【連載】味気ないプラケースを塗料と木材で温かみのある収納ボックスに変身させよう!

シンプルで真っ白な収納ボックスって、きっちりスッキリとモノを整えるのにはピッタリだけれど、なんだか味気ない…。子供部屋にはもう少し温かみや面白さもあったらいいなと思いますよね。今回は、セリアのシンプルなプラケースを、塗って、つけるの2工程で温かみのある収納ボックスに変身させます!それでは始めます!

公開日:2018/09/19
著者:
【連載】味気ないプラケースを塗料と木材で温かみのある収納ボックスに変身させよう!

著者名

rumi

rumiオフィシャル

思考と空間の整理のプロ・ライフオーガナイザー  自宅の収納方法やDIYでのリフォーム、100均リメイクなどをSNSで公開中。 収納やリメイク、インテリアの記事の執筆、雑誌・WEBサイトへレシピ提供、店舗プロデュース 2016年9月に宝島社より【Rumiのおうち時間を楽しむインテリア】を出版しました。 

シンプルで真っ白な収納ボックスって、きっちりスッキリとモノを整えるのにはピッタリだけれど、なんだか味気ない…。

子供部屋には、もう少し温かみや面白さもあったらいいなと思いますよね。

今回は、セリアのシンプルなプラケースを、塗って、つけるの2工程で温かみのある収納ボックスに変身させます!それでは始めます!

塗る!つける!で温かみのある雑貨作り

材料はこちら!

収納ケース 1つ

木板(9㎝幅) 1本

角材 1本

蝶番 2つ

タグ 1つ

全てセリアで揃います。


 

広告

 

作り方

まずは木板を20cmにカットします。


 

角材は18.5cmにカットします。


 

木板の角2か所を斜めにカットして、やすりで擦って丸みを出します。


 

プラケースをペイントします。グレーを塗りました。

色が上手く乗らない場合はやすり掛けを軽くするか、ミッチャクロンを軽く吹き付けてみてください。

2度塗りしますが、1度目はしっかりとベタ塗りしてください。


 

2度目はスポンジやラップを丸めたものに塗料を少し取って、ポンポンと叩くように色を入れていきます。

ムラを出して、さらに上から茶やワックスなどを軽く入れてもいいですね。

タグも、同じように色を入れておきましょう。


 

プラケースを乾かしている間に、木板と角材も塗ります。

今回はワトコオイルのミディアムウォルナットを塗りました。


 

プラケースと木材が乾いたら、2つを合わせていきます。

角材をプラケースの持ち手よりも上に置いて、ビスで固定します。画像は裏側です。


 

前から見るとこんな感じになります。


 

次に木板を角材に合わせて置き、蝶番で2つを固定します。最後にタグをつけて完成です!


 

郵便ポストのような収納ケース

シンプルで味気ない真っ白なプラケースが、雑貨屋さんにありそうな玄関ポストのような収納ボックスに大変身しました。

例えばハンカチやティッシュを収納したり・・・。


 

グリーンを入れてディスプレイしたり…。収納以外にも鉢の替わりとしても使えますね!


 

家族が一緒に過ごすことの多いリビングなどに置いて、プリント収納にも使えそうです。

あとはおやつなどを入れてもいいですよね。


 

まとめ

いかがでしたか?塗る、つけるの2工程で簡単にリメイク出来ました。是非試してみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告