ふんわり上品インテリア!ファー素材を取り入れたお部屋のご紹介

寒い時期になるとインテリアも、温もりのある素材を取り入れる人も多いはず。特にファー素材は温かい風合いと共に、柔らかい肌触りと空間を上質なものへと格上げしてくれます。今回はそんなファー素材を取り入れたインテリアをまとめていきます。

公開日:
著者:
ふんわり上品インテリア!ファー素材を取り入れたお部屋のご紹介

著者名

BONNZE

BONNZE

ファッションからインテリア、DIYまでおしゃれなものが大好き!各ジャンルのトレンドなどや人気アイテムなどを発信できたらと思います。

寒い時期になるとインテリアも、温もりのある素材を取り入れる人も多いはず。

特にファー素材は温かい風合いと共に、柔らかい肌触りと空間を上質なものへと格上げしてくれます。

今回はそんなファー素材を取り入れたインテリアをまとめていきます。

ファー素材を敷いてみる

ファー素材を敷いてみる

reiya_14

ファー素材はさまざまな利用ができますが、中でも気軽なのが床に敷くこと。

リビングや個室など、好きなお部屋にカーペットとして利用することができます。

こちらは白のファー素材をベッドルームに敷いています。

シンプルなベッドルームに上品なアクセントが生まれ、高級感あふれる空間ができあがっています。


 

ファー素材を敷いてみる2

yukaaaaa0515

実らはお部屋の一角にファー素材を敷いたケース。

サイドテーブルや収納棚と共にファー素材のカーペットを組み合わせ、上品でゴージャスな風合いのスペースを生み出しています。

サイドテーブルの下にはイルミネーションライトをセットし、上質な雰囲気を演出しているのもポイントです。


 

 

ファー素材をソファと組み合わせる

ファー素材をソファと組み合わせる

pafe777

ファー素材はカーペットとしての使い道が多いですが、ソファに敷くのもおすすめ。

何の変哲の無いソファーが、一気に上品に変身します。

ファー素材があることで空間も上質になり、寒い時期のインテリアに温もりを与えます。

こちらはレザーソファにグレーカラーのファー素材を座面に敷いています。

レザーソファのオールドな質感とファー素材の上品さがうまくマッチして、ヴィンテージ感のあるラグジュアリーな空間ができあがっています。


 

ファー素材をソファと組み合わせる2

miaramam

こちらはタック打ちがワンポイントのソファに、白のファー素材を組み合わせています。

ファー素材は小さいサイズなので、さりげなくソファに敷き、上品なワンポイントにしているのポイント。

さまざまなデザインのクッションと組み合わせることで、ラグジュアリーな空間になっているのも魅力です。

サイドテーブルのゴールドカラーも、ラグジュアリーな質感をアップさせる要素になっています。


 

ファー素材をソファと組み合わせる3

mrscarlissa

こちらは大きいサイズのカウチソファに、白のファー素材を敷いています。

ソファにはさまざまなデザインのクッションをちりばめ、リラックス感を演出しているのがポイント。

周辺にはイルミネーションライトやキャンドルを取り入れ、より温もりと上品な風合いのインテリアにしています。


 

ファー素材を椅子に使用する

ファー素材を椅子に使用する

minimal._.white

小さなサイズのファー素材は、椅子と組み合わせるのもおしゃれ。

こちらはワイヤー素材を利用したモダンな椅子に、白のファー素材を組み合わせいます。

モダンでカジュアルな椅子が、ファー素材で上質な風合いに変身しているのがポイント。

空間全体も白を基調としていながら、上品なモダンインテリアになっています。


 

ファー素材を椅子に使用する2

designsixtynine

こちらはクッション素材を活かした椅子に、白のファー素材を敷いています。

椅子の座面にファー素材を敷き、格子柄のクッションを一つ置いてリラックス感のある上品な空間を演出しています。

ツボのようなデザインのサイドテーブルを置くことで、より上品な空間になっているのもポイントです。


 

ファークッションで上質なリラックス感を誘う

ファークッションで上質なリラックス感を誘う

minimal._.white

ファー素材の製品はカーペットやブランケットなどが多いですが、クッションもおすすめ。

こちらは白のモダンなソファにグレーのファークッションを組み合わせ、上品でありながらもリラックスしやすい空間を作り上げています。

モノトーンの色彩になっているので、落ち着いた質感になっているのも大きな魅力です。


 

ファークッションで上質なリラックス感を誘う2

designsixtynine

こちらはベッドにファークッションを取り入れたケース。

ニットブランケットを敷いたベッドに、ストライプや花柄などのクッションと共にファークッションを合わせて、華やかな空間を演出しています。

ファークッションがあることで、ラグジュアリーなワンポイントになっているのも魅力的。

ヘッドボードに使われているシャビーシックな木材とも良くマッチしています。


 

ベッドカバーとしてファー素材を活用する

ベッドカバーとしてファー素材を活用する

kim_dti

ファー素材はベッドカバーとそて取り入れることで、上質なベッドルームを演出できます。

こちらはグレーカラーを基調とした空間に、大きなサイズのベッドを置いています。

グレーカラーのファー素材をベッドカバーのように敷くことで、単調なワントーンインテリアが一気に上品なものになります。

さまざまなデザインのクッションを取り入れることで、華やかなワンポイントがあるのもいいですね。


 

まとめ

ファー素材を活かしたインテリアは、寒い時期との相性がいいので、季節感を出したインテリアを展開したい人におすすめの素材です。

ソファーはもちろん椅子やベッド、床など、お好きな場所にファー素材を取り入れて、ふんわり温もりがありつつも上品なインテリアをぜひ楽しんでみましょう。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告