忙しい毎日の暮らしの中にゆとりをプラス♪リラクゼーション効果を感じるインテリア

忙しい毎日を過ごしていると、日々の生活がルーティンワークのように感じられることがあります。 いつも何かに追われているような気忙しさや、次々と予定をこなしていくだけの暮らしは体も心も疲れてしまいそう。 今回は、ゆとりのある暮らしを楽しむためのインテリアテクニックをご紹介していきます。

著者:
公開日:
忙しい毎日の暮らしの中にゆとりをプラス♪リラクゼーション効果を感じるインテリア

忙しい毎日を過ごしていると、日々の生活がルーティンワークのように感じられることがあります。

いつも何かに追われているような気忙しさや、次々と予定をこなしていくだけの暮らしは体も心も疲れてしまいそう。

今回は、ゆとりのある暮らしを楽しむためのインテリアテクニックをご紹介していきます。

リラックススペースを心地よくしつらえる

リビングのソファが定位置なら

flymee_official

お家の中でリラックスしたいときにいる場所はどこでしょう?

リビングのソファが定位置の場合、まずはソファ周りを片付けるところからスタートしてみませんか?

それぞれに戻す場所を作ってあげることで定位置が決まり、片付けやすくなります。

フタ付きの収納ボックスを使ったり、目に入らない場所にしまったりするとより効果的です。


 

 

ナチュラルカラーのソファ周り

ai_ntpl

ナチュラルな印象を与えるベージュとオフホワイトが中心のソファ周り。

サンルームが隣接しているリビングはお日様の光もふんだんに差し込み、明るく穏やかな空間になっています。

グリーンをたくさん置いてリラクゼーション効果もUP!


 

白でまとめたモダンなスペース

lovehome_5

ホワイトの分量が多いモノトーンインテリアでまとめた、ホテルライクなソファー回り。

直線的でシンプルなデザインの家具をチョイスすることで、すっきりモダンな印象です。

視界に入るものがすべて整っているためリラックス効果も高まりそうですね。


 

テクスチャーと色に癒される

alexandravrennes

ふわふわとやわらかなテクスチャーはリラックスタイムにおすすめ。

クッションやブランケットなどに、ふわふわ素材を選んでみませんか。

また、興奮色と言われるはっきりとした原色よりも、スモーキーカラーやアースカラーなど落ち着きを感じる色を取り入れる方法もおすすめです。


 

リラックスできるコーナー作り

一人掛けソファで

kumikofujishiro

お部屋の一画に、リラックスできるコーナーを作るアイデアもおすすめです。

あえて一人掛けのソファを置いて、のんびり読書やお茶を楽しんでみてはいかがでしょう。

座り心地のいいレザーソファにすっぽりと包まれると、至福の時間が訪れてきそうです。


 

床に座るコーナー

カリッジ マーケット

時には目線を低くして、床でくつろぐ時間を作ってみてもいいですね。

肌触りのいいラグを敷いてゴロリと転がってみたり、座布団や座椅子を使って床に座ってみると空間が広く感じられリラックス気分も高まります。


 

ソファサイドにキャンドルを

minimal._.white

キャンドルの炎の揺らぎにはリラクゼーション効果があるそうです。

夜、リビングの照明を落としてキャンドルに火を灯す。

それだけで柔らかな陰影がお部屋中に広がります。


 

ゆとりを楽しむインテリアアイテム

お気に入りのアートを飾る

ki_mi.555

インテリアにアートがあると、心が豊かになるような気がしませんか?

アクセントとしてはもちろんのこと、お気に入りの作品をいつも目にすることができる喜びが、心に余裕をもたらしてくれるのではないでしょうか。

オリジナル作品は高額なものが多いかもしれませんが、ポスターやシルクスクリーン作品などは比較的手が届きやすい価格のモノもあります。

ポストカードを額装してもいいですね。


 

お気に入りのカップでブレイクタイム

naos70

家事やお仕事がひと段落したら、ほっと一息ブレイクタイム。

こちらは、南部鉄器の急須にケメックスのコーヒーメーカー、さらに土っぽさのあるカップとプレートの組み合わせ。

1人の時間が贅沢に過ぎていきそうです。


 

リラクゼーション効果のある香り

mika.re12

香りにもリラクゼーション効果がありますね。

シンプルなクリアボトルのディフューザーは、どんなインテリアスタイルともなじみやすいのでおすすめです。

シェルフやチェストの上などにさりげなく置いて、お気に入りの香りを楽しんでみませんか。


 

まとめ

忙しい毎日の中で、心も体もリラックスさせゆとりを生み出すことが明日へのエネルギーにつながります。

テクスチャーや色、光や香りといったものを上手に取り入れて心地よいインテリアを作ってみませんか。

こちらもおすすめ☆

内容について運営スタッフに報告