マスクで耳が痛い時はこれ!今すぐできる対策方法&グッズをご紹介

なぜ?マスクで耳が痛い時のスッキリ対策方法!今回は「なぜかマスクで耳が痛い」という時の解消方法を一挙大公開!今すぐ真似できる簡単な対策ばかりですよ♪

著者:
公開日:
マスクで耳が痛い時はこれ!今すぐできる対策方法&グッズをご紹介

なぜ?マスクで耳が痛い時のスッキリ対策方法!

マスクを付けている時、なぜか「耳が痛い」と感じた経験はありませんか?花粉や感染症の流行など、マスクの使用が欠かせなくなる時期は大きな問題ですよね。

そこで、この記事では「なぜかマスクで耳が痛い」という時の解消方法を一挙大公開!今すぐ真似できる簡単な対策ばかりなので、自分に合った方法を見つけてぜひチャレンジしてみましょう。

マスクによる負担をなくし、痛い思いをせずに予防対策に取り組みましょう!

マスクで耳が痛い時の解消法《身近なグッズ》

クリップでマスクの紐を伸ばす方法

マスクを付けると耳が痛いのはなぜでしょう。一番の原因として考えられるのは、マスクの紐による耳への負荷。この負荷を軽減させることが痛み解消の近道になります!

そこで、まずは身近な物を使った対策方法からご紹介していきましょう!こちらは、クリップ1つあればできる簡単アイデア。

クリップに左右のマスクの紐をそれぞれ通し、お面のような形にします。輪ゴム2つでも代用できるため、手軽にチャレンジできますよ。

 

 

ペンのスプリングで負担を軽減する方法

使えなくなったボールペン2本でできちゃう、マスクで耳が痛い時の対策方法も。こちらで使うのは、ボールペンの中にある「スプリング」の部分です。

マスクの紐にそれぞれスプリングを一つずつ通し、あとは通常通り耳に掛けるだけでなぜか痛いのがスッキリ!スプリングを介すことで紐が直接当らず、耳への負担が解消されるのです。

この方法なら目立たないので、外出時にも取り入れやすいですね。

 

ティッシュで負担を軽減する方法

もっと身近な物を使った工夫もありますよ!こちらは、ティッシュを使った耳が痛い時の対策。ティッシュを細く折って、その折り目に沿って両方の紐に巻いていけば完成です。

シンプルですが、ティッシュのワンクッションによって耳への負担を解消。柔らかい素材なので、摩擦も少なく優しい付け心地になります。

「なぜか耳が痛い」という人は、まずティッシュを紐に巻いてみましょう。

 

イヤーパッドで負担を軽減する方法

「毎回作るのは面倒」という人は、工夫一つでそのまま使えるグッズを取り入れるのがおすすめ。こちらは、100均でも手に入るイヤーパッドを使った対策方法です。

本来、イヤホンを耳に固定するための物ですが、マスクの紐に付けることでなぜか痛いのを解消してくれるのだそう。その秘密は、素材のシリコン。

クッション性が高いため、耳への負荷が軽減されます。マスク用にゲットしておくと便利ですね。

 

耳を絆創膏やクリームで保護する方法

耳を保護することで、マスクの紐の負荷を解消する方法もあります。こちらは、耳にあたる部分にコットンや絆創膏を巻くアイデア。

これらがクッションとなって、紐が直接的に当たるのを防いでくれます。また、外出先など急な場面では、クリームを耳の裏に塗布するのもおすすめです。

なぜかというと、クリームによって肌への摩擦や負担が軽減され、痛みを和らげる効果が期待できるのです。

 

マスクで耳が痛い時の対策方法《手作りクリップ》

パンの袋の留め具で手作りする方法

「マスクでなぜか耳が痛い」という人の間で、今話題となっているグッズが「マスククリップ」。マスクの紐を括り付けて、後頭部で固定してくれる優れものです。

ここからは、簡単に手作りできるマスククリップを使った解消方法をピックアップしていきましょう。

まずは、パンの袋に付いている留め具「バッグクロージャー」を、工夫一つでマスククリップに変身させた方法。コストもかからず、真似しやすい対策ですね。

 

100均グッズで手作りする方法

100均で手に入るグッズにちょっとした工夫を加えるだけでも、マスククリップは簡単に作ることができます。例えば、ブラストラップやブレスレット用ゴム、帽子用クリップなど。

仕事などの際には、付けやすさや見た目も重要になるため、用途に合った物を選ぶことが大切になります。

いずれも簡単に作ることができ、自分にピッタリのサイズに合わせられるのがメリット。耳が痛い人は、ぜひ試して欲しい対策です。

 

端切れとボタンで手作りする方法

マスクで耳が痛い人は、端切れの布とボタンでマスクアジャスターを手作りしてもいいですね。作り方は、表裏用の布を用意し、片方に接着芯を付けます。

2枚をミシンで縫い合わせ、表に返してステッチで仕上げればOK。あとは、両端にボタンを縫い付けて完成です。

ボタンを2箇所に付けておけば、細かい長さ調整も可能に。「マスクを付けるとなぜか耳が痛い」という家族や友人にプレゼントしても喜ばれますね。

 

ヘアクリップで手作りする方法

「耳が痛い、でもおしゃれを楽しみたい!」という人は、マスククリップもおしゃれなデザインの物を手作りしてみましょう!こちらは、ヘアクリップに一工夫加えた対策方法。

レジンや強力ボンドで、ヘアクリップの両端に丸カンを付けます。2本のヘアゴムにそれぞれストラップ金具を2つずつ取り付け、あとはマスクの紐と丸カンに掛ければ完成です。

色やパーツをアレンジすれば、マスククリップもコーディネートの一部に。

 

スエードとボタンで手作りする方法

フリンジアクセサリーなどに使われる100均のスエード。こちらも、マスクで耳が痛い時の解消グッズになってくれます!

作り方は、一度覚えれば簡単。スエードを四つ編みにし、途中マスクの紐を掛けるためのボタンを両端に通せば完成です。

ポイントは、長さを確認しながら編んでいくこと。ヘアアクセサリーのように見えるので、お出掛けに付けていっても安心ですね。

 

マスクで耳が痛い時の対策方法《手作り紐》

ストッキングで手作りする方法

マスクの紐で、なぜ耳に負荷がかかってしまうのか。その原因は、紐の太さや素材にも大きく関係してきます。ここからは、手作りマスクでアレンジできる、手作り紐を使った解消方法をご紹介しましょう!

まずは、要らなくなったストッキングを使った作り方。ストッキングを足の付け根部分でカットし、縦に切り開きます。2㎝幅で縦にカットし、引っ張れば紐の完成。

伸縮性があるので、耳が痛い人でも使いやすいはずです。

 

 

靴下で手作りする方法

こちらは靴下で紐を作り、耳が痛いのを解消する方法。靴下の柔軟な生地を使うことで、伸縮性がありながら締めつけない紐が手作りできますよ!まずは、つま先とかかとの部分をカット。

2㎝幅の輪切りにし、あとは均等に引っ張ってゴム状にすれば完成です。靴下のサイズを変えれば、ゴムの長さを調整することもできますね。

マスクを手作りする際、手元に紐がない時にも便利な工夫の一つです。

 

Tシャツヤーンで手作りする方法

ハンドメイドの材料として人気のグッズ「Tシャツヤーン」も、マスクによる痛いストレスを解消してくれますよ!市販のマスクはなぜ耳が痛いのかというと、紐の細さにも原因があると考えられます。

紐が細いほど負担を分散させにくく、耳に集中的に力が加わってしまいます。Tシャツヤーンは程良い太さがある上に、Tシャツでできているので素材も柔らか。圧迫感を最小限に抑えることができます。

 

ヒートテックで手作りする方法

冬の肌着として定番の「ヒートテック」も、耳が痛いのを解消する紐に大変身!なぜかというと、このタイプの肌着は伸縮性に優れているからです。作り方は簡単。

胴体部分を1㎝幅にカットし、端を持って引っ張るだけです。帯状の生地が収縮し、紐のような形になっていきます。柔らかい肌触りなので、耳への負担もなし。

サイズアウトした物を使えば、エコになりますね。

 

かぎ針編みで手作りする方法

編み物が得意な人は、かぎ針編みで紐を手作りしてみませんか?柔らかいコットン糸を使えば、耳が痛いのを解消できますよ!作りたい長さの10倍くらいの毛糸を取り、中央部分に作り目を作って編んでいきます。

同じ工程の繰り返しなので、初心者の人もチャレンジしやすいです。伸縮性があり、耳に当たっても痛くない紐の完成。

寒い時期は、耳をほっこり温めてくれそうですね。

 

マスクで耳が痛い時の対策方法まとめ

花粉症や感染症対策には欠かせないマスク。しかし、「マスクを付けるとなぜか耳が痛い」という状態を放置していると、頭痛や肩こりなどに影響してしまう可能性も。

なぜ痛いのかをしっかり理解しておけば、身近なグッズで予防対策をとることができます。ポイントは、「耳への負荷をいかに軽減するか」ということです。

便利グッズや手作りアイテムで、簡単に痛いストレスを解消しちゃいましょう!

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告