BOHOスタイルの進化形!?注目の折衷インテリア「エクレクティック・スタイル」の作り方

インテリア好きの人々の間で、ここ最近注目を集めている、「ECLECTIC STYLE(エクレクティック・スタイル)」。日本語だと「折衷スタイル」になります。様々なテイストをミックスさせる、今注目のスタイルの作り方のポイントをご紹介いたします。

公開日:2018/07/11
著者:
BOHOスタイルの進化形!?注目の折衷インテリア「エクレクティック・スタイル」の作り方

著者名

Sayang

Sayang

インテリアやアート、ファッション、自然など美しいものに心惹かれ、興味を持っています。日々、家族のために心地よい暮らしを心がけています。海外在住で、夫と2人の息子、犬と猫の6人家族です。

インテリア好きの人々の間で、ここ最近注目を集めている、「ECLECTIC STYLE(エクレクティック・スタイル)」。日本語だと「折衷スタイル」になります。様々なテイストをミックスさせる、今注目のスタイルの作り方のポイントをご紹介いたします。

さまざまなテイストとカラーをミックスして

個性の強いアイテムをまとめるスタイル

_lisa_dawson_

こちらは、インテリアブロガーとして活躍されているリサさんのリビング。ご覧のように様々なテイストのアイテムやカラーがミックスされたエクレクティック・スタイルです。

1つ1つを見ていると、それぞれ個性が強く組み合わせが難しいようにも思いますが、リサ・マジックにかかると、絶妙なバランスでスタイリッシュなミックスインテリアが完成します。


 

広告

 

天然素材を取り入れて

natasha.designs

カラフルなアイテムの中に、天然素材を取り入れることもエクレクティック・スタイルのポイントになります。

こちらはアメリカのミズーリ州でインテリアデザイナーをされているナターシャさんのリビング。

民族模様のラグや蝶の標本、ファンキーなウォールハンギングなど、人工的なものと伝統的なものがまさに折衷されたスタイルですね。


 

ダークカラーの空間にカラフルなアイテムを

patirobins

こちらはイギリスにお住いのフォトグラファー・パティさんの個性あふれるリビング。トレンドのダークカラーの壁に、様々なアイテムがデコレーションされています。

デコラティブなフレームもブラックにペイントすることで、シックな印象になりますね。こっくりしたイエローやヴィヴィッドなレッドが、美しいコントラストを生み出しています!


 

アクセントを作らない!

大きな壁面をギャラリーウォールに

natasha.designs

エクレクティック・スタイルのポイントは、アクセントを作らないこと。何か1つのアイテムを目立たせるのではなく、インテリア全体で印象付けることが大切です。

こちらはナターシャさんのライブラリーコーナー。淡いブルーの壁面をギャラリーウォールとして楽しんでいます。本棚の本は、あえて背表紙を見せないアートのような収納スタイルです。


 

ギャラリーウォールもすっきり見せる

_lisa_dawson_

深みのあるグリーンのソファを中心にしたコーナーにも、カラフルなラグやクッション、ヴィヴィッドピンクのランプシェードなどをプラスした、ミックススタイルです。

背面の壁は、様々なアートを飾ったギャラリーウォールとして楽しんでいます。たくさん並んだフレームの最上段と最下段のラインを揃えることで、雑多に見えずスタイリッシュな壁面に。


 

ユーティリティを考えたモノ選び

デコレーションだけでなく実用できるアイテムを

natasha.designs

ロイヤルブルーの張地のチェアをシンメトリーに配したコーナーは、中央にクリアデザインのバーテーブルを置いています。

デコレーションとしての見た目だけでなく、グリーンを置く花台として、カップやグラスを置くテーブルとして実際に使用できるユーティリティを考えたモノ選びがポイントです。


 

踏み台をグリーンスタンドに

natasha.designs

外からの光が差し込む窓際を、グリーンコーナーにしているこちらのお部屋。木製の踏み台や、クラシカルなデザインのオットマンをグリーン置き場に使っているアイデアは参考にしたくなりますね。


 

穏やかなカラーパレットで作るエクレクティック・スタイル

天然素材にカラートーンを合わせる

natasha.designs

エクレクティック・スタイルでは、1つの色をインテリアデザイン全体で繰り返し使うことがあります。

色はインテリアの見た目を引き立てる役割を果たすからです。特に、天然の木の色に合わせたトーンでまとめると、落ち着きのあるリラックスしたムードを作ることができますよ。


 

オフホワイトの空間に

natasha.designs

こちらもナチュラルなカラートーンでまとめられたエクレクティック・スタイルのリビングです。

北欧インテリアがベースになっていますが、プフが置かれていたりアクリル樹脂のコーヒーテーブルがチョイスされていたりと、いくつもの折衷がありますね。

明るくナチュラルなオフホワイトをベースにすると、様々なテイストが合わせやすくなります。


 

アースカラーにオレンジを効かせて

hunt.and.scavenge

こちらは、白い壁と黒い天井というモダンな空間にしつらえられたエクレクティック・スタイル。

グレーのソファーとベージュの1人掛け用チェアを組み合わせたリビングに、ゴールドを効かせたアイテムを取り入れています。オレンジのクッションが、アースカラーのインテリアの効かせ色に生っています。


 

まとめ

海外のインテリアブロガーを中心に注目を集めている「ECLECTIC STYLE(エクレクティック・スタイル)」についてご紹介しました。

長く愛されているBOHO(ボホ)スタイルの進化系ともいえるエクレクティック・スタイル。様々な国や文化のモチーフをミックスさせて心地いいインテリアを作り上げることができます。

是非、皆さんも「ECLECTIC STYLE(エクレクティック・スタイル)」を取り入れてみてくださいね。

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

関連タグ

内容について運営スタッフに報告