【連載】万能に使い回せる!《無印良品》の「壁に付けられる家具」活用アイデア

便利な収納グッズが沢山揃う無印良品ですが、その中でもインテリアのオシャレ感と収納の便利さを両立させてくれるのが、「壁に付けられる家具」シリーズです。 壁に目立つ穴を残さず、どこにでも設置できるので賃貸のお宅でも気兼ねなく使えるのが嬉しいこのアイテム。 今回はその「壁に付けられる家具」の活用アイデアについてご紹介します。

公開日:
著者:
【連載】万能に使い回せる!《無印良品》の「壁に付けられる家具」活用アイデア

著者名

七尾 亜紀子

七尾 亜紀子オフィシャル

整理収納アドバイザー。「元・汚部屋ワーママ」「超ワンオペ育児」だった経験を基に、忙しいママをもっとラクに、楽しくするための収納・インテリアを提案しています。 2018年9月に「ヒルナンデス!」に整理収納の達人として出演、2018年12月には初の著書「自動的に部屋が片づく 忙しい人専用 収納プログラム」(KADOKAWA)を出版。

便利な収納グッズが沢山揃う無印良品ですが、その中でもインテリアのオシャレ感と収納の便利さを両立させてくれるのが、「壁に付けられる家具」シリーズです。

壁に目立つ穴を残さず、どこにでも設置できるので賃貸のお宅でも気兼ねなく使えるのが嬉しいこのアイテム。

また、1つの用途に限らずいろんな使い方ができるのもポイントです。今回はその「壁に付けられる家具」の活用アイデアについてご紹介します。

我が家で愛用している「壁に付けられる家具」4種

色々なラインナップがある「壁に付けられる家具」シリーズですが、我が家で愛用しているのはこちらの4種類です。

・壁に付けられる家具・棚・幅44cm

・壁に付けられる家具・3連ハンガー

・壁に付けられる家具・長押・幅44cm

・壁に付けられる家具・フック

我が家は全てオーク材のものを使用していますが、こげ茶色のウォルナット材もあり、そちらもオシャレです。

では、それぞれの活用アイデアについてご紹介します。


 

 

雑貨を可愛くディスプレイ!「壁に付けられる家具・棚」

まず、1つ目は「壁に付けられる家具・棚」です。
我が家では、リビングの壁面に2つ縦に並べて設置して、それぞれに季節のディスプレイを飾っています。

今の時期はクリスマス感のある雑貨を飾っていますが、狭くてあまり飾るスペースがないマンションでも壁面を活用すれば、ゴチャつくことなくオシャレ感を演出することができます。

商品はこちら


 

ちなみに、リビングに移す前は子供部屋で子供の小さいブロックで作った作品や、コレクションの小さいフィギュアなどを飾るのに使っていました。

飾る場所に困りがちな子供の作品などをディスプレイするのにもとても便利です。


 

ちょい置き収納に便利な「壁に付けられる家具・3連ハンガー」

続いては、「壁に付けられる家具・3連ハンガー」です。

ハンガーとして使わない時は、フック部分を閉じておけるのでとてもコンパクト。

インテリアの邪魔をせずにちょっとした場所に収納スペースが作れる我が家の強い味方です。

商品はこちら


 

我が家では、リビングのすぐ横の部屋に設置しているので、ダイニングチェアにちょい置きされがちな夫のスーツのジャケットやベルトなどの一時置きとして活用しています。

その他、来客時にコートなどをかけておくのにも使えるので、玄関横の壁面などに設置するのもオススメです。


 

ちなみに、我が家では以前はこの3連フックをキッチンの奥の壁面に取り付けて使っていました。

エプロンやキッチンタオル、乾いた牛乳パックなどの収納スペースとして活用していましたが、狭い家でもいろんな場所に収納を作ることができるのがとても便利です。


 

ディスプレイにも収納にも活躍する「壁に付けられる家具・長押」

これまでご紹介した棚と3連フックの両方のいいところ取り、とも言えるのがこの「壁に付けられる家具・長押」です。

こちらは、以前は先程ご紹介した棚を飾っていた場所に同じようにディスプレイスペースとして雑貨などを飾るのに愛用していました。

商品はこちら


 

子供部屋からリビングに棚を移動させたため、長押は3連フックの隣に並べる形で移動させました。

形状も似ていて、幅も同じ44cmなのであまり見た目にも違和感がありません。


 

この長押の新たな用途は、来客時のコート掛けの予備です。
お正月など、お客様がたくさん家に来る時は3連ハンガーだけでは掛ける場所が足りないことがあります。

そのため、場所が足りなくなったらこの長押の上にハンガーを引っ掛けて収納します。

このように、ディスプレイと収納両方のいいところを兼ね備えているのが長押のお気に入りポイントです。


 

どこにでもちょい掛けできる「壁に付けられる家具・フック」

最後は、「壁に付けられる家具・フック」です。
これは一番お値段もお手頃なので、気軽に取り入れやすいアイテムです。

我が家では、テレビの裏側の壁面にホコリ取りなどのお掃除グッズを収納するのに使っていますが、ちょっとした場所にオシャレに収納スペースが作れるため、「ながら掃除」の強い味方になっています。

商品はこちら


 

我が家では、洗面所で洗濯用ネットを収納するネットバッグを引っ掛けるのにも愛用しています。

少し重さがあってプッシュピンでは心もとない場合など、この「壁に付けられる家具・フック」を使うと出し入れしやすい収納が作れるのでとても便利です。


 

また、これも収納だけではなくディスプレイ用としても活躍しています。

重さがあるフレッシュリースなどを飾る時や、壁掛け時計を引っ掛けるためのフックとしても愛用しています。

耐荷重が2kgまであってそれなりの重さまで対応できるため、落ちたら困るちょっとした重さのあるモノのディスプレイ用としても活躍しています。


 

まとめ

いかがでしたか?

収納としてもディスプレイとしても活用でき、いろんな場所で使い回しもできる「壁に付けられる家具シリーズ」。

家のオシャレ感を損なわずに便利に飾れるこのシリーズ、ぜひお家に取り入れてみてくださいね。

七尾 亜紀子さんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告