【連載】100円ショップのフェイクグリーンでフライングリースを作ろう!

数年前までは100円ショップのフェイクグリーンって偽物感が強くて使い辛い印象でしたが、最近のフェイクグリーン、フェイクフラワーは本当に進化していて、遠目で見るとほとんど分からないくらいのクオリティのものもたくさんあります。今回は、フライングリースを作ってみました!ハサミ以外は何も使わずに出来ました。

公開日:2018/05/02
著者:
【連載】100円ショップのフェイクグリーンでフライングリースを作ろう!

著者名

rumi

rumiオフィシャル

思考と空間の整理のプロ・ライフオーガナイザー  自宅の収納方法やDIYでのリフォーム、100均リメイクなどをSNSで公開中。 収納やリメイク、インテリアの記事の執筆、雑誌・WEBサイトへレシピ提供、店舗プロデュース 2016年9月に宝島社より【Rumiのおうち時間を楽しむインテリア】を出版しました。 

こんにちは!ライフオーガナイザーのRumiです。

数年前までは100円ショップのフェイクグリーンって偽物感が強くて使い辛い印象でしたが、最近のフェイクグリーン、フェイクフラワーは本当に進化していて、遠目で見るとほとんど分からないくらいのクオリティのものもたくさんあります。

スワッグを作ったり、リースを作ったり、フェイクグリーンはいろんな形に変化するので、面白いですよね!今回は、フライングリースを作ってみました!ハサミ以外は何も使わずに出来ました。それでは早速始めます。

進化した100円ショップのフェイクグリーンがリメイクにピッタリ!

材料はこちら!

100円ショップのリース台と麻紐を用意します。


 

広告

 

フェイクグリーンはたっぷり用意してくださいね!


 

まずは麻紐をリース台に括りつけます。吊るすので、バランスに気を付けながら括ってくださいね。


 

吊そうと考えているところに持って行ってみて、麻紐を3本集めて一緒に縛ってください。


 

ツル性のフェイクグリーンをリース台にクルクルと巻き付けていきます。これは1つ巻き付け終わったところです。


 

3つ巻き付けました。少しリース台が見えているので、4つでもいいかもしれません。


 

小さなスワッグも引っ掛けます。麻紐がついているタイプだったので、葉っぱに通して引っ掛けました。

ボンドも針金も使わずにフライングリースが出来ました!作業時間は30分程です。とても簡単に手も汚れずに楽しく作業が出来ました。


 

窓辺に飾って・・・

窓辺に飾ってみました。風が吹くとゆっくりとクルクル回って見ているだけで癒されます。


 

ツル性のフェイクグリーンをもう1つくらい巻いた方が良かったかな?と思いましたが、遠目で見ると全く問題ありませんでした。


 

まとめ

ユーカリの香りのオイルを数滴葉っぱに垂らしてあげると、揺れるたびにいい香りがします。とても簡単なので、是非作ってみてくださいね!

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。