ずっと綺麗をキープ♪ずぼらでもマネできる冷凍庫の整理テクニックを大公開

冷凍庫のおすすめ整理術特集!きれいに整理をしないとごちゃついてしまいがちな冷凍庫。今回は、どのような整理術があるのか、おすすめの整理術・アイデアをご紹介します。

公開日:
著者:
ずっと綺麗をキープ♪ずぼらでもマネできる冷凍庫の整理テクニックを大公開

冷凍庫のおすすめ整理術をご紹介

人によって冷凍庫を使う頻度は大きく異なりますよね。

自炊をしない人は冷凍庫を使う機会が少ないですが、自炊をする人や家族が多い人は食材を冷凍保管したり、冷凍食品を買ったりすることが多いため使用頻度が多いです。

しかし、冷凍庫をきれいに整理をしないとごちゃごちゃしてしまいがちです。今回は、どのような整理術があるのか、おすすめの整理術・アイデアをご紹介します。

タッパーを使った冷凍庫の整理術

タッパーで小分け整理

タッパーで小分け整理

_____mai.3

冷凍庫の整理術で最も有名なのがタッパーを使用した小分け整理のアイデアです。

タッパーは食材保存や料理を保存することで使われることが多いのですが、冷凍庫や冷蔵庫の整理に大活躍してくれます。

できればタッパーでも小さいタッパーを使用し、食材や料理によって分けるのが料理の時に使いやすいコツです。

タッパーを使うアイデアの中でも配置を決めて収納すると何がないのか・あるのかを把握することができます。


 

 

丸タッパーで重ねて整理

丸タッパーで重ねて整理

slow.life.works

タッパーでも四角のタッパーは人気ですが、丸タッパーを使った収納方法もきれいにするコツです。

丸タッパーは冷凍庫にしまうものが少ない人におすすめで、重ねて収納できるので多くの場面で活躍してくれます。

さらに丸型だと優しい雰囲気も出る上に、おしゃれな印象も作りやすい方法なので人気です。

タッパーは霜がついてしまう状態や硬くなりすぎる状態から守ってくれるので、試してみてください。


 

タッパーを横にしてラベリング整理

タッパーを横にしてラベリング整理

kanadianz

タッパーは重ねて収納することもできますが、使いやすさを求める場合はタッパーは横にして収納するのがコツ。

さらにタッパーを横にしてラベリングを行うのがイチ推しで、ラベリングを行うことによって冷凍庫の引き出しを開けただけで中身を把握することが可能です。

ただし、タッパーを横にする場合は液体が出ないものにしましょう。

冷凍庫に入れると液体が凍ると安心しても、横にした時に凍る手前で出てしまう場合もあります。


 

タッパー&かごで小分け整理

タッパー&かごで小分け整理

ayako.anko

タッパーを冷凍庫の中に並べる整理の仕方もおすすめですが、さらに冷凍庫の中をきれいに整理したい場合のコツは、タッパーとかごを組み合わせた整理の仕方がおすすめのコツ。

かごは100均店で販売しているプラスチックのかごで大丈夫ですが、小さいタッパーだと画像のようにかごに並べてタッパーを整理することができます。

タッパーとかごは整理をする上で大きく活躍してくれるので、タッパーで整理する方法とかごを使う方法を合わせて使うようにしましょう。


 

袋を使った冷凍庫の整理術

フリーザーパックで小分け整理

フリーザーパックで小分け整理

__tm_ak__

冷凍庫をきれいにしたい場合は、他にもフリーザーパックを使ったアイデアがおすすめですよ。

フリーザーパックは料理や食材を保存する時に使える便利アイテムで、フリーザーパックを並べて整理するだけで冷凍庫の中をすっきりときれいにすることができる方法です。

野菜を冷凍庫に直接入れて保管する人はいませんが、野菜の下処理をしたものをフリーザーパックに入れて保存しておくと調理の時に使いやすいですよ。


 

ジップロックで小分け整理

ジップロックで小分け整理

____rie.dvl____

フリーザーパックを使う人は多いのですが、フリーザーパックではなく、100均でも販売されているジップロックを使う方法もおすすめです。

ジップロックもしっかりと密封でき、画像のようにラベリングしておくと、引き出しを開けただけでお肉の種類など、冷凍庫の中を把握することができます。

ジップロックやフリーザーパックはかごに入れて並べるときれいに整理することが可能なので、人気アイデアとなっています。


 

クラフトバッグで整理

クラフトバッグで整理

s.k.m.f

同じ袋でもクラフトバッグも冷凍庫の整理におすすめの方法です。

クラフトバッグは100均でも販売されていますが、野菜室を整理するアイデアでも人気となっています。

冷凍庫の場合はフリーザーパックやジップロックを中に入れて整理をするアイデアです。

液体が出てしまう心配があるものも、クラフトバッグが液体を吸ってくれるので冷凍庫が汚れる心配も少ないです。


 

トートバッグでの小分け整理

トートバッグでの小分け整理

minimal._.white

クラフトバッグも人気ですが、冷凍庫の整理の時にトートバッグを使うと冷凍庫が素敵になりますよ。

トートバッグは買い物をする時に使いますが、口の部分を折り曲げていくことでクラフトバッグのような収納袋になります。

クラフトバッグよりもさらに耐久性も高いので、何度でも繰り返し使える点も魅力的なアイデアといえるのではないでしょうか。

おしゃれに整理したい人や長年使いたい人にはおすすめのアイデアです。


 

ボックスを使った冷凍庫の整理術

深型ボックスで種類別に整理

深型ボックスで種類別に整理

_____mai.3

ずぼらな人でも簡単に冷凍庫の中をきれいにできるアイテムでは、収納ボックスを使った方法がおすすめですよ。

冷凍庫の広さにもよりますが、収納ボックスを複数用意して冷凍庫の中に入れるだけで仕分けしやすい状態ができます。

きれいに収納したい場合は、ラップに包んだ食材や冷凍食品を立てて収納するのがコツです。

前述したように、クラフトバッグやトートバッグと一緒に使うのもおすすめの方法ですよ。


 

スリムボックスできれいに整理

スリムボックスできれいに整理

izabel13ok

深型ではなくスリムタイプのものを使う方法もおすすめです。

スリムタイプは並べて冷凍庫の中に入れることができやすく、タッパーと一緒に冷凍庫の中をきれいに収納する整理方法もできます。

冷凍庫の引き出し部分に入れて収納できるアイデアなので、引き出しの狭いスペースをきれいにしたい場合は試してみてはいかがでしょうか。

スリムボックスを使ったコツは、先に使う用途に合わせた配置決めをするのが整理のポイントです。


 

製氷機の受け皿スペースでの整理

製氷機の受け皿スペースでの整理

minimal._.white

冷凍庫の中には製氷機で作った氷の受け皿部分がありますが、氷を使わない人はこの部分にスリムタイプの収納ボックスを入れる整理の仕方もいいですよ。

この部分は小さい野菜や保冷剤を収納することができます。

保冷剤はどうしても冷凍庫の中で散らかってしまいがちで、保冷剤が冷凍庫の中でばらばらになっていると冷凍庫の中もきれいになりません。

冷凍庫をきれいにしたい場合は、まずは保冷剤の整理をするのもコツです。


 

ボックス&ストレージケースで小分け整理

ボックス&ストレージケースで小分け整理

pattchi0925

収納ボックスと一緒にストレージケースを使った収納方法もおすすめです。

ストレージケースは100均でも販売されてるスリムな収納ケースで、ラベルも貼りやすい上に冷凍庫に重ねて整理することができます。

収納の仕方は人によって違いますが、冷凍庫の中にアイスを入れて収納する人もいますよね。

中でも棒アイスなどは箱の中から出してストレージケースに入れてすっきりと収納するのも一つのコツなので試してみてください。


 

100均アイテムを使った冷凍庫の整理術

冷凍庫トレーで整理

冷凍庫トレーで整理

yocchi_now_

冷凍庫の中をきれいに整理したい場合は冷凍庫トレーも大活躍してくれるのはご存知ですか?
冷凍庫トレーは冷凍食品を立てて並べることもできます。

冷凍庫トレーは冷凍庫の中にも入れやすく、冷凍食品やジップロックを入れて収納可能です。

並べて入れることもできるので、収納ケースと合わせて使ってみてください。


 

 

カード立てで仕切り風整理

カード立てで仕切り風整理

ria.yuduki

仕切りを使った整理の仕方もイチ推しですよ。

冷凍庫の中がきれいに整理できるように、最初から冷凍庫の中に整理ができる仕切りがついている場合もありますが、仕切りがない場合は購入しましょう。

仕切りを使うと見栄えがすっきりとするだけでなく、種類別に整理ができるため忙しい調理の時も冷凍庫の中を把握することができますよ。

きれいに整理したい場合は、仕切りを置いて配置を決めるのがコツです。


 

ブックエンドで仕切り整理

ブックエンドで仕切り整理

gomarimomo

仕切りは100均や無印良品などでも購入できるのですが、仕切りと同じように活躍してくれるのがブックエンド。

ブックエンドは本をきれいに整理する時に使いますが、ブックエンドを仕切りのように使ってもきれいに冷蔵庫の中を整理できます。

収納ボックスと一緒に使う場合は、ブックエンドの高さがあるので立てて収納する方法だと活躍してくれますよ。


 

突っ張り棒で整理

突っ張り棒で整理

ya2yo8i

突っ張り棒での整理も多くの人におすすめのアイデアです。

突っ張り棒もサイズは豊富で、冷凍庫の中に入れて使うだけで仕切りとしての役割を担ってくれます。

冷凍食品ゾーンやタッパーゾーンなどを作ることができるアイデアなので、大きく仕切り分けしたい人には突っ張り棒がイチ推しですよ。

整理をするコツとしては、タッパーと冷凍食品を分けるときに高さやサイズを揃えましょう。


 

便利グッズを使った冷凍庫の整理術

ライスストッカーで整理

ライスストッカーで整理

lovehome_5

冷凍庫を整理したい場合は多くの文房具やタッパーなどを使って収納する場合が多いですが、ライスストッカーもおすすめ。

ライスストッカーは名前からもわかるように、お米を保管する時に使いますが、画像のように深型でスリムタイプが冷凍庫の収納に向いています。

並べて使うことで種類分けすることができるだけでなく、ジップロックやフリーザーパックの整理収納ができるアイデアでもあります。


 

ミニボトルで整理

ミニボトルで整理

__tm_ak__

ミニボトルで冷凍庫の中をすっきりと整理するのもおすすめですよ。

調理したものを冷凍する場合でも、スープなどを保管したい場合がありますよね。

このような場合は電子レンジや湯煎に対応したボトルを使用して冷凍庫で保管するのがおすすめです。

タッパーでの整理でもおしゃれにできますが、ボトルにするとすぐに見分けることができるので使いやすいですよ。


 

プッシュポットで整理

プッシュポットで整理

yocchi_now_

ミニボトルと似ていますが、他にも100均で販売されているプッシュポットも冷凍庫の収納に活躍してくれますよ。

プッシュポットは、名前からもイメージができるように蓋の部分を押すことで開く便利なボトルです。

ワンタッチで開くので、調理のときも使いやすいと好評になっています。

頻繁に使うものを入れておくと便利なのでぜひ試してみてください。


 

バスケットで整理

バスケットで整理

kemeroom

ワイヤーバスケットも冷凍庫の中をおしゃれな状態を作りながら収納できるアイテムとして人気で、多くの人が冷凍庫の整理に使っています。

ワイヤーバスケットの場合は、冷凍庫の中がさらにすっきりとした印象になるため、見栄えをよくしたい人におすすめですよ。

使いやすくする方法ではタッパーや収納ボックスと合わせて使うのがコツです。


 

冷凍庫のおすすめ整理術まとめ

冷凍庫の中の整理術についてご紹介しましたが、どのアイデアもイチ推しです。

冷凍庫は使う頻度が高いのですが、開けた時に冷気が外に漏れてしまうため、引き出しを開ける時間を短くするのが食材を傷めず保管するコツです。

冷凍庫の中を一気に把握できるラベリングなどは、簡単に使える方法なのでぜひ試してみてください。

こちらもおすすめ☆

関連タグ

内容について運営スタッフに報告