長く使えるものを選びたい。元家具店店長に聞く「ちょっといい家具」の選び方

新生活を始める春が過ぎ、少し落ち着いてから家具をそろえていこうかな、とお考えの方も多いのではないでしょうか。どうせなら、長く使える“ちょっといい家具”がほしい。だけど、少々高い買い物ですし、捨てるのも大変、失敗はしたくないですよね。元家具店の店長であるグッドルームスタッフに、“ちょっといい家具”の選び方、聞いてみました。

公開日:
著者:
長く使えるものを選びたい。元家具店店長に聞く「ちょっといい家具」の選び方

著者名

goodroom journal

goodroom journal専門家

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

元家具店店長のお部屋を拝見

新生活を始める春。

少し落ち着いてから、家具をそろえていこうかな、とお考えの方も多いのではないでしょうか。

この時期、IKEAや無印良品は大混雑だと聞きますが、どうせなら、長く使える“ちょっといい家具”がほしい。

だけど、少々高い買い物ですし、捨てるのも大変、失敗はしたくないですよね。

元家具店の店長である、グッドルームスタッフに、“ちょっといい家具”の選び方、聞いてみました。(スタッフ田村)

 

それにしても(元)店長、いい部屋住んでますね。


 

広告

 

長く使えるものを選びたい。“ちょっといい家具”の選び方

まずは一番好きな家具を選ぼう

家具を選ぶ時の基準として、まずは、お部屋の主役になるような一番好きな家具を決めます。

ダイニングだったらそれに合わせてチェアやシェルフを選んでいきましょう。ソファを優先しても同じようにします。

一生を一緒に過ごしていけるような、大切な家具を選ぶといいですね。

 

好きな家具を中心に、全体のイメージを作っていきます。ばっちりきまってます。


 

組立てがシンプルな物をチョイスしよう

次に引っ越すときのことを考えて、組み立て式をチョイスしがちですが、小さく梱包できる分、強度がやや心配だったり、ビスが多く見えて綺麗ではなかったりします。

昔ながらの家具など、シンプルでしっかりしたものがオススメ。

 

ローテーブルは折りたたみもありますけど、やっぱり一体型は美しいですね


 

ひとり暮らしなら……アンティークの椅子をひとつ持とう

一脚気に入ったものをもっていると、机に合わせなくても、部屋の片隅に置いておくだけでも絵になります。

 

なんならテーブル代わりにも。椅子ってかわいい。


 

定番のイームズもやっぱりオススメです。


 

ふたり暮らしなら……ダイニングテーブルにこだわろう

ダイニングテーブルは占める範囲が広く、部屋の全体のイメージはこれで決まります。

店長の部屋も、まず「ダイニングテーブル」を決めて、それに合わせて他の家具を選んだそう。

 

イデーのダイニングテーブル。木の風合いが部屋全体のイメージを作っています。


 

うーむ店長、さすがになかなか手練れですな。

気軽に頼んだら、かなりつくりこんだ部屋が出てきてびっくりしましたが、最後にオススメの家具屋さんも教えてもらいました。

 

オススメの家具屋さん

吉祥寺 Roundabout & OUTBOUND

吉祥寺の有名家具屋さん。雑貨を買いにのぞきにいくのも楽しいですよね。

 

照明や


 

カゴなど。置いておくだけで絵になる!これは真似したいテクニック。


 

高円寺 Malto

高円寺のアンティークショップは、ネットショップもできます。

 

アンティーク小物があるだけで、なんだかオシャレ上級者の雰囲気です


 

木箱を使った収納も。これは真似しよう!


 

グッドルームでは、お部屋が決まったあとも、部屋に合わせた家具選びのご相談など、ご要望とあらばお答えします!
元店長も待っていますのでぜひグッドルームにお問合せを。

 

こちらもおすすめ☆

掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください

関連タグ

内容について運営スタッフに報告