参考になる♪カップボードインテリアのポイントを伝授!

キッチンの収納戦力であるカップボードはインテリアにおいても重要なポイント。見せる収納やオシャレなディスプレイは、リビングから見えるキッチンをオシャレな雰囲気にまとめてくれます。今回はカップボードを中心としたインテリアのポイントをご紹介します。

著者:
公開日:
参考になる♪カップボードインテリアのポイントを伝授!

カップボードがお部屋の決め手に

キッチンの収納戦力であるカップボードは、インテリアにおいても重要なポイント。見せる収納やオシャレなディスプレイは、リビングから見えるキッチンをオシャレな雰囲気にまとめてくれます。

今回はカップボードを中心としたインテリアのポイントを、実例を通してご紹介していきます。

カップボードのコーディネートポイント

棚上を有効に活用

棚上を有効に活用

yuuki.nys

カップボードは、棚の上も有効に活用できる便利なスペースがあります。

お気に入りの雑貨をディスプレイしたり、毎日使うアイテムをオシャレにセットしたりと使い方は無限大!

飾るアイテムの色味やテイストを揃えておくとまとまりのあるインテリアに仕上がりますよ。


 

 

実用のアイテムをオシャレに魅せる工夫

実用のアイテムをオシャレに魅せる工夫

kayo.home00

毎日使う実用アイテムや家電も、魅せるインテリアの大切な要素になります。

カラータイプを揃えて選んだり、オシャレな目隠し布を使ったりとオシャレに魅せる工夫が大切。

画像のインテリアは、色合いやテイストをまとめた実例です。


 

季節の花を添えて楽しむ

季節の花を添えて楽しむ

usan.22

カップボード周りに季節の花を飾った実例です。

季節ならではの花やグリーンは、お部屋に季節感を取り入れることができる手頃なアイテム。

好みの雑貨と組み合わせて、お気に入りの空間を手作りしていきましょう。


 

中身のコーディネートにもこだわる

中身のコーディネートにもこだわる

m035_kurashi

カップボードの中には、大好きなアイテムがぎっしり。

お気に入りのアイテムだからこそ、カップボードも中身が見えるタイプをチョイスした実例です。

中が見えるので、内側のコーディネートも重要なポイントに。

色合いやデザインの組み合わせで、毎回違った顔のインテリアを楽しめますよ。


 

モノトーンで揃えた空間に

モノトーンで揃えた空間に

maynum00

リビングインテリアがモノトーンの場合などは、キッチンインテリアもモノトーンで揃えるのがおすすめ。

カップボードの上をモノトーン雑貨でコーディネートしてみましょう。色を揃えてコーディネートするだけで、洗練された印象になりますよ。


 

シンプルで実用的なデザインでまとめる

シンプルで実用的なデザインでまとめる

momohome500

見た目よりも機能重視なら、どんなデザインの雑貨とも相性抜群のシンプルなカップボードを選びましょう。

調味料などはスタイリッシュで実用性の高いアイテムにつめかえて使うと、インテリアにも馴染みやすくより統一感がでてごちゃっとしません。


 

細かい雑貨はわかりやすくオシャレに

細かい雑貨はわかりやすくオシャレに

momohome500

引き出しや戸棚を開けた時にごちゃごちゃした印象があっては、せっかくのインテリアも映えないコーディネートに…。

勿体無い結果を避けるためには、中身をシンプルでわかりやすいアイテムで揃えておくのがベター。

落ち着いたカラー設定にすると見やすく、わかりやすいのでおすすめです。


 

リビング家具として魅せる

リビング家具として魅せる

yuuki.nys

小さめのオシャレなカップボードは、リビング収納として活用するのも良いですね。

周りの雑貨や家具に合わせたカラーや質感のものを選ぶようにすると、インテリアによく馴染むため失敗なし。

お気に入りのアイテムを飾って楽しんでみましょう。


 

全体のカラーバランスをとる

全体のカラーバランスをとる

ak__ie__ie

ある程度ディスプレイするアイテムや雑貨を決めたら、全体のバランスをチェック。

浮いているカラーや違和感のあるアイテムを引き算し、まとまりのあるインテリアに仕上げていきましょう。

差し色は1〜2色程度に抑えるのがポイントです。


 

すっきりと収納する

すっきりと収納する

mayumichan12

目隠しに力を入れて、すっきりとしたインテリアも素敵ですね。

真っ白なカップボードは清潔感があり、キッチンインテリアにぴったり。

扉付きのタイプなら全てを収納して目隠しすることができ、生活感のないインテリアを実現できますよ。


 

カップボードがインテリアの中心になる

カップボードをメインに設定したインテリアは、リビングをシンプルなコーディネートにすることでより引き立ちます。

リビングとキッチンをひとまとめとして考え、空間づくりをしていくのがコツ。キッチンにお気に入りを詰め込むことで、リビングダイニングのポイントになりますよ。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告