GUで見つけた!今から使える秋のキレイ色アイテム&コーデをご紹介☆

鮮やかなキレイ色が豊富だった2017春夏。まだまだ暑さは続きそうですが、そろそろ色味だけでも秋を意識したいですよね。そんな時は、まずコーディネートの差し色になるキレイ色を秋っぽい色にチェンジしてみてはいかがでしょう?そこで今回は、GUで見つけた今から使える秋のキレイ色とコーディネートをご紹介したいと思います。

2017/08/21 更新
著者:
GUで見つけた!今から使える秋のキレイ色アイテム&コーデをご紹介☆

著者名

tentenwork

tentenwork

男の子を子育て中の主婦です。それまではセレクトショップを中心に、約10年間アパレル業界で仕事をしていました。プチプラブランドからセレクト系まで、等身大のおしゃれをご提案できたらと思います★

そろそろキレイ色を秋色にチェンジしてみませんか?

鮮やかなキレイ色が豊富だった2017春夏。まだまだ暑さは続きそうですが、そろそろ色味だけでも秋を意識したいですよね。そんな時は、まずコーディネートの差し色になるキレイ色を秋っぽい色にチェンジしてみてはいかがでしょう?そこで今回は、GUで見つけた今から使える秋のキレイ色とコーディネートをご紹介したいと思います。

 

広告

 

シック&華やぎカラーのボルドー

赤やピンクよりもシックな色合いながら華のあるボルドーは、秋のキレイ色の筆頭カラー。GUの秋の新作でも多く使われています。夏の終わりは白っぽい色合いやリネンのアイテムなどと合わせて、コーデが重くなり過ぎないようにするのがおススメです。

 

ウォッシュ加工がされたカジュアルなモックネックTシャツに、リネン混のゆるパンツを合わせて。ニュアンスのあるボルドーの色合いが、麻のナチュラルな雰囲気ともよく合っています。


 

ボルドーのヘムフレアスカートに、キレイめな白のノースリーブトップスを合わせてレディライクに。黒の小物で引き締めていますが、ヌーディーなサンダルなので足元に軽さと抜け感が出ています。


 

引続きトレンドアイテムのワイドパンツをボルドーに。手持ちの夏トップスともバランスが取りやすくておススメです。キャメルのパンプスとの色合わせで秋らしい足元に。


 

ラッフルスリーブとサテン素材がエレガントなトップスに、ハイウエストのフレアデニムを合わせて。旬のアイテム同士をスタイリングしたキレイめカジュアルなコーデです。デニムも濃い色を選ぶと一気にシックな雰囲気に。その分サンダルで足元に抜け感を出して。


 

春夏でも大人気だったレースタイトスカートにも、秋バージョンとしてボルドーが登場しています。同じくボルドーのニットを合わせて、セットアップ風のスタイリングに。オフィスシーンでも使えそうなコーデですね。


 

ラッフルブラウス×今期GUイチ押しのグレンチェックのワイドパンツで、トレンドのフェミニン&マスキュリンのミックスコーデ。同じくトレンドアイテムのコルセットベルトで、スタイリングにメリハリを付けています。


 

新鮮さを狙うならフォレストグリーン

春夏に人気だったブライト系のグリーンに変わって、秋からは青みがかったフォレストグリーンがシック&新鮮でおススメ。ボルドーと同じく、暑い内は白っぽいアイテムと合わせ、季節が進むにつれて黒などの濃色の割合を多くしていくと◎。

 

袖のギャザーが特徴的なデザインブラウスに、淡いピンクのパンツを合わせたキレイめコーデ。シックなグリーンだからこそ、ピンクともケンカせずにしっくりと馴染んでいます。


 

トレンドのコルセットがドッキングされたデザイン×グリーンのカットソーは、着るだけでたちまち旬のスタイルに。夏の内は、白のパンツを合わせて爽やかに。


 

前と同じデザインカットソーに、濃い色のワイドデニムを合わせて。濃色のボトムスと合わせると、よりシックで落ち着いた雰囲気に。


 

落ち感のあるとろみブラウスをメインにモノトーンのアイテムでまとめた、大人っぽくキレイめなコーデ。シックながらグリーンの色が引き立ちます。


 

春夏から引き続きマスタードイエローも人気

春夏も人気だったマスタードイエローは、元々落ち着いた色合いなので引続き秋のキレイ色としても使えます。なるべくダークトーンの色めや秋小物を合わせて、春夏と異なる雰囲気にすると◎。

 

 

五分袖のリブトップス×黒ベースの花柄スカートで、シック&レトロガーリーなコーデ。花柄も春夏に引続きトレンドの柄の1つです。


 

シンプルなTシャツにネイビーのパンツを合わせて。タックインしてウエストマークすることでキレイめ感をプラス。残暑が厳しい初秋におススメの大人カジュアルスタイルに。


 

タイトスカートもこの秋冬注目されているアイテムの1つ。夏の間は白のTシャツを合わせて、ヘルシー&爽やかな装いに。ブラウンのキャップが秋らしさをプラスして、こなれカジュアルスタイルにまとめています。


 

◌⑅⃝ョコ⑅𓃠さんの(無印良品)を使ったコーディネート

前と同じスカートに、ギンガムチェックのシャツブラウスを合わせてレディライクに。ウエストに巻いた細ベルトもアクセントとして効いてます。


 

フレアスカートをメインに、あとは黒でまとめて。肩出しトップスやヌーディーサンダルで、重くなり過ぎないようにコーデに抜け感を出しています。


 

まとめ

いかがでしたか?今回ご紹介したいのは、いわゆる秋色夏素材のアイテムです。今からワードローブに加えれば、秋の気分を先取りしつつ、残暑厳しい秋口も快適に過ごせます。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
画像の無断転載を禁じます。

シェアしよう!