小さなスペースに豊かな世界が広がる、kokkomachaさんのベランダガーデニング

植物をうまく暮らしに取り入れ、楽しむヒントを探しに、暮らしの達人の部屋をたずねます。 今回おじゃましたのは、kokkomachaさんの部屋。 リビングのお隣にあるベランダにはお花がいっぱい。小さなスペースをうまく使ったガーデニングテクニックを教わります。

公開日:2018/07/10
著者:
小さなスペースに豊かな世界が広がる、kokkomachaさんのベランダガーデニング

著者名

goodroom journal

goodroom journal専門家

デザイナーズ、リノベーションなど、おしゃれな賃貸サイト・アプリ「goodroom」を運営しています。 インテリアや、ひとり暮らし、ふたり暮らしのアイディアなど、賃貸でも自分らしい暮らしを楽しむためのヒントをお届けします。

ベランダガーデニングで豊かな世界を楽しもう

植物をうまく暮らしに取り入れ、楽しむヒントを探しに、暮らしの達人の部屋をたずねます。

今回おじゃましたのは、kokkomachaさんの部屋。

リビングのお隣にあるベランダにはお花がいっぱい。小さなスペースをうまく使ったガーデニングテクニックを教わります。

text : Miha Tamura / photo : Takuya Kanai


 

広告

 

戸建にお住いのkokkomachaさん。玄関にも緑がたくさん!


 

2階に招いていただくと、正面にご覧の通りの素敵な世界が。


 

kokkomachaさんのベランダは、2階のリビングに面した小さなスペース。

お隣の建物の目隠しになるように白いルーバーラティスを立て、高さが出るように工夫して配置されています。

リビングからは1枚の絵を見ているよう。表情豊かないろんなグリーンやお花が目を楽しませてくれます。

 


 

「何よりも、バランスが大事」とkokkomachaさん。冬も寂しくならないよう、お花や雑貨に混ざって常緑樹もところどころに配置。

リースにもできるユーカリポポラスや、スモークツリーがお気に入り。


 

お花の寄せ植えは、相性の良さも重要。メインのお花を決めたら、お店の人に「このくらいの鉢に植えたいんです」と聞いてアドバイスをもらうそう。


 

よく見ると、ラティスには室内で使う棚板や、ボックスなどが取り付けられています。外で使う分少しジャンクな雰囲気で、それもまた素敵。


 

アカシアテレサの植えられた大きなバケツは、おばあちゃんのお家にあったもの。植物用の鉢ではないものも、電動ドリルで穴をあけて上手に活用します。


 

多肉植物はいろんな雑貨と組み合わせて

ピンクやパープルなど、カラフルな彩りを添えている多肉植物たちは、近所にお住いの方に安くゆずってもらったもの。

葉挿しで増やして、いろんな雑貨と組み合わせて飾られていました。

 

「やっとピンクになってくれた!」というのは、姫秋麗という種類。


 

 


 

紅茶の缶や、ホーローの食器などにも穴をあけて多肉を植えます。小さな雑貨の中に植えると、まるでミニチュアの森林みたいな雰囲気。


 

ブロカントなリビングにもグリーンをプラス

とても人懐こいワンちゃんが迎えてくれた1階のリビングは、蚤の市みたいなディスプレイがたくさん。


 

お気に入りの古道具など雑貨がたくさん並ぶデスクの上は、ドライフラワーで彩りを。


 

「やっと手に入れた」というお気に入りのミシン台にもグリーンをプラス。


 

三日月スワッグは、玄関で育てたミモザを使ったもの。


 

キッチンにも!ちょこんと緑があるだけで、料理も楽しみになりますね。


 

雑貨や、グリーン、お花をバランスよく組み合わせたkokkomachaさんのベランダ&リビング。

小さなスペースに好きなものがいっぱい詰め込まれているのに、全体をブロカント&ジャンクなトーンに揃えることで、こんなに落ち着いた居心地のよい空間が作れるんですね。

 


 


 


 


 

kokkomachaさんのブログ、Instagramアカウントはこちら
http://ameblo.jp/kokkomacha
https://www.instagram.com/kokkomacha/

>「緑のある暮らし」記事一覧を見る
>「ペットと暮らす」インテリア実例をもっと見る
>goodroomで「テラスハウス&戸建て」の賃貸を探す
>goodroomで「ペット可」の賃貸を探す


 

こちらもおすすめ☆

掲載商品の在庫については各店舗にご確認ください
内容について運営スタッフに報告