魅力的な窓周りインテリア♡カーテンでお部屋の印象を変えてみよう♪

日光の日差しや温度調整、防音や覗き見防止、間仕切りなどの目的で使用されるカーテン。生地や色、柄の種類も豊富で、お部屋のアクセントや統一感を演出したりと、インテリアとしても楽しむ事ができます。今回は素敵なカーテンインテリアをご紹介します。

著者:
公開日:
魅力的な窓周りインテリア♡カーテンでお部屋の印象を変えてみよう♪

カーテンで窓周りの印象を魅力的に♡

日光の日差しや温度調整、防音や覗き見防止、間仕切りなどの目的で使用されるカーテン。

生地や色、柄の種類も豊富で、お部屋のアクセントや統一感を演出したりと、インテリアとしても楽しむ事ができます。今回は素敵なカーテンインテリアをご紹介します。

おしゃれなカーテンインテリアをご紹介♡

丈を長めに

カーテン インテリア

margauxpiret

窓に合わせてカーテンの丈をカットし、設置する事がほとんどですが、実はヨーロッパでは丈の長いカーテンを使用する事の方が一般的。

丈を長くする事で防寒にもなり、お部屋の天井を高く見せる効果もあります。丈を長くする場合は、ふわっとした生地を選んでみましょう。


 

 

落ち着きのあるデザイン

カーテン インテリア2

hunt.and.scavenge

リラックスしたいリビングのカーテンには、落ち着きのあるカラーを選んでみましょう。

黄色や赤色などの原色カラーは興奮する効果があるので、リラックスするための空間には少し刺激が強くなります。

また、空間を広く見せたい場合は、ベージュやブラウン系を選ぶといいでしょう。


 

インテリアにアクセント

カーテン インテリア3

natasha.designs

カーテンの柄を利用して、空間にアクセントをつけてみましょう。

柄のカーテンを使用する場合は、柄が小さい物を選ぶ事で圧迫感が出ず、エレガントな雰囲気を取り入れる事ができます。

また、柄のカーテンは生地が柔らかく、透け感の物を選ぶとより印象が良くなります。


 

スタイリッシュな印象に

カーテン インテリア4

restoringlansdowne

お部屋のベースになるカラーでカーテンの色をコーディネートして、スタイリッシュな印象に。

窓が大きい場合は、カーテンの色でお部屋の印象が一気に変わりますねブラックカラーは落ち着いた大人の印象になり、ホワイトに変えるだけでも柔らかな雰囲気になります。


 

重厚感のある印象に

カーテン インテリア5

jaynegirginc

重厚感のある生地や刺繍、優美な柄が入ったカーテンは高級感のある印象を与え、クラシックなインテリアとの相性がとても良いです。

お部屋のポイントカラーと同じ色合いで統一感を演出して、ワンランク上のカーテンインテリアを楽しんでみましょう。


 

寝室にもカラーカーテン

カーテン インテリア6

interiordesignideas

寝室は疲れを取るためのお部屋でもある為、カーテンカラーは重要。

彩度の低い色味を寝室に使用すると、気分が落ち込みやすく不眠にも繋がると言われていますが、自分の好きなカラーをコーディネートしたいですよね?

そんな時は、くすみのある色を使ってみましょう。


 

お部屋に統一感

カーテン インテリア7

mykindofstyling

壁の色と合わせた同系色で、お部屋に統一感を演出してみましょう。

カーテン選びが難しいなと感じる場合は、クロスや床の色、家具の色に合わせてカーテンを選ぶと、自分の好きなインテリアスタイルが崩れず、失敗が少なくなります。

迷う時は試してみてください。


 

寒色系にはグレー

カーテン インテリア8

interiordesignideas

寒色系でまとめたインテリアに、ブラックカラーのレザーチェアを合わせ、甘めにクールさを取り入れたコーディネートには、グレーのカーテンで柔らかさを残しながら、空間を引き締めてみましょう。

また、生地の素材をシフォン系にすると、柔らかさがより引き立ちます。


 

窓全体を覆って

カーテン インテリア9

restoringlansdowne

窓枠よりも、上にカーテンポールを取り付けてカーテンを設置する事で窓を大きく見せ、縦のラインで空間を広く見せる効果があります。

また、窓全体を覆うことでより光漏れを防ぐ事ができ、冷気を防いで断熱効果も上がります。狭い部屋におすすめのカーテンインテリア。


 

大きい窓には

カーテン インテリア10

restoringlansdowne

カーテンを取り付ける場合、ほとんどが2枚組になっている事が多くみられますが、大きい窓にはカーテンを4枚取り付け、カーテンのラインで動きのある印象に。

エレガントなインテリアには、重厚感のあるベルベットやベロア素材のカーテンで、高級感のある印象にしてみましょう。


 

カーテンインテリアのアイディアをご紹介☆

グリーンカーテン

カーテン インテリア11

jaynegirginc

シダ科やツル科の植物を吊り下げて、グリーンカーテンをインテリアに。

本格的にネットを張ってグリーンカーテンを作ってしまうと、ツルが成長するにつれ日光がはいらなくなってしまう為、移動が簡単にできるハンキングプランターを使って、グリーンカーテンを楽しみましょう。


 

カーテンデコレーション

カーテン インテリア12

hukurou2128

無地でシンプルなカーテンの前に、奥行きのあるカーテンポールを少し低い場所に取り付け、植物やランタンを引っ掛けてデコレーション。

引っ掛けすぎると賑やかになるので、控えめにお部屋のスタイルに合ったインテリア雑貨で、カーテン前をデコレーションしてみましょう。


 

カーテンの留め方

カーテン インテリア13

chie_iga

ふんわりドレープを作って、留め飾りでセンスアップ。

キッチンやトイレなどの窓が小さいスペースでも、おしゃれな留め方でインテリアのアクセントになりますね。

また、大きな窓にドレープカーテンを作ると、エレガントでゴージャスな雰囲気になります。


 

お団子結び

カーテン インテリア14

naos70

シワがつかない生地や、もともとシワ加工が施されているカーテンを使ってお団子結び。

エスニックスタイルやナチュラルインテリア、アジアンインテリアに合わせやすく、空間のデコレーションにもなります。

色物を選んで、インテリアのポイントカラーにしても素敵。


 

カーテン選びを楽しんで素敵空間に♡

いかがでしたでしょうか?お部屋の中でも大きな面積を占めるカーテンは、お部屋の印象をガラリと変える事ができるので、模様替えもしやすく気分転換にもなります。

様々な生地の素材や柄、カーテンレールや留め方を研究して、カーテンインテリアを楽しんでみてください。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告