お部屋のカーテン、どうしてますか?機能的でおしゃれな12のインテリア実例まとめ

goodroom journal ではお部屋をもっと楽しくするためのインテリアのアイディアを毎日お届けします!今回は、機能的でおしゃれなお部屋を作るためのカーテンの選び方をご紹介。

著者:
公開日:
お部屋のカーテン、どうしてますか?機能的でおしゃれな12のインテリア実例まとめ

お部屋のカーテン、どうしてますか?機能的でおしゃれな12のインテリア実例まとめ

お部屋のカーテン、どうしてますか?機能的でおしゃれな12のインテリア実例まとめ

#stayhome おうち時間を楽しもう!今年のゴールデンウィーク、goodroom journal ではお部屋をもっと楽しくするためのインテリアのアイディアを毎日お届けします!

DAY9は、機能的でおしゃれなお部屋を作るためのカーテンの選び方をご紹介。「なんとなく」で選んでいたカーテン、この機会につけかえてみませんか?

text : Miha Tamura from goodroom journal

 

 

基本のカーテンの選び方

カーテンは、「遮音」「保温」に重要な役割を持ってます

部屋の中で、「壁」の次に大きな面積を占めるカーテン。特に、開口部の大きな掃き出し窓のカーテンは、機能性も吟味して選ぶことが大事です。

カーテン1枚で、「遮音性」や「保温性」がだいぶ変わってきます。

夜間の騒音が気になる、冬に足元から底冷えする、などの場合は、「厚手で、床までしっかりと長さのあるカーテン」を選ぶようにしましょう。

 

窓のサイズをしっかり採寸しましょう!

カーテンレールや、カーテン自体の形状によって、「測る部分」が変わってきます。「お店に買いに行く前」に、ネットなどで目星をつけ、「測り方」をチェックしておくのがポイント。

欲しいカーテンに合わせた採寸をしましょう。

 

実は汚れが溜まりやすい場所。「ときどき洗う/掃除する」ことを忘れずに

実はホコリや汚れが溜まりやすいカーテン。ときどき外して、丸洗いする必要があります。手入れが面倒だと、ズボラさんにとってはほったらかしになってしまうことも。

自分のライフスタイルに応じて、「ちゃんと手入れできるかどうか?」を考えた素材選びを。

 

おしゃれなカーテン事例まとめました

迷ったら、白!

迷ったら、白!

おしゃれなお部屋を見ていると、「白」を選ぶ事例、多し!シンプルで、どんなインテリアにも合わせやすいだけでなく、お部屋を明るく、広くみせる効果があります。(このお部屋はこちら)

 

迷ったら、白!1

レースカーテンとドレープカーテンで、「白 on 白」の組み合わせもかっこいいですね。(このお部屋はこちら)

 

ベッドの色と合わせる

ベッドの色と合わせる

カラフルなカーテンを選ぶ場合、寝室やワンルームなら「ベッドの色と合わせる」のもおすすめ。

こちらのお部屋はピンクをベースに、ブルーを差し色にしていますが、大きな面積をしめるベッド、カーテンはどちらもベースカラーの「ピンク」。(このお部屋はこちら)

 

家具の色と合わせる

家具の色と合わせる

黒やダークブルー、ダークグレーの家具を差し色にしているこちらのお部屋は、カーテンの色もダークカラーを選んでいます。

引き締まった印象のクールなお部屋になりますね。(このお部屋はこちら)

 

壁の色と合わせる

壁の色と合わせる

賃貸でも使える、はがせる糊を使ってアクセントウォールを作られているお部屋。壁の色に合わせて、カーテンもグレー。モノトーンでシックな印象です。(このおお部屋はこちら)

 

アートと合わせる

アートと合わせる

壁にかけられた大きなアートと色の合わせられた、絶妙なカーテン。一部だけ柄のものが差し込まれている、おしゃれ上級者のテクニックです。(このお部屋はこちら)

 

ポップな差し色がサマになるツートンカラー

こんなツートンカラーの可愛いカーテンのアイディアも!

カーテン全部がポップなカラーだと、面積が広すぎてちょっとケバケバしくなってしまいますが、これならアクセントになってちょうどいいですね。

(このお部屋はこちら)


 

スッキリ見せる効果の高い「白のブラインド」

スッキリ見せる効果の高い「白のブラインド」

ブラインドカーテンは、ドレープカーテンに比べて余分が少なく、お部屋をスッキリ見せる効果があります。賃貸でもOKの、カーテンレールにつけられるタイプも売られていますよ。(このお部屋はこちら)

 

スッキリ見せる効果の高い「白のブラインド」

特に「窓が多く、カーテンがたくさん必要になる」場合に、もたつかないブラインドはおすすめ。(このお部屋はこちら)

 

ヴィンテージな雰囲気に似合うウッドブラインド

寝室を、落ち着いた雰囲気にしたい場合におすすめのウッドブラインド。

木目調プラスチックのものと本物の木を使ったものとで雰囲気が全く異なりますので、少し価格帯が高めですができるかぎり本物がおすすめです。

ヴィンテージのチェアによく似合います。(このお部屋はこちら)


 

空間に広がりをもたせる裏技

空間に広がりをもたせる裏技

窓のサイズをあえて無視して、天井から床まで、壁いっぱいにカーテンをつける方法もあります。空間に広がりが生まれ、一層おしゃれな雰囲気に。(このお部屋はこちら)

 

好きな布をアートのように

好きな布をアートのように

こんな風に、好きな柄の1枚布をそのままカーテンがわりに使うのもかっこいいですね!ホームセンターやIKEA、100円ショップなどで手に入る「カーテンクリップ」が便利です。(このお部屋はこちら)

インテリアのアイディアをもっと見る

 

q

「教えて!グッドルーム」特集はこちら

 

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告