《ハンドメイド》ディスプレイ棚の作り方まとめ。おしゃれなアイデアをご紹介

本記事では、ご自宅のディスプレイやイベント什器としても使える、ハンドメイドの棚の作り方をご紹介します。折りたたみ可能なタイプや壁面取り付けタイプ、ひな壇タイプなど、ハンドメイド初心者の方でもできるアイデアは、必見です。

公開日:
《ハンドメイド》ディスプレイ棚の作り方まとめ。おしゃれなアイデアをご紹介
mochi_kinako

mochi_kinako

ライター

ハンドメイドや模様替えが大好きな1児の母です。最近は手帳のデコレーションも、日々楽しんでいます。インテリアの他、ギフトや暮らしの知恵など、幅広い記事を執筆できればと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

ハンドメイドのディスプレイ棚の作り方は?

ご自宅用やイベント用にあると便利なのが、ディスプレイ棚ですよね。今回はハンドメイドでできる、おしゃれなディスプレイ棚の作り方をご紹介します。折りたたみタイプのものやひな壇タイプのものなど、什器にも使いやすい物を幅広くお届けしますのでぜひ参考にしてみて下さいね。

100円均雑貨や空き箱を使ったアイデアもありますので、できるだけお金のかからない手作りをしたい方にも、ぴったりですよ。おしゃれな棚が欲しい方は必見です!

ハンドメイドのディスプレイ棚の作り方|卓上タイプ

クールな雰囲気のハンドメイド棚の作り方

バーベキューネットと板材を組み合わせた、クールでおしゃれなディスプレイ棚です。

作り方は、折り曲げたバーベキューネットに、穴を開けた板材を結束バンドで止めていくだけ。

結束バンドを外せば棚板は移動できるので、レイアウト変更も簡単にできますよ。

バーベキューネットは好みの色でペイントすると、インテリアなじみもよいおしゃれなアイテムになります。

実例では3つ並べて飾っていますが、1つだけでも素敵です。


 

 

ひな壇タイプのハンドメイド棚の作り方

小物やアクセサリー類も映える、ひな壇タイプのディスプレイ棚です。

作り方は、コグチ加工されたMDF転写板をダボピンではめ込んでいくという方法になっています。

接着剤なしで作ってあるので、使わない時にはバラバラにして収納しておくこともできるのだそう。

お雛様を飾ったり、イベント時の什器にしたりとマルチに使えそうな手作りアイデアです。

コグチ加工された板は見た目もおしゃれで、高級感が出るのがうれしいですね。


 

クリア素材がおしゃれなハンドメイド棚の作り方

セリアのディスプレイラックを柱として活用した、ディスプレイ棚です。

作り方は、縦に方向を変えたディスプレイラックと板をボンドで固定するだけととてもシンプル。

クリア素材を使うことで、棚に軽やかさが出ておしゃれな雰囲気になりますね。

ディスプレイラックは水に強い素材なので、キッチンや洗面所など水回りでの使用の仕方もおすすめですよ。

木板の色味を変えると、また違った手作り作品になりそうです。


 

おしゃれな扉付きのハンドメイド棚の作り方


ディスプレイ小物をホコリや汚れから守りたいなら、扉付きのディスプレイ棚がおすすめです。こちらは、キャンドゥのディスプレイボックスを使ったアイデアです。

作り方は、底板を抜いたディスプレイボックスを6つ組み合わせるというもの。ペイントする際には塩ビ板を一度抜くと、塗料も付かず綺麗な仕上がりになります。

大切なアクセサリーや壊れやすい雑貨のディスプレイにもぴったりの、おしゃれなハンドメイド作品です。

 

ハンドメイドのディスプレイ棚の作り方|折り畳みタイプ

おしゃれなラダータイプのハンドメイド棚の作り方

人気のラダータイプのディスプレイ棚です。作り方は、ペイントした細い板をはしご型に組み立て、棚板をのせるというもの。

棚板は取り外せるので、折りたたみも可能です。

サイズを変えるとどんなもののディスプレイにも活用できるので、ハンドメイドイベントなどの什器にもよさそうですね。

ナチュラルなインテリアにもよく似合うラダータイプのディスプレイ棚は、お部屋をおしゃれに飾り付けたい方にもぴったりです。


 

踏み台を活用したハンドメイド棚の作り方

より頑丈で簡単なディスプレイ棚を作りたいなら、おしゃれな踏み台を使ってみるのはいかがでしょうか。

作り方は、好みの色にペイントした板を踏み台にのせるだけです。踏み台と板のサイズを合わせると安定感が出ますよ。

折りたたみタイプの踏み台なら、持ち運びも簡単。イベント什器にはもちろん、アウトドアシーンにも活用できそうな手作りアイデアですね。

屋外で使いたい時は、板のペイントを屋外用にすると安心でしょう。


 

大型でも折りたたみできるハンドメイド棚の作り方

什器としても使える、大容量のディスプレイ棚です。棚の枠は蝶番で止めてあるので、折りたたみも可能になっています。

棚板にはストッパー状の角材も打ち付けてあるため、枠も広がらず使いやすい手作りアイデアとなっています。

折り畳みタイプのディスプレイ棚は、引っ越しや模様替えが多いお宅でも重宝することは間違いなし。

重たいものものせられるよう、プレートで補強すると安心でしょう。小さめサイズで作ると、卓上でも使えます。


 

ハンドメイドのディスプレイ棚の作り方|壁面タイプ

アイアンブラケットがおしゃれなハンドメイド棚の作り方

おしゃれな棚受けが印象的な、ディスプレイ棚です。こちらの作り方は、セリアの木板とアイアンブランケットを組み合わせるだけ。

アンティーク感のある塗装とシャビ―加工で、高級感たっぷりのおしゃれな仕上がりになっていますね。

比較的軽量な棚は、両面テープでも取り付けられるのがポイントです。

賃貸のおうちにお住いの方でしたら、マスキングテープをベースに貼り、その上から両面テープで取り付けるとよいでしょう。


 

100均ボックス4つでできるハンドメイド棚の作り方

薄型ながら収納力もあるディスプレイ棚です。こちらは、セリアのコレクションボックスを4つ組み合わせた作品。

小さめのボックスも組み合わせ次第では、大きな収納棚になるから驚きですね。

作り方はコレクションボックスを4つボンドで組み合わせて、三角カンを取り付けるだけとシンプル。

卓上に置いても使えるので、たくさん作っておうちのあちこちで使うのもよいですね。

お好みの色でペイントするのも、おしゃれでおすすめです。


 

トレーとしても使えるハンドメイド棚の作り方

トレーとしても使えるハンドメイド棚の作り方

トレーとしても使える、薄型のディスプレイ棚です。落下防止用のバーがついているので、紙ものも綺麗にディスプレイしておけますよ。作り方は、カットした木材やMDFボードを接着していくだけ。

接着後はネジでしっかり固定すると、高い位置に取り付けても安心ですね。手作り用のトレーとしてもディスプレイ棚としても使える、2wayタイプのおしゃれな作品です。

 

アクセサリー収納にもぴったりのハンドメイド棚の作り方

こちらのディスプレイ棚には、アクセサリーをひっかけられる釘がついています。

ヘアアクセサリーやブレスレットなどをひっかけられるので、とても便利ですよ。

作り方は、そうめんの空き箱に端材で棚板を取り付け、お好みの場所に釘を打ち付けるだけ。

ネックレスなど長いものを掛けたい場合は、空き箱を縦に使うとスマートでしょう。背面にはランドセルの色見本を利用しているとのことです。


 

ハンドメイドのディスプレイ棚の作り方|まとめ

ハンドメイドのディスプレイ棚のアイデアをご紹介しました。手作りの棚というと難しいイメージもあるかもしれませんが、慣れてくると手作りもコツがつかめるもの。ぜひ小さなハンドメイドのディスプレイ棚から、チャレンジしてみて下さい。

また、ご紹介したハンドメイドアイデアを、ご自身なりにアレンジしてみるのもおすすめです。サイズや色味、デザインなどを自分好みにすると、より手作りが楽しめるはずです!

こちらもおすすめ☆