《2021春》スカーフコーデで差をつけよう。大人の着こなしを叶える使い方のコツ

この春、おしゃれ感とトレンド度がアップする小物をお探しなら、迷わず選ぶべきなのは「スカーフ」。特に2021年はスカーフのサイズや柄、カラーのバリエーションがとても多いので楽しめますよ。今回は、スカーフを使ったコーデ例をご紹介します。

公開日:
《2021春》スカーフコーデで差をつけよう。大人の着こなしを叶える使い方のコツ
yu__ka

yu__ka

ライター

ファッション好きな2児の母です。忙しい毎日でも、自分らしくおしゃれを楽しみたい…。そんな女性を応援していきたいです。

春にトライしたいスカーフコーデ特集

この春、取り入れるだけでおしゃれ感とトレンド度がアップする小物をお探しなら、迷わず選ぶべきなのは「スカーフ」。特に2021年はスカーフのサイズや柄、カラーのバリエーションがとても多いので、着こなしに合わせて色々な巻き方やアレンジが楽しめますよ。

今回は、レディースのスカーフを使ったおしゃれなコーディネート例をたくさんご紹介していきます。ぜひ、今すぐトライしたいスタイルを発見してみてくださいね。

おしゃれな春のスカーフコーデ《パンツ》

ピンクスカーフ×デニムの春トレンドコーデ

ピンクスカーフ×デニムの春トレンドコーデ

2021年おすすめのレディーススカーフのアレンジ方法が、ヘアバンド代わりに頭に巻くテクニック。

黒ニット+ハイウエストデニムパンツのコーディネートが一気にトレンドライクに生まれ変わるので、この春ぜひトライしたい巻き方ですよ。

アウターは、頭に巻いたスカーフがより映えそうなカーキのミリタリージャケットが◎です。


 

 

紺バンダナ柄スカーフ×黒パンツの春コーデ

紺バンダナ柄スカーフ×黒パンツの春コーデ

レディーススカーフを首元や頭に巻くのにはちょっぴり勇気がいる人には、バッグのストラップ部分に巻き付けて、おしゃれなアクセントにしてみてはいかがでしょうか。

アレンジしやすいバンダナ柄のスカーフなので、カジュアルなトレンドスタイルにもぴったりマッチしますよ。

羽織りは、春先にさらりと羽織りやすいベージュのシャツアウターが◎。


 

レッド系スカーフ×白デニムパンツの春コーデ

レッド系スカーフ×白デニムパンツの春コーデ

全身をベージュ〜ホワイトのまろやかトーンで統一したファッションは、おしゃれですがぼんやりとした印象に見えがちなデメリットも。

そんな時は、着こなしのカラーに合うレッド系のスカーフをヘアバンドとして活用してみてはいかがでしょうか。

一点コーディネートにプラスするだけで全体がぐんと引き締まるので、この春の要チェックアイテムですよ。


 

ホワイト系スカーフ×デニムパンツの春コーデ

[IENA] 【MANIPURI/マニプリ】SILK スカーフ 88*88

[IENA] 【MANIPURI/マニプリ】SILK スカーフ 88*88

17,600円

寒かった冬が終わり春が訪れると、自然と恋しくなるのが明るいカラーのお洋服たち。

ポップな赤ボーダー柄トップスにブルーのワイドパンツを組み合わせたトレンドのレディースファッションで、弾む気分を表現してみてはいかがでしょうか。

首元にはおしゃれなホワイト系のミニスカーフで差し色を加えて、きれいめにアレンジしている点が2021年らしい印象ですね。

 

緑系スカーフ×ベージュパンツの春コーデ

[BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS] BY ジオメトリックトライアングルスカーフ

[BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS] BY ジオメトリックトライアングルスカーフ

4,620円

黒などダークカラーが中心のレザージャケットですが、今春はピンクなどフェミニンな色味のアイテムが登場。

一枚でしっかりと暖かいので、春先などまだ肌寒さの気になるシーズンにもおすすめですよ。

ボトムスは、ピンクのアウターによく合うライトベージュのパンツがベストな選択です。

最後にレトロな配色のスカーフを首元にプラスして、柄のアクセントを添えて完成です。

 

黒ドット柄スカーフ×ネイビーパンツの春コーデ

[UNTITLED] シアードットスカーフ

[UNTITLED] シアードットスカーフ

6,490円

白レースブラウス+黒セットアップの春らしいフォーマルスタイルを自分らしくコーディネートするなら、やはりオリジナリティのあるレディースの小物類は欠かせませんよね。

例えば画像のようなドット柄のスカーフを白のバッグに巻いてアレンジすれば、かっちり感の中にもほのかなトレンド感が漂うおしゃれなファッションに。

 

黄色系スカーフ×ベージュサロペットの春コーデ

[UNITED ARROWS] UBC ジオメトリック スカーフ

[UNITED ARROWS] UBC ジオメトリック スカーフ

11,000円

カジュアルなベージュサロペットを、白トップス+柄スカーフ合わせでちょっぴりきれいめに仕上げた春ファッションです。

もう少しスポーティーに着こなしたい時には、インナーをネイビーのボーダートップスなどにチェンジしてもおしゃれですよ。

さらに白のミニバッグ+フラットパンプス合わせで、ママ友とのランチ会にも◎なコーディネートに仕上げましょう。

 

おしゃれな春のスカーフコーデ《スカート》

ベージュスカーフ×グレースカートの春コーデ

[le.coeur blanc] 気球プリントスカーフ

[le.coeur blanc] 気球プリントスカーフ

4,290円

おしゃれですが、カジュアル派さんにとってはややハードルが高い印象の大判スカーフ。

でも画像のようなバンダナ風の巻き方なら、クラシカルになり過ぎずデイリーのきれいめカジュアルコーディネートに気軽に活用できますよ。

スカーフに十分存在感があるので、お洋服は白トップス+グレースカーフのシンプルな着こなしで引き算ファッションを心がけましょう。

 

 

ブラウン系スカーフ×黄色スカートの春コーデ

ブラウン系スカーフ×黄色スカートの春コーデ

春先にぴったりなネイビージャケット+黄色スカートのきれいめトラッドなレディースファッション。

でも鏡を見てみたら、なぜか物足りない…。そんな時こそ、コーディネートのアレンジに便利なスカーフの出番ですよ。

首元に一巻きすることで顔周りの印象をキュッと引き締めてくれる効果が絶大なので、ぜひ積極的に着こなしのアレンジに活用してみてはいかがでしょうか。


 

ブルー系スカーフ×ピンクスカートの春コーデ

[Andemiu] コモンガラパネルスカーフ935873

[Andemiu] コモンガラパネルスカーフ935873

4,290円

シンプルなのになぜか印象に残るきれいめカジュアルコーディネートの決め手は、やはりバッグに巻いてアレンジしたスカーフの存在感。

フェミニンな色味のスカートスタイルに鮮やかなブルー〜イエローのスカーフを効かせれば、女性らしさはキープしつつも春らしいポップさが生まれますよ。

やや長めのレディーススカーフは、首元や頭に巻いてもおしゃれに決まるので、使いやすさでもお墨付きです。

 

青系スカーフ×白デニムスカートの春コーデ

[TOMORROWLAND] manipuri シルク フルールプリントスカーフ

[TOMORROWLAND] manipuri シルク フルールプリントスカーフ

17,600円

今シーズントレンドの巻き方として要チェックなのが、大判スカーフをたすき掛けにして、まるでお洋服の一部であるかのようにアレンジする方法なんです。

さらに画像のようにロングジレなどを重ね着すれば、スカーフも目立ち過ぎず◎。

インナーに春らしいミントグリーンのトップスをチョイスしたら、ボトムスは白のスリット入りデニムスカートを選んで、すっきりと縦シルエットを強調しましょう。

 

ピンク花柄スカーフ×デニムスカートの春コーデ

[SHIPS for women] BINDU:マップバンダナ2

[SHIPS for women] BINDU:マップバンダナ2

1,650円

今まではあまりスカーフを手にしたことのなかったボーイッシュ派さんも、2021年はトレンドの波に乗ってみるべきです。

その理由は、今シーズンは柄やカラーのバリエーションがとっても豊富だから。

楽しげなショッキングピンク系のお花柄スカーフをバッグのハンドルに巻いてアレンジすれば、ロゴスウェット+デニムスカートのレディースコーディネートも今までになく新鮮な印象に仕上がります。

 

黒系スカーフ×グレーロングスカートの春コーデ

[BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS] <MALFROY>シルクレオパードスカーフ

[BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS] <MALFROY>シルクレオパードスカーフ

7,975円

この春のトレンドのスポーツミックスコーディネートにも意外なほどマッチするのが、黒ベースのシンプルなミニスカーフ。

ベージュパーカー+グレースカートのファッションにもごく自然になじむので、首元のスカーフだけが浮いて見えてしまう心配もゼロですよ。

ちょっぴり肌寒い日の防寒アイテムとしても◎なので、ぜひストール感覚で活用してみて。

 

ブルー系スカーフ×グリーンスカートの春コーデ

[UNITED ARROWS] <LASTFRAME(ラストフレーム)>SSAW スカーフ

[UNITED ARROWS] <LASTFRAME(ラストフレーム)>SSAW スカーフ

20,900円

スカーフ上級者さんには、やはりパッと目立つビビッドな配色の一枚がおすすめです。

ロイヤルブルーのスカーフに合わせて、お洋服もネイビーのボーダー柄トップス+ビビッドなグリーンのレディースフレアスカートをチョイス。

まるでミラノマダムのようなこなれ感たっぷりなアレンジは、街中でも一際目を引くはずですよ。

 

おしゃれな春のスカーフコーデ《ワンピ》

緑系スカーフ×白シャツワンピースの春コーデ

緑系スカーフ×白シャツワンピースの春コーデ

2021年春ならではの白シャツワンピース+ベージュコートのファッションに映えるのは、晴れた青空のようなブルーグリーンのスカーフ。

引き締め効果抜群な黒トートバッグにプラスすることで、よりスカーフの鮮やかな色味が引き立っていますね。

夕方肌寒くなったらさっと首元にスカーフを巻き付ければ、コーディネートのアクセントとしてだけでなく実用性も◎。


 

 

ブルー系スカーフ×グレーワンピースの春コーデ

[LAKOLE] シアースカーフ / LAKOLE

[LAKOLE] シアースカーフ / LAKOLE

1,650円

きれいめカジュアルコーディネートの定番の組み合わせと言えば、グレーのロングワンピースセットアップ&コンパクトなショルダーバッグのコンビネーション。

みんながしているトレンドのレディースファッションだからこそ、ミニショルダーにビビッドな柄スカーフを巻いて周囲と差が付く着こなしにアレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

ブルー系花柄スカーフ×黒花柄ワンピースの春コーデ

[ROPE' PICNIC] フラワープリントマルチスカーフ

[ROPE’ PICNIC] フラワープリントマルチスカーフ

1,650円

この春のマストなレディース小物になりそうな花柄スカーフですが、お揃いのロングワンピースとコーディネートすれば、さらに着こなしの完成度がアップ。

縦シルエットもさらに強調されるので、低身長さんでもすらりと背が高く見えるファッションに仕上がります。

足元は、モノトーンの着こなしにぴったりの赤のバレエシューズが◎。

 

ベージュスカーフ×白ワンピースの春コーデ

[KBF] DEVEAUXタイダイプリントスカーフ

[KBF] DEVEAUXタイダイプリントスカーフ

3,850円

トレンドになりつつある大判スカーフの斜めがけアレンジは、ワンピースとカラートーンをなじませることで、初心者さんにもぐんとトライしやすくなりますよ。

手元のゴールドのバングルがラグジュアリーなアクセントになって、大人女性らしいセンス溢れる春向けレディースファッションに仕上がっていますね。

 

白系スカーフ×グレーワンピースの春コーデ

[ROPE'] 【20AW】リバイバル柄シルクスカーフ(Lサイズ)

[ROPE’] 【20AW】リバイバル柄シルクスカーフ(Lサイズ)

8,800円

レディライクなロングワンピースをよりエレガントに見せてくれる、シルクならではの光沢感がラグジュアリーなスカーフ。

首元にコンパクトにあしらうことで重心アップ効果も期待できるので、体型がちょっぴり気になるぽっちゃりさんにもおすすめの活用方法ですよ。

アウターを羽織るなら、クラシカルなコーディネートに合うトラッドなベージュのロングトレンチコートがおすすめです。

 

黄色系スカーフ×白Tシャツワンピの春コーデ

黄色系スカーフ×白Tシャツワンピの春コーデ

Tシャツワンピース+レギンスパンツのイージーなレディースファッションは、正統派のシルクスカーフを合わせるとややミスマッチな印象。

バンダナ感覚で使えるごく細身のスカーフを首元に効かせて、さりげなくおしゃれ見えを狙ってみてはいかがでしょうか。

アウターはベージュのロングテーラードコートで、ほんのりとマニッシュさを漂わせるのが◎。


 

ベージュ系スカーフ×カーキワンピの春コーデ

[Andemiu] ドットガラスカーフ935874

[Andemiu] ドットガラスカーフ935874

4,290円

女性らしさとクールさのバランスが◎な、ベージュトップス×カーキワンピースのおしゃれな春向けの着こなし。

トレンドのスカーフを取り入れるなら、クラシカルな柄よりドットなどシンプルなパターンのアイテムを選んで、フレッシュに仕上げましょう。

足元の白のショートブーツも、着こなしのスタイリッシュ感アップに一役買っていますね。

 

春にトライしたいスカーフコーデまとめ

いかがでしたか?この春らしいおしゃれなレディースファッションを叶えたいならハズせない、トレンドのスカーフを使ったコーディネートをご紹介してきました。

どれも今すぐ真似できるスカーフスタイルばかりなので、頭や首元、バッグなどお好みの場所にアレンジして、自由に自分らしい着こなしを楽しんでみてくださいね。

こちらもおすすめ☆