【ボブが似合わない】って諦めないで。輪郭別におすすめのボブヘアと対処法をご提案

大人世代にも人気の高い髪型の1つが、ボブです。ところが、中にはボブが似合わないと悩んでいる人も多くいます。ここでは、骨格や輪郭、顔タイプ別に、似合わないボブを似合うボブにする対処法やアレンジの方法を見ていきましょう。

公開日:
【ボブが似合わない】って諦めないで。輪郭別におすすめのボブヘアと対処法をご提案
Sayang

Sayang

ライター

イギリス人の夫と息子二人の四人家族です。動物好きで、犬と猫も飼っています。趣味は読書。インテリアやファッション、アートや文学など美しいものに心惹かれます。

似合わないと悩む大人におすすめのボブ

大人世代にも人気の高い髪型の1つが、ボブです。ところが、中にはボブが似合わないと悩んでいる人も多くいます。なぜボブが似合わないと感じるのかというと、それは顔の輪郭に合った髪型を選んでいないから。

ここでは、骨格や輪郭、顔タイプ別に、似合わないボブを似合うボブにする対処法やアレンジの方法を見ていきましょう。

似合わない人におすすめのボブ【面長】

タテを強調するボブは面長さんに似合わない

まずは、面長さんに似合わない大人ボブをチェックしてみましょう。面長さんに似合わない大人ボブとはどんなボブでしょうか。

ストレートのミディアムレングスにパッツン前髪のおかっぱボブのような髪型は、面長さんの特徴である縦長のお顔を印象付けてしまいます。

タテのラインを強調する大人ボブは、似合わないので要注意です。トップにボリュームを持たせるボブは避けた方がよいでしょう。


 

 

前髪を流して輪郭をカバーするミディアムボブ

面長さんに似合わない大人ボブを避けるコツの1つが、前髪のアレンジです。

タテのラインを強調するボブは面長さんに似合わないので、前髪を流してトップのボリュームをそぐようにしましょう。

前髪を厚めに残してチークラインに向けて流すようにすると長さが気になる面長さんの輪郭もカバーされます。

毛先も内側に巻くようにすると、大人可愛い雰囲気になるでしょう。


 

サイドのボリュームを出す外ハネくびれボブ

ボブが似合わないと感じる面長さんにおすすめしたい大人ボブは、横にボリュームを出した髪型です。

こちらは、大人かわいい印象の外ハネくびれボブ。

トップにボリュームが出る髪型は面長さんに似合わないのですが、逆にサイドにボリュームが出る外ハネボブの髪型は大人っぽくきれい目な雰囲気が面長さんにぴったりです。


 

きれい目なひし形シルエットの前下がりボブ

面長さんにおすすめのサイドにボリュームを出した大人ボブといえば、ひし形シルエットの髪型も外せません。

正面から見たときに一番ボリュームが出る位置を、チークのあたりなど少し高めにするのがおすすめ。

面長さんにボブが似合わない原因になる、タテのラインが気にならなくなるからです。大人っぽく見える前下がりのシルエットも面長さんに人気があります。


 

抜け感のあるシースルーバングと内巻きボブ

面長さんには、広い額を適度にカバーするシースルーバングもおすすめです。

気になる部分を完全に隠すよりも、抜け感のある前髪で似合わないボブを似合わせ髪型にチェンジしてしまいましょう。

シンプルな大人ボブの髪型には、毛先を内巻きにしてさりげなくサイドのボリュームをアップしてください。


 

似合わない人におすすめのボブ【丸顔】

サイドに広がるボブは丸顔さんに似合わない

次に、丸顔さんに似合わない大人ボブをチェックしてみましょう。丸顔さんに似合わない大人ボブとはどんなボブでしょう。

ひし形シルエットのような横にボリュームがある髪型は、丸顔さんの丸い輪郭がさらに強調されて似合わないようです。

また、毛先を内巻きに入れ込む髪型も、輪郭に視線が集まるのでおすすめしません。


 

トップを巻いて丸みを出したショートボブ

丸顔さんはマッシュなボブは似合わないと言われていますが、ショートボブにするとおしゃれ度が上がります。

似合わないボブには、丸い輪郭を強調してしまうサイドヘアの長さやシルエットなどに問題があります。

チーク位置から下の髪は毛量を抑えめにした大人ボブなら、丸みを強調しません。トップはゆるく巻いてふんわり感を出しています。


 

大人顔のAラインシルエットのあごラインボブ

丸顔さんに似合わない大人ボブは、丸い輪郭を強調してしまう髪型です。

Aラインシルエットのボブなら、さりげないくびれシルエットが小顔見せ効果も期待できます。

顔周りの毛束は長めに残したあごラインボブは、大人顔が演出しやすい髪型です。サイドにボリュームを出さないような耳掛けスタイルもおすすめします。


 

前髪なしで作るゆるめ外ハネのワンレンボブ

サイドにボリュームが出る内巻きボブは、丸顔には似合わないとされています。

丸い輪郭をカバーするのではなく思い切り出してしまう髪型にすると、逆にすっきり見せることができるでしょう。

タテのラインを印象付けるワンレンボブをウェットにスタイリングしたこちらの髪型は、前髪なしでゆるやかな外ハネが大人可愛い雰囲気です。


 

額を出したゆるふわパーマのワンレンボブ

ゆるやかなパーマボブも、丸顔さんにおすすめの髪型です。

サイドに広がりすぎると、丸顔さんに似合わない大人ボブになるので要注意。丸顔の輪郭が卵型に見えるように、あご下ラインの大人ボブを目指しましょう。

パーマもゆるやかな巻きにしてタテを強調します。きれい目な髪型にするためには、前髪を長めにして額を出すようなスタイリングがおすすめのポイントです。


 

似合わない人におすすめのボブ【ベース型】

シンプルボブはベース型さんに似合わない

続いて、ベース型さんに似合わない大人ボブをチェックしてみましょう。ベース型さんに似合わない大人ボブとはどんなボブでしょう。

エラやハチが張り気味のベース型さんには、コンパクトなボブはペタッとして見えて似合わないといわれています。

ベース型さんにはアシンメトリーなシルエットの髪型がおすすめです。また、前髪なしのボブは顔の横幅をカバーしてくれます。


 

 

気になるエラをカバーするくびれミディアムボブ

エラが気になるベース型さんには、横幅が強調される髪型は似合わないので気を付けましょう。

ボブの場合もタテのラインが強調されるミディアムレングスの外ハネボブがおすすめです。チーク位置でくびれを作ると、輪郭をカバーしてくれます。

トップにはヘアアイロンやコテなどでワンカールをプラスすると、ボリュームが出ておすすめです。


 

レイヤーを入れて柔らかさを出す外ハネロブ

ベース型さんも丸顔さんと同じように、顔の輪郭をカバーする髪型がおすすめです。輪郭をカバーするボブといえば、外ハネボブ。

トップはふんわりとボリュームを出して、タテのラインを意識したスタイリングがおすすめです。

レイヤーが入ったロブスタイルの髪型は、柔らかで大人可愛い雰囲気を作ります。


 

立体感もあり輪郭を包み込むようなひし形ボブ

ベース型さんには横幅を強調したボブは似合わないとされていますが、輪郭を包み込むようなシルエットのひし形ボブはおすすめの髪型です。

トップや後頭部の髪をふんわりさせて立体感を出すと、ヘアの重心が高くなるのでベース型さんに似合う髪型になります。

前髪はシースルーバングで抜け感をプラスして、軽さを出しましょう。


 

前髪をアシンメトリーに分けたショートボブ

ペタッとした髪型が似合わないベース型さんは、立体感や動きのある髪型がおすすめです。

レイヤーを入れてエアリーな動きをプラスしたショートボブは、前髪を作らずにタテのラインを強調しています。

アシンメトリーな分け方をすることも、ベース型さんにおすすめのスタイリングです。


 

似合わないボブから似合うボブへチェンジ

面長さん、丸顔さん、ベース型さんと、輪郭別に似合うボブと似合わないボブがあります。気になる部分をカバーしたり、特徴を活かしたり、デザインの選び方によって髪型の楽しみが広がるでしょう。

ボブが似合わないと感じている人は、ご自分の顔の輪郭に合わせた似合うボブにチェンジしてみませんか。

こちらもおすすめ☆