気温6度の服装24選!失敗しらずのアウター&インナーの組み合わせ方をご紹介☆

気温6度の服装24選!寒い気温にも対応できる防寒対策をしたおしゃれをするのが冬の鉄則。今回は、そんな寒い気温に対応できるコートやマフラーなどあたたかいレディースアイテムを駆使した、女性らしいおしゃれお手本レディースファッションをご紹介します。

公開日:
著者:
気温6度の服装24選!失敗しらずのアウター&インナーの組み合わせ方をご紹介☆

著者名

mii

mii

アパレル販売員として働いたのち、その知識を生かしてライターとして活動中。主にファッション・コスメ・日用雑貨・旅行をメインとしています。

最高気温6度の服装をご紹介

最高気温が6度と予報される季節は、朝晩や天気の悪い日は最低気温が5度以下になり寒さが厳しくなります。そんな寒い気温にも対応できる防寒対策をしたおしゃれをするのが冬の鉄則。

今回は、そんな寒い気温に対応できるコートやマフラーなどあたたかいレディースアイテムを駆使した、女性らしいおしゃれお手本レディースファッションをご紹介します。

最高気温6度の服装《パンツコーデ》

フードダウン×デニムパンツ

フードダウン×デニムパンツ

ナチュラルカラーの明るいフードダウンは、服装を明るく見せてくれてあたたかさもキープしてくれる優れもの。

デニムを合わせて6度の季節のお出かけに最適なおしゃれカジュアルスタイルに仕上げています。

靴はキレの良いポインテッドトゥパンプスを合わせ、カジュアルな服装に女性らしさを加えています。

また、バッグの赤身ブラウンは大人っぽさをプラスしてくれてる優れもの。


 

 

ダッフルコート×テーパードパンツ

ダッフルコート×テーパードパンツ

ブラウンの落ち着いた印象を持つダッフルコートは、シンプルなコーデもグッとおしゃれに見せてくれる丈感が特徴。

ブラウンと相性の良いブラックのテーパードパンツは、センタープレスで服装にきちんと感を持たせています。

ブラックとブラウンだけでは暗い服装になってしまうので、明るいホワイト系のトップスをイン。

ハイネックなので首元もしっかりあたためられるので、6度以下になる寒さの厳しい夜にも対応できるでしょう。


 

ロングダッフルコート×テーパードパンツ

ロングダッフルコート×テーパードパンツ

ダッフルコートのカラーは上品な印象を持つスマートなネイビーをチョイス。

幼い印象になりがちなダッフルコートも、ネイビーを選ぶことで大人っぽい服装にも馴染みます。

ボトムスはセンタープレスのテーパードパンツを選び、きちんと感を持たせています。足元はホワイトのブーツでコーデ全体を明るい印象に。

6度の季節の女子会でも映える女子ウケするおしゃれな服装です。


 

ファーコート×ワイドパンツ

ファーコート×ワイドパンツ

ずっと触っていたくなるようなファーコートを使ったこちらの服装は、カジュアルなボーダーTシャツを合わせてもレディ感が損なわれない6度の季節のデートにも最適のおしゃれな服装です。

ブラウンはブラックよりもやわらかさがあるので、女性らしい優しい印象のレディースファッションが完成。

6度と気温の低い季節の女子会でも映えるおすすめのおしゃれコーディネートです。


 

フィールドジャケット×リブパンツ

フィールドジャケット×リブパンツ

ブラウンのジャケットを使ったこちらの服装は、ジャケット以外のアイテムを明るいトーンでまとめたジャケット主役の大人っぽく仕上げた冬のレディースファッション。

こちらのジャケットは防寒力の高いアウターなので、6度以下の日にも最適なレディースアイテムです。

足元はゴールドカラーのスクエアトゥバレエシューズを合わせてリッチ感も加えたおすすめの6度の服装です。


 

ショートダウン×ニットワイドパンツ

ショートダウン×ニットワイドパンツ

ケーブルデザインがおしゃれなニットのセットアップは、忙しい朝の服装作りを助けてくれる時短レディースアイテム。

靴とアウターを合わせるだけで、6度の寒い時期にぴったりな服装が簡単に仕上がります。

ベージュカラーのセットアップにオフホワイトの明るいショートダウンを合わせた服装には、濃いめのブラウンの靴を選ぶのがおすすめです。

服装をしっかり締めてぼやけない6度の日にぴったりのファッションに。


 

ボアロングコート×スキニーパンツ

ボアロングコート×スキニーパンツ

ボアコートを使ったこちらの服装は、6度を下回る寒い夜にも対応できる冬のレディースファッション。

ボリュームのあるアウターなので、ボトムスはスキニーパンツを合わせることですっきりとした服装に仕上げています。

ブラックやベージュとも相性の良いオレンジカラーのトップスを選んで、6度の寒い季節の気分も上げてくれるような明るくて元気な印象の服装に。


 

ローブコート×ストレートパンツ

ローブコート×ストレートパンツ

ゆったりと着られるローブコートは、6度の寒い季節の服装にもぴったりのおしゃれなあったかレディースアイテム。

ライトトーンのグレーを選ぶことで、服装もパッと明るい印象になるのが嬉しいポイントです。

合わせるボトムスはグレーと相性の良いキャメルカラー。

スニーカーやバッグも同系色のブラウン系で合わせて、統一感を持たせることを忘れていないおしゃれな服装に仕上げています。


 

最高気温6度の服装《スカートコーデ》

キルトライナージャケット×柄ロングスカート

キルトライナージャケット×柄ロングスカート

ドラマチックなレッドのロングスカートを使ったこちらの服装は、スカート以外のアイテムを全てシンプルなものを選んで、スカートを取り入れやすい6度の季節に最適な服装に仕上げています。

6度の寒い時期に開く女子会でも映えるようなレディースファッション。

周りと差がつくようなレッドとカーキの組み合わせがおしゃれで、スニーカーとバッグは黒で統一しているのが服装のバランスを取るポイントです。


 

 

ダッフルコート×フレア柄ロングスカート

ダッフルコート×フレア柄ロングスカート

裾のカッティングがかわいらしいダッフルコートを使ったこちらの服装は、帰りが6度以下の夜になってしまう日のデートにもってこいのかわいらしさとあたたかさを兼ね備えた6度の季節に最適なレディースファッション。

存在感抜群のロングスカートも、ロング丈コートに合わせることで取り入れやすくなります。

ブーツとバッグはブラックをチョイスして、服装を締めるのも忘れずに。


 

ボアショートダッフル×タイトスカート

ボアショートダッフル×タイトスカート

ボアのダッフルコートは、ショート丈を選ぶことですっきりとした服装に。

ボリューミーなアウターなので、ボトムスはタイトなものを選ぶことで、スタイルもよく見える6度の寒い季節のデートにもぴったりの服装に仕上がります。

また、こちらのタイトスカートは前スリット入りデザインで、今っぽいオーラをまとった6度の季節に最適なレディースファッションが簡単に作れます。

トップスと足元はブラックで合わせて統一感を意識。


 

チェスターコート×プリーツスカート

チェスターコート×プリーツスカート

オーバーサイズのコートは、重ね着しやすいゆったり感が魅力。

揺れるたび女っぽさが溢れ出るプリーツスカートは、6度の寒い時期の服装をパッと明るく見せてくれるホワイト系を選んでいます。

トップスがダークトーンでも、ボトムスが明るいことで重たすぎる印象になりません。

また、Vネックのデザインを選ぶことでデコルテを見せてとことん女っぽく仕上げた、6度の季節に最適なスカートファッションです。


 

ロングコート×レースロングスカート

ロングコート×レースロングスカート

どの角度から見ても女性らしい雰囲気のこちらの服装は、6度と低い気温の時期のデートに最適。

甘さたっぷりのピンクのロングコートとレーススカートの組み合わせは男性ウケ抜群。

さらに足元はスカートやトップスと同じカラートーンのホワイト系のブーツをチョイス。

女性らしさだけでなく洗練された印象も服装にプラスできます。


 

ダブルロングコート×ロングスカート

ダブルロングコート×ロングスカート

こちらのライトトーンのキャメルカラーのコートは、暗くなりがちな冬ファッションをパッと明るくしてくれるレディースアイテム。

ロング丈であたたかいのはもちろん、女性らしさもある6度の季節のデートにももってこいのデザインです。

トップスと靴はブラック、スカートとバッグはホワイト系を選ぶことで統一感を持たせています。

コーディネートに使うカラーは3色以内にするとまとめやすいのでおすすめ。


 

ボアチェスターコート×リブスカート

ボアチェスターコート×リブスカート

ボリュームのあるロング丈のボアコートは、ライトトーンのカラーを選ぶとファッションが重たく仕上がらないのでおすすめ。

こちらのコーディネートは、今年人気のこっくりブラウンに明るいグレーのコートを合わせて6度以下になる夜にも対応できるあたたかくておしゃれな服装に仕上げています。

また、トップスはボーダーデザインを選ぶだけで、シンプルすぎず主張の強すぎない6度の季節に最適の大人な服装になります。


 

ショートダウン×フレアスカート

ショートダウン×フレアスカート

ベージュとホワイト系で作ったワントーンコーデ。

重たくなりがちな6度の寒い季節のレディースファッションも、ベージュやホワイトで統一することでパッと明るく、おしゃれな服装が簡単に仕上がります。

足元はブラックを選んで服装を締めるのがポイント。

6度の寒い時期に大活躍してくれるボリュームのあるダウンコートは、ショート丈を選ぶことでコーディネートのバランスが取りやすいのでおすすめです。


 

最高気温6度の服装《ワンピースコーデ》

ロングボアコート×ニットワンピース

ロングボアコート×ニットワンピース

ブラウンのあたたかみあるカラーが特徴のボアコートは、ロング丈を選ぶことで腰まわりをしっかりカバー。

6度以下になってしまう夜の時間帯にも対応できるあたたかいコーディネートに仕上がっています。

ワンピースはあたたかいニットタイプで、さらにハイネックなので首回りもしっかりあたたかいのが特徴。

最後にワイドパンツをインしてとことん防寒対策を施した、おしゃれかつあたたかいレディースファッションです。


 

 

メルトンダッフルコート×ハイネックワンピース

メルトンダッフルコート×ハイネックワンピース

ダッフルコートは幼く見えがちですが、ロング丈のものを選ぶと大人っぽいコーデにもしっかり馴染んでくれます。

ブラウン系のあたたかみのあるワンピースと相性の良いライトグレーをチョイスして、6度と寒い気温にも最適な服装に。

足元はブラックのショートブーツをチョイスして服装をしっかり締めています。

さらにしっかりヒールに高さがあるものを選んで女性らしさアップ。タイツをインすることで6度以下の気温にも対応できます。


 

ボアフリースロングコート×ブラックワンピース

ボアフリースロングコート×ブラックワンピース

もこもこ感がたまらないこちらのコートは、服装をパッと明るくしてくれるオフホワイトカラーが特徴。

カジュアル感の強いボアコートもノーカラーで女性らしく、ロング丈で大人っぽく仕上がる6度の季節にもってこいのアウターです。

ワンピースの中にはデニムパンツを重ね、下半身の防寒対策もバッチリなので最低気温が6度以下のときもあたたかさをキープ。

足元のスニーカーとバッグはワンピースと同じブラックカラーを選んで統一感を意識しています。


 

ビッグボアカバーオール×ロングワンピース

ビッグボアカバーオール×ロングワンピース

最低気温が6度以下になる寒い季節には、シンプルなアウターを使ったワンパターンのコーデに仕上がってしまいがち。

そんな季節には思い切って存在感のあるチェック柄コートを投入するのがおすすめ。

時間のない日に活躍してくれるシンプルなワンピースも、チェック柄のコートを羽織るだけで服装の印象がガラッと変わります。

冬の女子会にも映えるような、6度の季節に最適の服装です。


 

オーバーフードコート×タートルネックワンピース

オーバーフードコート×タートルネックワンピース

フードデザインが特徴のこちらのコートは、やわらかい雰囲気と大人っぽさを兼ね備えたベージュカラーが特徴。

膝丈の長めサイズを選ぶことで、腰まわりもしっかりカバーできる6度の寒い季節に最適のあたたかいコーデが作れます。

また、ブラックのタートルネックワンピースは冷えやすい首回りもしっかりカバー。

さらにタイツをインすることで最低気温が6度を下回る日にも対応できる服装に仕上がっています。


 

ファーダッフルコート×フレアワンピース

ファーダッフルコート×フレアワンピース

ふわふわ感がたまらないあたたかみのあるデザインのダッフルコートは、主役級の存在感がある6度の寒い時期に大活躍してくれるおすすめアウター。

落ち着いたカラーのブラウンをチョイスして、大人な表情を味方にしています。

また、ワンピースはフレアタイプで下に行くほど広がる女性らしさ満点のデザイン。

足首までしっかりカバーしてくれる長さを選ぶと、足元もしっかりあたたかく6度の気温にも対応できる服装に仕上がります。


 

ロングPコート×ベージュワンピース

ロングPコート×ベージュワンピース

明るいトーンのカーキコートは、周りに差がつけられるおしゃれ度の高いカラー。

ベージュやホワイト系のカラーと相性も最高で、6度の寒い時期にもパッと明るいコーディネートが作りやすいのがポイントです。

ワンピースの中にはタートルネックのトップスをイン。

重ね着をすることであたたかく、さらに6度以下になる朝や夜の時間帯も、冷たい空気から首を守れるあたたかい服装です。


 

チェックロングコート×ロングワンピース

チェックロングコート×ロングワンピース

派手すぎないこちらのチェック柄コートは、はじめての柄物コートにも最適なチャレンジしやすいデザインが特徴。

グレーカラーはブラックと相性が最高で、ブラックで作ったコーデのカラートーンを上げてくれます。

無地のブラックワンピースはウエストにベルトを締めるとスタイルアップ。

また、足元はブラックのブーツをチョイスし、6度の冷たい風が入りやすいワンピースでも足元までしっかりあったかい服装に仕上げています。


 

最高気温6度の服装まとめ

最高気温が6度と予報される季節は、朝や夜、天気の悪い日などの6度を下回る最低気温も意識した寒さに負けないあたたかいファッション作りが大切。

紹介した気温が6度のときにおすすめのお手本レディースファッションを参考に、首回りや腰まわり、足元など冷えやすい箇所をしっかりカバーできるあたたかいアイテムを使った服装を作って寒い冬の時期を乗り越えましょう。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告