《ロング》着物に似合う髪型特集。自分で出来る最新のおしゃれアレンジ15選

お呼ばれのシーンなどフォーマルな場所にふさわしい着物姿。最近ではよりカジュアルに着物を楽しむ方法もあり大人女性に人気ですよね。そんな着物姿のときに頭を悩ませるのが髪型のアレンジ。そこで自分でできる着物に似合うロングのアレンジ術を紹介します。

公開日:
《ロング》着物に似合う髪型特集。自分で出来る最新のおしゃれアレンジ15選

ロングの着物の髪型こそ自分でアレンジ

お呼ばれのシーンなどフォーマルな場所にふさわしい着物姿。最近ではよりカジュアルに着物を楽しむ方法もあり大人女性に人気ですよね。

そんな着物姿のときに頭を悩ませるのが髪型のアレンジ。とくにロングヘアの方だとどんな髪型なら、着物姿がおしゃれに見えるのかと思う方も多いのではないでしょうか?

そこで自分でできる着物に似合うロングのアレンジ術をご紹介します。

自分でできる着物用の髪型|ロング×ハーフアップ

顔周りがすっきりするハーフアップ

以前はアップスタイルの髪型アレンジがほとんどだった大人の着物姿。

最近ではフォーマルでなければロングでも自分でできる、ダウンスタイルやハーフアップアレンジも人気でよく見かけるようになりました。

こちらはトップのまとめる毛束を多めにすることで顔周りをすっきりとさせ、着物姿に似合うようにアレンジしたロングの髪型。

ねじりながら結ぶことで表情を出しています。


 

 

サイドがおしゃれなネオハーフアップ

自分で作りやすいと人気のハーフアップのアレンジ方法を使っていても結ぶ毛束の量を多くすることで、おしゃれなまとめ髪のような髪型にすることもできますよ。

こちらはシンプルなロングのハーフアップから両サイドを編み込みゴムを隠すようにとめ、襟足のあたりの毛束をねじって結びめあたりに止める方法。

顔周りや首元がすっきりと見えておしゃれな着物姿にピッタリです。


 

コンパクトにまとまるハーフアップ

三つ編みよりも簡単にできて、自分で作っても仕上がりがきれいでおしゃれだと人気のロープ編み。

こちらではトップの毛束を多めにとって毛先までロープ編みをし、折りたたむようにすることでロングで毛量が多くてもコンパクトな髪型に仕上げています。

お団子を作った後にサイドの毛束をとって2度くるりんぱをして、1度ねじってから割れ目を作ってお団子を入れることでゴム隠しも完璧。


 

自分でできる着物用の髪型|ロング×アップ

簡単・上品な雰囲気のアップスタイル

簡単・上品な雰囲気のアップスタイル

watanabeyoshiaki

ロングの着物姿で人気のアップスタイル。表面の凹凸が魅力的なこちらの髪型は自分でも作りやすい簡単なアレンジ方法です。

まず全体を低めの位置で結び、結び目をずらして横方向にくるりんぱします。

毛先の近くにゴムを使って小さなお団子を作りそのお団子をくるりんぱの割れ目に入れ、ピンなどでとめればできあがり。

おしゃれなのに簡単に自分で作れますよ。


 

くるりんぱを使った簡単アップスタイル

ロングのアップの髪型はおしゃれなだけでなく、着物の柄やデザインが見えやすいと人気ですが、シンプルだけでは物足りないという方にはこちらがおすすめ。

こちらはトップを低めの位置でくるりんぱし、両サイドと襟足をそれぞれロープ編みにしてからくるりんぱのとめ位置にピンで固定しています。

くるりんぱを使うと自分でやっても後頭部にボリュームが出やすいんですよ。


 

後れ髪少なめの今どきアップスタイル

全体的に崩してふんわりと仕上げるロングのアップスタイルは今どきの雰囲気で人気ですが、着物姿だと少し抵抗があるという方もいますよね。

そんなロングさんには顔周りだけに後れ髪を作ることで、崩していてもきちんと感があるアップの髪型がおすすめ。

コテで巻髪をしてからサイドをねじってとめた後に、全体を結んでお団子を作る方法は自分でも簡単にできます。


 

自分でできる着物用の髪型|ロング×ポニーテール

簡単でおしゃれに決まる紐アレンジポニーテール

簡単でおしゃれに決まる紐アレンジポニーテール

watanabeyoshiaki

ヘアアレンジが苦手というロングさんには、自分で簡単にできておしゃれに仕上がると人気の紐を使った方法がおすすめ。

おしゃれな雰囲気に仕上がるだけでなく、毛束がまとまるので後ろ姿がすっきりとして着物姿によく似合います。

基本的に1本に結ぶだけ。あとは着物に合った紐やゴムなどを巻きつけて完成です。自分でできるのにトレンド感のある髪型に仕上がります。


 

すっきりまとまる可愛い玉ねぎポニーテール

すっきりまとまる可愛い玉ねぎポニーテール

release_miha

浴衣や日常使いの着物姿に自分で作れる可愛い雰囲気の髪型がいいという方には、人気の玉ねぎアレンジがおすすめ。

ロングヘアを1本に結んでから等間隔にゴムで結び、毛束を引き出すだけの方法は自分でもやりやすいですよね。

トップをふんわりと仕上げるまとめ髪の髪型は縦長なラインを作ってくれるので、前髪ありでも前髪なしでも丸顔さんの顔型をカバーする効果があります。


 

長さを調節できるポニーテール風アレンジ

日常使いのアレンジ方法としても人気のまとめ髪。ロングさんの着物姿でも工夫次第で自分で作れておしゃれな髪型に仕上がりますよ。

こちらは少し高めの位置で小さなお団子を作ります。ウェーブのついた毛先をポニーテールのようにすることで華やかな印象に。

前髪は厚めにおろすと大人可愛く、流しておでこを出すとシックな雰囲気になりますよ。


 

自分でできる着物用の髪型|ロング×編みおろし

サイドがすっきりとまとまる編みおろし

全体を三つ編みにしておろす編みおろしの髪型も、自分で作るロングの着物姿におすすめの髪型。

普通のまとめ髪よりもおしゃれになると人気の編みおろしは、複数三つ編みを作ったり、サイドに工夫することでいろいろなアレンジが可能です。

こちらはサイドを残して三つ編みを途中まで作り、ねじり編みしたサイドの髪を合流させて三つ編みをしていくと自分でも簡単に作れます。


 

 

長さをコントロールする編みおろし

長さをコントロールする編みおろし

watanabeyoshiaki

長さのあるロングの方は自分でアップにするとボリュームが出すぎて崩れがちですが、まとめ髪などで毛束が長くなってしまうと着物姿に似合う髪型が見つかりづらいですよね。

でも少し短めに編みおろしにした毛先を織り込むこちらの方法なら、自分で毛束の長さを調整できるので長めのロングさんにもおすすめ。

先にくるりんぱしておくので後頭部がふっくらとします。


 

着物の柄が見えやすい編みおろし

ロングでも首元がすっきりと見える編みおろしスタイル。

高めの位置でゴム止めしてからロープ編みしてとめるだけなのに、襟足が見える着物姿にピッタリのアレンジが自分でできる方法です。

高めの位置でまとめたロングの編みおろしスタイルは、前髪の厚さやスタイリングでいろいろな表情を出せるので、自分でアレンジしたいという方が覚えておくと便利な髪型。


 

自分でできる着物用の髪型|ロング×お団子

長い髪の毛が簡単にまとまるお団子スタイル

長い髪の毛が簡単にまとまるお団子スタイル

toshi201

お団子を使ったアップスタイルも着物に似合う髪型でおしゃれだと人気です。でも毛量のあるロングでは上手に作りづらいという悩みもありますよね。

こちらは低めにくるりんぱをするハーフアップの隙間に三つ編みにした全体の毛束を入れこむことで、自分でアレンジしても崩れにくいロングのお団子ヘアを作る方法。

崩さずタイトにまとめても素敵ですよ。


 

高めが大人可愛いおしゃれお団子スタイル

高めが大人可愛いおしゃれお団子スタイル

watanabeyoshiaki

襟足を見せてくれる高めのお団子アレンジはロングの着物姿にぴったりの髪型です。

高めのポニーテールを作ってから、三つ編みをしてくるくるとお団子を作る方法は自分でもやりやすいので、日常使いとしてもおすすめの髪型。

オイルをつけてピンを使って前髪を透けバングにすることで、マスクをしていても顔が明るく見えるので今時期の着物姿に最適ですよ。


 

大人っぽい表情が作れる縦長お団子スタイル

大人っぽい表情が作れる縦長お団子スタイル

maya_arrange

お団子を丸くするとちょっと子供っぽい感じがするという大人のロングさんには、一度結んだ毛束を折るようにまとめる縦長のお団子アレンジがおすすめです。

折りたたんだ毛束の真ん中でゴム止めした後に、人気の紐を巻き付けるだけの簡単アレンジ方法。

人気の紐アレンジは自分で着物の色柄に合う紐を選んで、おしゃれなコーディネートが楽しめますね。


 

ロングの着物の髪型は自分でアレンジしよう

ロングさんの着物姿に似合う髪型のアレンジ方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

以前はきちん感のあるアップスタイルが着物にふさわしいといわれていましたが、最近では崩しや後れ毛を使った、最新の髪型も着物姿のアレンジ方法としてメジャーになっています。

ぜひ今回の内容を参考に自分でおしゃれな髪型アレンジに挑戦して、人気のカジュアルな着物姿を楽しんでみてくださいね。

こちらもおすすめ☆