び心を感じさせます。


 

 

GUSTAVSBERG(グスタフスベリ)

北欧のヴィンテージ雑貨集14

sisko_tomoka

花びらの一つ一つが細かく描かれたカップは「ブローアスター(Bla Aster)」。

カップの名の通りの青いアスターが、白いカップに美しく映え目を惹きます。


 

北欧のヴィンテージ雑貨集15

sisko_tomoka

柔らかな色合いで描かれているのはスウェーデン人が愛する花「リネア(Linnea)」。

森の中でひっそりと愛らしく咲くリネアの花は、見ているだけで優しい気持ちに♡


 

まとめ

ミルクガラスを使ったアメリカン、あたたかみのある北欧、どちらのヴィンテージ食器それぞれの魅力を持っています。

ヴィンテージショップはハードルが高いという方には、フリーマーケットやクラフトフェアがオススメ。

ヴィンテージ製品を扱うショップが出店していることも多く、気軽にのぞいてみることができますよ!

もしお気に入りのヴィンテージを見つけたら、ぜひ普段使いをして楽しんでくださいね♪

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告