【連載】プチプラだけど優秀!夏に役立つ羽織特集

こんにちは。5月なのに真夏日が続き、急に夏服ばかりの日々になりましたね。 露出の多くなる夏のファッションで気になるのが二の腕。 私自身も産後の体型がなかなか戻らず、体型カバーはファッションの大きなテーマになっています。 そこで今回は、体型カバーのみならず紫外線対策にもなる羽織について書きたいと思います。

公開日:
著者:
【連載】プチプラだけど優秀!夏に役立つ羽織特集

著者名

yoko

yokoオフィシャル

2013年より、GUやUNIQLO、しまむらなどプチプライスの洋服を使ったコーディネートを紹介するブログ を開始。 着こなしのコツや小物使い、サイズ選びの工夫など、テクニックが分かりやすい内容が人気。 今は2児のママとして育児をしながらファッションの仕事を手掛けている。 著書に『プチプラおしゃれ図鑑 』( KADOKAWA)など。 imageさんとのコラボを手がけています。

こんにちは。5月なのに真夏日が続き、急に夏服ばかりの日々になりましたね。

露出の多くなる夏のファッションで気になるのが二の腕。

私自身も産後の体型がなかなか戻らず、体型カバーはファッションの大きなテーマになっています。

そこで今回は、体型カバーのみならず紫外線対策にもなる羽織について書きたいと思います。

夏に役立つ!プチプラブランドでおすすめの羽織特集

まずは羽織の代表とも言える【カーディガン】。

UVカット機能のものもあり一番身近な羽織と言えると思います。

しかし、シンプルがゆえに、そのまま着ると”日焼け対策感”が出てしまうことも。

そこでおすすめのカーディガンの着方やタイプを載せたいと思います。


 

 

ロングカーディガンを着てみる

ロングカーディガン / image

デニム / apart by lowrys

割と長さのあるカーディガンは、羽織るだけでカッコいい雰囲気にしてくれます。

カーディガン=短めなイメージですが、コートのようなロングタイプもおすすめです。

体もすっぽり包んでくれますし、薄手のものを選べば暑さも気にならないかと思います。


 

短めカーディガンの着こなしバリエーション

腕を通さず羽織る

カーディガン / lowrys farm

サロペット / titivate

シンプルなカーディガンはクローゼットに数着入っている方も多いのではないでしょうか。

腕を通さずにこんなふうに羽織って使ってみるのはどうでしょう。

袖を通さないと涼しいですし、しっかり気になる二の腕もカバーしてくれます。


 

肩にかける

カーディガン / apart by lowrys

ワンピース / ur’s

肩がけもおすすめです。UV対策度は減りますが、気になる二の腕をしっかりカバーしてくれて、さらに涼しいのが嬉しい。


 

同色でまとめる

カーディガン / ユニクロ

インナー / ユニクロ

パンツ / ユニクロ

同色でまとめることによって、おしゃれなトップスのような雰囲気にすることができます。

「ただ持っているカーディガンを羽織った」という感じが出ないのも嬉しい。


 

ボタンを開けて着崩す

カーディガン / ユニクロ

インナー / ユニクロ

デニム / ユニクロ

肩にかけたり、腕を通さない着方に抵抗のある方はそのまま着てしまうのもおすすめです。

少しボタンを開けて着たり、腕をまくって着てみても良いかもしれません。


 

夏も使えるジャケット

ジャケット / &.nostalgia

デニム / mila owen

カーディガンより少し厚手にはなりますが、薄手のものを選べば夏も活用できます!通気性も良いのでリネンが入っているものがおすすめですよ。

カーディガンよりかっちした雰囲気に見せることが出来ます。

こちらも腕を通さずに着ると、暑い日でも快適に過ごせますよ。


 

万能ワンピースは羽織にも

意外と見落としがちなのがワンピース!去年から流行っているロングシャツワンピースや今年流行のカシュクールワンピース。

一枚で着るのもいいですが、羽織にも適しています。ロングカーディガンと同様、羽織るだけでカッコよく決まります。

こちらもクローゼットに1着は入っている!という方も多いのではないでしょうか。ワンピースとして着ていたアイテムをぜひ羽織としても使ってみてください。


 

シャツをさらっと羽織る

ロングワンピースも夏場涼しくて着やすいアイテム。

ノースリーブタイプや袖が短いタイプも多く、露出も気になりますが、コーディネートがワンパターンになりがちなのもお悩みポイントの一つ。

そんな時は羽織るシャツの種類を変えて楽しむのもおすすめです!

定番の無地のリネンシャツもいいですが、写真のようなストライプの模様入りのシャツも爽やかな雰囲気作りが出来ますよ。


 

まとめ

いかがでしたか?

体型カバーやUV対策として夏に欠かせない羽織。

手持ちのものでも活用できるものはたくさんあります。

日焼け予防や体型カバー感を出さずに、おしゃれアイテムとして羽織を活用し、夏のコーディネートを楽しみたいですよね。

yokoさんの連載一覧

 

こちらもおすすめ☆

掲載している画像は全て使用許諾を得ています。
内容について運営スタッフに報告